Welcome  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

   このブログは、映画 『世界はときどき美しい』 の御法川修監督と、
  女優デビューを飾った片山瞳さんの交換ブログとしてスタートしました。
  映画は、第19回 東京国際映画祭でお披露目されたのち、
  2007年3月31日に渋谷ユーロスペースで封切られました。
  以後、順次全国で公開された他、国内外13の映画祭でも上映。
  現在はDVDが発売&レンタル中です。

  日本映画バブルの渦の中で公開された、小さな小さな一本ですが、
  製作に携わった私たちにとっては、かけがえのない大切な作品です。
  振り返れば、最初は行き先の不安な船出でした。
  ゆっくり一年をかけて、思いがけないほど多くの観客に恵まれた今は、
  映画のタイトルを口にして、その響きに深く頷いてしまいます。

  このブログは、私たちの映画が歩んだ一年間の軌跡です。
  右サイドバーに整理された情報は、メモリアルアルバムのような趣き。
  劇場へ足を運んでくださった方、DVDで新たに映画と出会ってくれた方、
  これからも多くの人たちが、このブログを訪ねてくれることでしょう。
  この映画が、それぞれの暮らしの中で育まれることを祈っています。
  これからもずっとずっと。  (2008年5月21日掲載)



  News Release  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

  ◆御法川修監督の最新作が2作品同時に始動!!
      sankeiwest.gif
   Irodori_Rogo-A.jpg
   出演◎吉行和子/富司純子/中尾ミエ/藤 竜也
        平岡祐太/村川絵梨/戸次重幸
   主題歌◎原 由子 「ヘブン」   配給◎ショウゲート
   脚本◎西口典子  監督◎御法川 修
   2012年秋、シネスイッチ銀座 他 全国公開
   Copyright © 2012 「人生、いろどり」 製作委員会

   Suchan_Main.jpg imagesCAJCMW11.jpg
   映画 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
   主演◎柴咲コウ/真木よう子/寺島しのぶ
   原作◎益田ミリ (幻冬舎刊)
   脚本◎田中幸子  監督◎御法川 修
   配給◎スールキートス  2013年、全国公開

   Copyright © 2012 「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」 製作委員会
   (2012年4月15日掲載)


  ◆片山瞳さんの最新作は、映画 『海燕ホテルブルー』 のヒロイン
   第60回ベルリン国際映画祭で銀熊賞 (最優秀女優賞) を受賞した
   寺島しのぶさん主演作 『キャタピラー』 など話題作を次々発表している
   鬼才若松孝二監督の最新作で、片山瞳さんがヒロインに抜擢
   直木賞作家船戸与一氏による同名小説の映画化。
   下のバナーを Click 予告編をご覧いただけます。
   (2011年10月28日掲載)
   


  ◆御法川修監督が手がけたコーポレート映像が受賞
   美容サロン用ヘア化粧品の総合メーカーとして国内トップを誇る
   (株)ミルボンの創業50周年記念映像を御法川監督が演出しました。
   片山瞳さんも特別出演されています。
   記念式典で一度限り上映される作品として完成したのですが、
   映像文化製作者連盟が主催する映像祭 「映文連アワード2010」 の
   大賞に当たる経済産業大臣賞を受賞しました。
   (2010年9月30日掲載)

   


 ◆『SOUL RED 松田優作』 (監督御法川修)
  生誕60年没後20年のメモリアルとして、
  最初で最後の公式ドキュメンタリー映画が誕生
  今なお人々の心に生き続ける男の軌跡。

  ★DVD発売中 ★ORICON TOP
  第22回 東京国際映画祭 特別招待作品
  Copyright © 2009 SOUL RED Film Partners 


◆御法川修監督が手がけたテレビCM が好評オンエア中
  映画界の豪華スタッフが顔をそろえ、贅沢な仕上がりになっています。
  是非ご覧になってください。
  (2009年3月1日掲載)

 

  スープで食べる、野菜のおいしく新しいカタチ 「ベジさめ」 新発売
  TV-CM 「モノクローム」 篇 Starring 加藤ローサ
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.


  第49回 「消費者のためになった広告コンクール」 金賞受賞
  
  For Earth,For Life 〜 株式会社クボタ
  TV-CM 「過去と未来 (eプロジェクト地球小屋)」 篇
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.


2007年04月12日

徹子の部屋

宣伝担当です。
明日、松田美由紀さんが 「徹子の部屋」 に出演されます。
是非お見逃しなく

これまでにも 「ココリコ ミラクルタイプ」 や 「ウチくる!?」、「はなまるマーケット」 で
映画のことを熱心に宣伝してくれた美由紀さん。
舞台挨拶の場でも、映画のたいせつなところをシンプルかつ的確に語ってくれる姿に、
さすがだなぁ〜と、いつも感激しておりました。

最近の美由紀さんはフォトグラファーとしても活躍中。
カーエンターテインメントマガジン 「GENROQ」 (三栄書房より毎月26日発売) では、
セレブリティーカーと旬の男たちを撮り下ろす企画連載に取り組んでいます。
こちらも是非、最寄の書店でお手にとってみてください。

 
 ▲ 最新号のゲストは、俳優の石橋凌さん

OFFICE作
松田美由紀 スタッフBlog


posted by seka-toki at 11:22 | お知らせ

公開劇場のご案内

宣伝担当です。
映画 『世界はときどき美しい』 は現在、東京と名古屋にて公開中

【東京】 3月31日(土) 〜
ユーロスペース
レイトショー 連日21:10〜
土日祝のみモーニングショーあり 9:50〜
★毎週金曜日には舞台挨拶&トークショーを開催

【名古屋】 4月7日(土) 〜 4月20日(金)
シネマスコーレ
連日14:20〜 / 17:15〜


ミニシアター2館によるささやかなスタートでしたが、
観客の皆さまの熱い口コミに支えられ、
公開劇場が拡大されます
スケジュールは決まり次第お知らせしますね。

海外ではマイアミ国際映画祭に続いて、
フィラデルフィア映画祭の 「World Focus」 部門に出品され、
昨日ソルドアウトの盛況ぶりで公式上映を終えたとのこと。
現地では 「A beautiful little gem (宝石のように美しい) 」 と讃えられたようです。
英語字幕版のフィルムは日本へ帰国せず、そのままスペインへ旅します。

 次なる目的地は、バルセロナ・アジア映画祭。
 コンペティション部門に公式出品されます。
 ・・・監督、タキシードはどうするんでしょう?
 (持ってるわけないですよねぇ)



posted by seka-toki at 00:08 | 劇場情報

2007年04月11日

金曜トークショー♪

宣伝担当です。
映画 『世界はときどき美しい』 は渋谷ユーロスペースにて絶賛公開中
熱烈なメッセージが多く寄せられ、感激しております。
ロングランが期待できそうです。
引き続き応援してくださいね。

名古屋シネマスコーレでの上映も好調
静岡や浜松から足を伸ばしてくださる方々も多いとか。
全国順次公開予定ですが、皆さんからも是非お近くの劇場へ
リクエストをしてみて下さい。

さて、渋谷ユーロスペースでは毎週金曜日に
舞台挨拶&トークショーを開催しています。
今週13日には、昨年の話題作 『ヨコハマメリー』 の監督、
中村高寛さんをお迎えします。

中村高寛さんはデビュー作 『ヨコハマメリー』
によってヨコハマ映画祭・審査員特別賞や
文化庁映画賞など、受賞ラッシュが続く時の人。
わが御法川監督とのトークショーでは、
どんな話題が展開するのか?!

ご期待ください。


posted by seka-toki at 12:06 | お知らせ

2007年04月10日

いい旅でありますように

片山瞳さま

御法川です。
「渋谷ユーロスペース」 では公開初日から一週間の観客動員数が、
すでに1,000人を超えたようです。
レイトショーという限定興行ながら、予想外の記録に驚いてしまうね。
でも、これはあくまでも数字。
日々の中に時間を調整し、実際に劇場まで足を運んでくれた方々のエネルギーを、
数値になんて置き換えられるものじゃない。

劇場の明かりが落ちて、
客席を埋める人たちの背中が暗闇にすうっと溶けていくのを眺めるとき、
ひとつの旅立ちを見送るような気持ちになります。

大きなリュックを背負った友の横で、ぼくは駅のホームに立っている。
列車が静かにすべり込んでくる。
乗り込む背中に、どんな言葉を投げかけようか思案しているうちに、
扉は閉まる。
いい旅でありますように。
さびしさがこみ上げながらも、旅立つ友を勇敢に感じる。
でも、見送る自分にうっとりしている暇はないんだよね。
ぼくも旅支度をはじめなければいけない。
旅支度が、たとえ万全でなくても、出かけるべき時には出かけなきゃいけない。
常により良いところを目指して、ね。

● ● ●

名古屋シネマスコーレ」 の初日は雨の中、満員御礼でした。

  

この日、「フィラデルフィア映画祭」 でも一回目の公式上映を迎えていたんです。
名古屋とフィラデルフィアの距離を思うと気が遠くなるけど、
映画館の暗闇は、同じ。

真夜中のコンビニで、蛍光灯に照らし出された顔をガラスに映すとき、
そこはひどく殺風景な場所です。
コミュニケーションなんて本当はできっこないんじゃないかと思ってしまう。
あっけらかんとした明るみの下に暴きだされるばかりの日常で、
まだ映画館の暗がりだけが失われていない。
ぼくらは暗闇の中でこそ、
隠されていたものを知ることができるのです。

「シネマスコーレ」 のスタッフは皆、映画館の暗闇を信じている。
だから、「シネマスコーレ」 の暗闇は奥行きが深い。
シートに身をしずめた方々は、闇の静けさの中で、
トランプ遊びの神経衰弱のように心のカードを順番にめくっていくのでしょう。
その先に、青空が広がっていることを願っています。
いい旅でありますように。

最後に、「シネマスコーレ」 の皆さんに感謝。
木全さん、江尻さん、坪井さん、ありがとうございました。
あなた達の熱量が光の束になり、ひとすじ映画館の暗闇を走りぬけ、
スクリーンに像を結んでくれました。

◆追伸
「キネマ旬報」 4月下旬特別号に、
『世界はときどき美しい』 のプロデューサーである
西健二郎が寄稿したエッセイが掲載されています。(185p)
このエッセイを読めたことで、ぼくは自分の仕事に誇りを持つことができました。
内輪で褒めあう発言は慎むべきでしょう。
でも、どんな批判があったとしても、それとひきかえにしてもいいくらい、
たいせつなことがあるのです。
そのことは、お伝えしたい。

いい仕事はそれに関わるすべての人を成長させる。
そんな仕事をぼくもやっていきたい。
posted by seka-toki at 12:05 | 御法川修より

2007年04月07日

気持ち

御法川修さま

片山瞳です
今日から 「名古屋シネマスコーレ」 での上映が始まりましたね
日本の前にマイアミ国際映画祭という嬉しい出来事がありましたが
これからいよいよ日本各地へと・・・
春と訪れとともに、たくさんの幸せが舞い降りますように
監督はいつものように喜び勇んで帰ってくることを期待して

東京では今日で1週間目の上映となりました
たくさんのご来場、本当にありがとうございます
皆、舞台裏では感無量の思いでいっぱいでした
 

昨日は、木野花さん、草野康太さんの舞台挨拶
たくさんのお客様に一同感謝しています
この映画に参加したことで出会う人々の背中を見ながら
私はあらためて映画という世界に生きる人々、お芝居の世界に生きる人々の
純粋な思いや情熱や生きる姿勢、伝えようとする愛の深さ、
人生に意義を持って生きる美しさに度々感動します
きっとどんな仕事に就いていても一緒なのでしょうが
真摯に果敢に挑戦していくこと
どんな出来事の前にも、愛情を持って接し、行動していくこと
私はこの映画で尊敬する先輩方に、大切な大切なことを
言葉でなく、その姿から教えてもらっています
何にも変え難い大切な記憶の宝物が日々増えていくようで
足繁く劇場へと通ってしまう私ですが・・・
日々が輝く宝物のようで
感謝でいっぱいであらゆるものを愛したい気持ちになります

そんな思いや気持ちばかりが先行して、書くのはいいのですが、
それを自分の言葉として話すことに臆病になりがちな私です
言葉というものはいつも曖昧で頼りなく、恥ずかしく
いつも本当の気持ちを言葉にして話すのは難しくて、ほとほと困ってしまいます
大切な気持ちほど手をつけられなくて、思いばかりに圧倒されてしまって、
ひっそりと心の奥に沈めて伝えられないまま
後で後悔してしまう
けれど大切な気持ちほど伝えなくてはいけないですよね
伝えること、が一番目じゃなくて、伝えようとする意思が
思いを言葉にしてそれを差し出そうとする事が尊いことなのかなぁ、と
今更ながらに思いました
だから明日トークショーを監督とやらせていただきますが
今までの舞台挨拶、後悔尽くしだった私の1つの決意として
大切な心は、大切に、丁寧に伝えようと思います
信頼する兄貴、御法川さんもいるので安心して
私にできる限りのことをしたいと思っています
どうぞよろしくお願いします

そんなわけで明日 「ソーン・ツリーギャラリー
14時からのトークショー
ぜひお待ちしています
posted by seka-toki at 06:56 | 片山瞳より

2007年04月05日

名古屋シネマスコーレ

宣伝担当です。
公開初日から6日が経ちました。
昨日までに渋谷ユーロスペースを訪れた観客数は
600人を超えようとしています
雨が降ったり寒かったりする中、
レイトショーに足を運んでくださった皆さまに
感謝の気持ちでいっぱいです。
引き続き応援してくださいね。

金曜日には、感謝を込めて舞台挨拶を行います。
大勢の方々がいらしてくれることを期待しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎4月6日(金) 夜9:10の回 上映前に舞台挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ゲスト】 木野 花さん / 草野康太さん / 御法川修監督


そして、いよいよ全国へと広がっていきます
まずは名古屋から。

名古屋シネマスコーレ
  4月7日(土) 〜 4月20日(金)
  14:20 / 17:15


公開初日4月7日(土)には、監督の舞台挨拶を行います。
一回目の舞台挨拶は、14:20の回の上映終了後15:30より。
二回目は、17:15の回の上映前17:05より。

この舞台挨拶、監督から 「なにをおいても初日に立ち会いたい
と強く希望されまして、急きょ調整した次第。
(・・・本当にしつこかったんですよ)
名古屋の皆さま、監督の想いを受けとめてやってください。

★掲載情報
「ほぼ日刊イトイ新聞」 の連載ニ回目。
ライターの福嶋真砂代さんの熱い応援が心強いです。
ご近所のOLさんは、先端に腰掛けていた。 by 福嶋真砂代

そして、ファン急増中の片山瞳さん。
Yahoo! エンタゲット!
MOVIENET INTERNATIONAL
日本映画専門情報サイト fjmovie.com

最後に、松田龍平さん。
主演作が続々待機する中、『世界はときどき美しい』 への想い入れが
胸に沁みます。
シネマトゥデイ

そうそう、「MTV TRAILER PARK」 (毎月第4木曜日23:30〜放送) を
ご存知ですか。
『世界はときどき美しい』 が 「期待度ランキング」 の第1位に
選ばれました
posted by seka-toki at 01:39 | 劇場情報

2007年04月03日

ありがとう

片山瞳さま

御法川です。
誕生日のお祝い、ありがとう。
ぼくが35歳になった昨日は、公開が始まって最初の平日。
小雨の降る中、劇場には大勢の方々がいらしてくれていました。
ありがとう、ありがとう。

ぽつんと立っているプロデューサーの西さんを
劇場のロビーで見つけて苦笑い。
ここでも、ありがとう。

◎このブログをご覧いただいている皆さまへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下の写真は、公開初日の朝に関係者一同へ振る舞われたお赤飯。
なんと 片山瞳が自宅で作ってきてくれたもの。



みんな言葉少なに受け取ったのは、
彼女の料理の腕前を心配していたのではなくて (笑)
愛情の深さに胸を突かれてしまったから。
ぼくも自宅へ戻って、しみじみ味わいました。
おいしかったなぁ。
冷めていても、ホクホク湯気が立ち昇るようだったもの。

想いを込めるということ。
誰かを悲しませるより喜ばせたいという精一杯の気持ち。
それがあらゆる創造の原点でしょう。

お赤飯を噛みしめながら、ぼくは息をこらして祈っていました。
こんな祈り方もあるのだと初めて気づきました。

  この地球という惑星の上で暮らす全ての人が、
  それぞれの持ち場で与えられた人生を
  誇りを持ってまっとうできますように。
 
  人の心が百円ショップのように陳列されることなく、
  明るく丁寧に生きられますように。

  人類平等なんてありえないけれど、
  ひとりの個人が生きるエネルギーは、
  なにとも代え難い果実です。

  ・・・とはいえ、
  ぼくやあなたが誰からも喜ばれる金貨でないことは明白です。
  他人と衝突することで、
  気持ちがひるむことは避けられないでしょう。

  でも、
  まさつがなければ、どのようにして自分のトゲトゲしさやデコボコ、
  不完全や欠点に気づくことができるだろう?

  振り返らず先に行こう。
  勇気を出して。
  曖昧な霧に道を惑わされず、もっと豊かなものを求めていきたい。

ぼくにとって映画を創るということは、
なにか派手ななそぶりで目立とうとか、
人に先んじようとかしているのではありません。
威張りたいのでもないし、誰かをやっつけたいのでもない。
映画という創造物を通して、人と人がたいせつなものを交換する。
共鳴したり、反発してみたりしながら。
そのことで、人の生を少しでも高めていけることを望んでいます。

こういうことを公の場で記すのは慎重にならないと、
ただおこがましいモノ言いで終わってしまうけれど、
ぼくは自分が生きる状況と抜き差しならないところで
メディアの仕事に携わりたいと思ってきました。
飲食に携わる人も、服を作る人も、建築や医療、それから政治家も皆、
いま生きている人と関わり合うことを求められ、身を削っているのに、
映画だけが 「お芸術」 の中に留まっていていいはずはありません。
ひとりぼっちに放り出して、さびしい想いをさせてはいけないんです。

◆追伸
4月6日(金)夜9:10の回上映前に舞台挨拶が行われます。
登壇していただくゲストは、
劇中で市川実日子さんの家族を演じてくださったお二方。
女優・演出家として活躍されている木野花さん。
『浅草ふくまる旅館』 では西田敏行さんを相手に、
品のある大人の色香とやさしさを見せてくれましたね。

もうひとりは、草野康太さん。
以前このブログで紹介した通りの我が親友。
初日には、ちょこんと客席で映画を観てくれていました。
今度は舞台挨拶を担ってもらいます。

・・・ところで、市川実日子さんは、
荻上直子監督 (『かもめ食堂』) の新作 『めがね』 の撮影中。
すてきな映画になることは間違いないでしょうから、
本当に楽しみです。
posted by seka-toki at 14:06 | 御法川修より

2007年04月02日

祝宴の続き

御法川修様

お誕生日おめでとうございます



今夜は満月です
posted by seka-toki at 23:34 | 片山瞳より

満員御礼!

宣伝担当です。
映画 『世界はときどき美しい』 は渋谷ユーロスペースにて絶賛公開中

公開初日、ニ日目共に満員御礼のスタートを切ることができました。
ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございます。
ぎっしり席が埋め尽くされた劇場を眺めながら、
思わず感涙してしまいました。

 ご入場できなかった方々も多く、
 お立ち見のお客さまにも
 申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、
 上映後に劇場から出てくる顔が皆あたたかく、
 監督も熱い感想を直接伝えられたり、
 握手を求められたりで感激しておりました。

でも、映画の公開はまだまだ始まったばかり。
平日は夜9:10からのレイトショーのみの上映です。
ゆっくりお席に着いて作品世界に浸ってください。

さて、新たなお知らせです
毎週金曜日には舞台挨拶とトークショーを開催します。
これからもイベントが盛りだくさんなので、
すでにご覧いただいた方々も是非劇場へ足をお運びください。
posted by seka-toki at 18:52 | お知らせ

2007年04月01日

心からのお祝いを

御法川監督さま

片山瞳です
初日無事終了、お疲れさまでした
そして、公開初日のこのたくさんの喜びと幸せに参加させて頂けたことを
心から
ありがとうございます

今日、劇場に足を運んで下さった皆様
本当にありがとうございます
たくさんの出会いや思いに感動しました
たくさんのご来場に心より感謝致します
ありがとうございました

監督、プロデューサーの西さんはじめスタッフ、キャストの皆さん
「世界はときどき美しい」製作委員会の皆さん、
この映画に関わって下さったたくさんの方々
この良き日までの長き道のりやたくさんの思いを想像すると、
言葉が見つかりません
気持ちが込み上げてきて涙をこらえるのに必死でした

きっと監督はこの何百万倍くらいもの気持ちでいっぱいでしょうね

監督、おめでとうございます!!!!!!

初日、
モーニングショーは監督と松田美由紀さんと鈴木慶江さんとの舞台挨拶
レイトショーは監督と柄本明さんの舞台挨拶が行われました

たくさんのご来場、本当にありがとうございました

月並みな言葉しか見当たらない自分が情けないのですが
感謝と喜びでいっぱいです


4月1日の朝は、
監督と瀬川亮さんと私とでモーニングショーの舞台挨拶をさせていただきます
ぜひ、心より、お待ちしています
たくさんの笑顔と出会えますことを

お昼は「世界はときどき美しい」 展
ソーンツリー・ギャラリーにて酒井景都さんのトークショー

夜は監督と松田龍平さんと浅見れいなさんとの舞台挨拶

明日はセカトキ日和です
春、満開ですね
雨がふりませんように
posted by seka-toki at 01:37 | 片山瞳より
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。