Welcome  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

   このブログは、映画 『世界はときどき美しい』 の御法川修監督と、
  女優デビューを飾った片山瞳さんの交換ブログとしてスタートしました。
  映画は、第19回 東京国際映画祭でお披露目されたのち、
  2007年3月31日に渋谷ユーロスペースで封切られました。
  以後、順次全国で公開された他、国内外13の映画祭でも上映。
  現在はDVDが発売&レンタル中です。

  日本映画バブルの渦の中で公開された、小さな小さな一本ですが、
  製作に携わった私たちにとっては、かけがえのない大切な作品です。
  振り返れば、最初は行き先の不安な船出でした。
  ゆっくり一年をかけて、思いがけないほど多くの観客に恵まれた今は、
  映画のタイトルを口にして、その響きに深く頷いてしまいます。

  このブログは、私たちの映画が歩んだ一年間の軌跡です。
  右サイドバーに整理された情報は、メモリアルアルバムのような趣き。
  劇場へ足を運んでくださった方、DVDで新たに映画と出会ってくれた方、
  これからも多くの人たちが、このブログを訪ねてくれることでしょう。
  この映画が、それぞれの暮らしの中で育まれることを祈っています。
  これからもずっとずっと。  (2008年5月21日掲載)



  News Release  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

  ◆御法川修監督の最新作が2作品同時に始動!!
      sankeiwest.gif
   Irodori_Rogo-A.jpg
   出演◎吉行和子/富司純子/中尾ミエ/藤 竜也
        平岡祐太/村川絵梨/戸次重幸
   主題歌◎原 由子 「ヘブン」   配給◎ショウゲート
   脚本◎西口典子  監督◎御法川 修
   2012年秋、シネスイッチ銀座 他 全国公開
   Copyright © 2012 「人生、いろどり」 製作委員会

   Suchan_Main.jpg imagesCAJCMW11.jpg
   映画 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
   主演◎柴咲コウ/真木よう子/寺島しのぶ
   原作◎益田ミリ (幻冬舎刊)
   脚本◎田中幸子  監督◎御法川 修
   配給◎スールキートス  2013年、全国公開

   Copyright © 2012 「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」 製作委員会
   (2012年4月15日掲載)


  ◆片山瞳さんの最新作は、映画 『海燕ホテルブルー』 のヒロイン
   第60回ベルリン国際映画祭で銀熊賞 (最優秀女優賞) を受賞した
   寺島しのぶさん主演作 『キャタピラー』 など話題作を次々発表している
   鬼才若松孝二監督の最新作で、片山瞳さんがヒロインに抜擢
   直木賞作家船戸与一氏による同名小説の映画化。
   下のバナーを Click 予告編をご覧いただけます。
   (2011年10月28日掲載)
   


  ◆御法川修監督が手がけたコーポレート映像が受賞
   美容サロン用ヘア化粧品の総合メーカーとして国内トップを誇る
   (株)ミルボンの創業50周年記念映像を御法川監督が演出しました。
   片山瞳さんも特別出演されています。
   記念式典で一度限り上映される作品として完成したのですが、
   映像文化製作者連盟が主催する映像祭 「映文連アワード2010」 の
   大賞に当たる経済産業大臣賞を受賞しました。
   (2010年9月30日掲載)

   


 ◆『SOUL RED 松田優作』 (監督御法川修)
  生誕60年没後20年のメモリアルとして、
  最初で最後の公式ドキュメンタリー映画が誕生
  今なお人々の心に生き続ける男の軌跡。

  ★DVD発売中 ★ORICON TOP
  第22回 東京国際映画祭 特別招待作品
  Copyright © 2009 SOUL RED Film Partners 


◆御法川修監督が手がけたテレビCM が好評オンエア中
  映画界の豪華スタッフが顔をそろえ、贅沢な仕上がりになっています。
  是非ご覧になってください。
  (2009年3月1日掲載)

 

  スープで食べる、野菜のおいしく新しいカタチ 「ベジさめ」 新発売
  TV-CM 「モノクローム」 篇 Starring 加藤ローサ
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.


  第49回 「消費者のためになった広告コンクール」 金賞受賞
  
  For Earth,For Life 〜 株式会社クボタ
  TV-CM 「過去と未来 (eプロジェクト地球小屋)」 篇
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.


2007年09月28日

インストア・イベント開催

宣伝担当よりお報せです。
明日、9月29日(土)。
DVD発売記念のインストア・イベントを開催
会場は、タワーレコード渋谷店の地下にある 「STAGE ONE」 にて。
18時スタートで、トークショー&プレゼント抽選会。
ゲストは、
浅見れいなさん!!
本篇では、松田龍平さんの相手役を演じてくださいました。
はかなげな表情やしぐさ、それでいて芯の強さを感じさせる姿は、
映画をご覧になった方々のハートを射とめたはず。
直に接する浅見さんといったら、それはもうすてきですよ

タワーレコード渋谷店で
『世界はときどき美しい』 のDVDをご購入いただいた方に、
先着でイベント入場券を配布いたします。
DVDを1点ご購入につき、ペア入場券を1枚お渡しします。

お誘い合わせの上、是非ご参加ください


  『世界はときどき美しい』 DVD発売記念イベント
  スペシャルトーク@TOWER RECORDS
  【日時】 9月29日(土) 18:00〜
  【場所】 タワーレコード 渋谷店B1F
  【ゲスト】 浅見れいなさん & 御法川修 監督
  ◎画像をクリックするとPDFファイルで開きます。
posted by seka-toki at 20:37 | お知らせ

2007年09月27日

山崎先生、お疲れさま!

御法川です。
『世界はときどき美しい』 を応援してくれた漫画家山崎さやか先生。
週刊モーニングの連載 「
はるか17」 が今号でフィナーレを迎えました。
四年間にわたる長期連載の完結。
その最終ページ、Special Thanks の中に自分の名前を見つけてビックリ
感謝されるようなことはなにもしていないのだけど、
山崎先生の気持ちを受けとめて、
心から 「お疲れ様」 を言わせていただきます。
新作に期待!!

さて、『世界はときどき美しい』 の近況。
先週はシンガポールで上映されていました。
シンガポール・フィルム・ソサエティ」 に選出され、
今村昌平監督の回顧上映と共に 「日本映画特集」 の一本として上映。
シンガポールの人の目に触れる
日本映画の過去と現在に位置づけられることを光栄に思います。

今週は、ギリシャの 「
アテネ国際映画祭」 へ。
『鉄コン筋クリート』 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』 と共に
プログラムされているなんて、これまた光栄。

11月にはパリ 「
KINOTAYO映画祭」 での上映を迎えます。

旅は、まだまだ続く気配です。

◆追伸
今夜は、まんまるお月さまがきれいです。
posted by seka-toki at 22:50 | 御法川修より

2007年09月24日

またまた電子交差点

宣伝担当です。
連休最後の今日、いかがお過ごしでしょう。

『世界はときどき美しい』 のDVDがリリースされて早一ヶ月。
そろそろセル版 (
ピュアエディション) の売上本数が
報告されてくるころ。
レンタル版は順調に稼動中。
新作コーナーで貸し出し中になっているのを見かける度に、
ああ、誰かが見てくれているんだ・・・と、
感慨深い気持ちをしみじみ温めています。

先日、私の友人から
「レンタル店に置かれている本数が少ないのではないか・・・」
という心配の声を頂戴しました。
確かに、今なら 「バブルへGO!!」 や 「それでもボクはやってない」
といった作品が、新作コーナーの棚をズラリと占拠しています。

これは、「PPT (ペイ・パー・トランザクション)」 という
流通システムを介しているため。
ビデオメーカーがレンタル店にソフトを大量に貸し出し、
レンタル回数に応じてメーカーに利益を還元する出来高払い制のこと。
大量本数を揃えていることで話題作のイメージをアピールしつつ、
「貸し出し中」 のロスを防いで回転数を上げるわけですね。
レンタル店側はソフトを購入しないで済むので、
初期コストを抑えられるメリットがあるわけです。

一方、『世界はときどき美しい』。
我が陣営では、しっかりレンタル店にお買い上げいただいています。
レンタル店はリスクを負ってくれているわけですね。
一本の仕入れ原価を回収するためには、
25回のレンタルが必要だと聞いています。
利益を生むことを考えれば、ザックリ倍の50回でしょうか。

大量品揃えの作品の横に、
『世界はときどき美しい』 が4本並んでいるとしたら、
レンタル店は最低でも100人以上の人が借りてくれることを見越して
仕入れてくれたという証拠。
そう考えれば、これは大変なことですね。
レンタル店の方々へ心から感謝を
DVDの営業に勤しんでくれたビデオメーカーのスタッフへは、
その労をねぎらいたい気持ちでいっぱいです。

そんな中、ふと気づけば、

amazon.co.jp HMV のDVDオンライン・ストアの商品ページに、
お客様からの熱いレビューが寄せられています。

どれもすてきな感想なのですが、
ひとつだけココに転載させていただきます。
あまりにもうれしかったので。

◎詩的なもの by een-nao
……………………………………………………………………………
タイトルに惹かれたのと、
松田龍平さん、市川実日子さんがたいへん好きなので、
内容もよく知らずに予約して購入しました。
誰にも会わなかった連休の一日に、ひとりでぼんやりと観たのですが
明確ではない 「詩的なもの」 がこころに染み入る作品でした。
わたしにとっては、文学も音楽も絵画も、芸術はすべて
詩的なものとして自分の中に入ってきます。
それらは、じぶんの中で詩をつむぎ、そこから生まれる像を結び、
すっとじぶんと一緒になる感じがするのです。
想像力の基盤が揺らいでいる時代だからこそ、
個の中で起こるそのような営みはだいじだと思います。
この映画は、そのような営みを一本の映画にしたような感じ。
さらに、この映画からひとりひとりの中につむがれる像は
それぞれ異なっているはずで
そのような心地よさにひたれる作品です。


こんな美しい声が上がってくれたのなら、
『世界はときどき美しい』 が創られた意味もあったのだと
信じられます。

こんな、私たちへの励ましとなった声を集めた 「電子交差点」。

電子交差点
電子交差点
電子交差点 その3

引き続き、第四弾
これまで同様、勝手にリンクさせていただくことをお許しください。
日付順に並べさせてもらいますね。


 まめ手帖日記
 very berry days.
 j o u r n a  l
 蓮池尚秋ブログ 「はすたんか日記」
 Orange Call
 dull hours...itqou.
 ハナスカエル

書いてくださった皆さまへ、心からお礼と感謝を申し上げます。
posted by seka-toki at 15:41 | 電子交差点

2007年09月23日

松田龍平、地球の裏側へ!

宣伝担当です。
片山瞳さんからラストメッセージが届きました。

瞳さんは、来月新たな撮影を控えています。
年内すぐに皆さまの目に触れることになりそう。
乞うご期待です

監督は只今、アジアを巡るドキュメンタリーの撮影に着手。
ドキュメンタリーなのに、劇映画の錚々たるスタッフが終結して、
なにやら大変なことに挑戦しているようす。
一方で、次回作となる長編映画も進展しているようで、
ハチマキをした監督が脚本執筆に励んでいる姿を目撃。
こちらも乞うご期待!!

さて、お報せ。
松田龍平さんが初めて挑むTVドキュメンタリーが、
明日9月24日、全国TBS系列にて放映されます。

地球の裏側南米ペルーで約ニ週間に渡るロケを敢行。
馬やロバを使って片道8時間以上 () かけて移動し、
風と太陽の大地に生きたインカ黄金帝国の足跡をたどります。
アンデスの雄大な自然と伝統、
初めて日本のTVカメラが記録したチョケキラウ遺跡。

過酷な旅の中で、
古代文明に思いをはせる松田龍平さんの勇姿。
是非ご覧ください!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 古代文明ミステリー
 幻のアンデス黄金帝国 インカに眠る12の謎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 9月24日(月祝) 21:00 〜 22:54
 全国TBS系列にてOA
 【出演】 旅人 松田龍平 / ナレーター 石田ゆり子
      ナビゲーター 関口 宏 / ゲスト 荒俣 宏
posted by seka-toki at 11:01 | お知らせ

2007年09月22日

最後に

お誕生日のお祝い、ありがとうございます
片山瞳です
(本日、27歳になりました)

このブログのラストメッセージ・・・ということで
今日の日を選びました

御法川さんからのお祝いは三度目
たくさんの感動に出会えた中で
3度目のお祝いは
「私の背中を強く押し出してくれること」


行ってきます


この足掛け3年の私の課題は 「裸になること」 だったと思います
御法川さんは 「NUDE」 を 「NAKED」 と表現してくれましたね
「裸」 になること
体だけでなく、心露わにすることはなんて難しいこと
このブログは私にそうなることを教えてくれたような気がします

私はどこまで恐れを脱ぎ去ることができたか
私は私で、ありのままの自分でいれただろうか
どこまで裸でいられることができたのか
愛することができただろうか

これから果てしなく深い道が大きな口を開けて
待っているようです
決して美しい道でなくとも、
チーターさんも歌っていた
足跡に綺麗な花の咲く生き方を

私の魂はいつでも、私が心深い領域に踏み入ってくるのを
待っていたような気がします

道は果てしない
信じて進むのみ
きっと喜びも果てしないはずだ

いつかの この日 に立ち止まった時は
裸の自分を取り戻すために
『世界はときどき美しい』 とこれからも出会い続けるでしょう

大事な記憶の財産を作ることができて、
関わるすべての皆様に心からの感謝を・・・
本当にありがとうございました

そして、このブログを見て支えて下さっている皆様
ありがとうございます

そして御法川さん、
心からの愛と感謝を込めて

すべての人々の人生に幸せがありますように
posted by seka-toki at 16:56 | 片山瞳より

この日

一年365日。
今日という 「この日」 は、
ぼくの目の前にひとつしかない。

でも・・・
人との関わりの中では、
去年の この日 や、
一昨年の この日、
十年前の この日 を思うことができる。
そして、
来年の この日 はどうしているだろうか・・・
と、思い巡らすこともできます。

さりげない一日が基点となって、
過去と未来へ枝わかれする奥ゆき。

今日、9月22日は、
片山瞳の誕生日。
(いくつになったのか忘れちゃったけど・・・)

ぼくがお祝いするのは三回目。

一昨年の この日 は、
『世界はときどき美しい』 が撮了したばかり。
去年の この日 は、
東京国際映画祭でのお披露目が決まったことを喜んだ。
今日 この日、
片山瞳の新たな展開を祝福します。

お誕生日、おめでとう。

心から。
posted by seka-toki at 01:57 | 御法川修より

2007年09月19日

鈴木慶江 「Soave」

御法川です。
トートツですが・・・
『世界はときどき美しい』 のエンディングを歌い上げるのは、
「月に寄せる歌」〜歌劇 「ルサルカ」 より。

映画のラストにアリアを求めた理由は、
五篇のあとに、もうひとつ物語を加えたいと願ったから。

「癒しの映画」 といった風な、
甘いお菓子のような印象に終わるかもしれない映画の最後に、
いっぷくの毒をもりたい。
せつなく、少しだけ残酷でいて・・・情熱的な、
美しい毒。

「癒し」 って、決してマッサージ用語なんかじゃないですよね。
天からふわりと舞い降りてきてヨシヨシ頭を撫でてくれたり、
ましてや肩を揉んでくれたりするのが 「癒し」 じゃない。 (笑)
うすっぺらい、まやかしの優しさなんかで自分のさびしさを埋めず、
強く生きるまなざしを必死に取り戻そうとする、魂の尺度。
それが真実の 「癒し」。

ドヴォルザークの歌劇 「ルサルカ」 の中で、
たいせつなものを失ってでも愛を求める水の精ルサルカ。
その姿に、映画の奥底に秘めた静かで激しい意志を重ねてみたいと
思ったのでした。

その 「月に寄せる歌」 を歌う鈴木慶江さん。
デビュー5周年を迎えた今年、
3年ぶりのニュー・アルバムを発表
本日発売となりました。


「Soave」鈴木慶江
  鈴木慶江 New Album
  「Soave (ソアーヴェ)」
  ¥2,800 (Tax-in)
  EMI ミュージック・ジャパン
  2007年09月19日 発売




鈴木慶江さんと出会えたことで映画は完成し、
その歌声が映画全体にすてきなリボンを結んでくれました。
五篇の主人公のささやかな生を広い広い世界へ解き放ってもくれた。

じつは、ぼくと慶江さんは同い年。
(品格は比べようもないけれど・・・)
慶江さんって、不思議で年齢不肖なお方なのです。
エレガントな女性とチャーミングな女の子を行ったり来たり。 (笑)

そんな彼女の歌声は、
まだ沁みる傷の痛みと向き合う決意に貫かれている。
だからこそ、聴く者にやさしさを与えてくれるんだろうな。

慶江さんと一緒に東京国際映画祭のレッドカーペットを
手をつないで歩けたことは、
幸福な記憶として残っています。
posted by seka-toki at 20:40 | 御法川修より

2007年09月18日

水戸短編映像祭

片山瞳さま

御法川です。
沖縄 「桜坂劇場」 の上映が終了しました。
最終日は、台風11号の接近で映画館が急きょ閉館
大きな被害はなかったようで安心したけれど、
映画上映の幕切れは、なんだか尻切れトンボ。 (笑)
・・・ともあれ、
約500人の観客と映画をつないでくれた 「桜坂劇場」 に感謝を!!

一昨日は、「水戸短編映像祭」 に招かれての特別上映。
会場は水戸芸術館ということで、ちょっと光栄。
春から続いた全国巡回上映が沖縄でひと息ついたところだったし、
今回の水戸行きはサプライズというか、
ご褒美をもらえたような気分でした。
いつものように集客の具合に気をわずらわせることもなく、
リラックスした気分で出かけたのですが、
行ってみれば200名にのぼる観客の方々に恵まれてビックリ

映像祭の運営に携わるスタッフの方々は、
みんな 「渋谷ユーロスペース」 での上映を観てくれていて、
『世界はときどき美しい』 をたいせつに想ってくれている人たちばかり。
観てくれていたんだ・・・と、しみじみうれしかった。
映画を観てくれた人たちの手で、新たな観客との出会いが築かれていく。
すてきなことです。

その日、ぼくは追われる用事がなかったので、
舞台挨拶を終えた後すぐには帰らずに、館内をウロウロ。
休日を憩う人たちのようすを眺めながら、
芝生広場で1時間ぐらい煙草を吸ってくつろいできました。

空がずいぶんと高くなってきた。
まだ暑いけれど、秋なんだね。

◆追伸
片山瞳殿。
あんまり長くこのブログに引き止めてしまうと、
次の作品に差しさわりがあるでしょう。
ラストメッセージを期待するぞ!!
宛先は、ぼくではなく、
このブログを読んでくれている人たちへ。
いろんなことに気を使わず、瞳節全開のやつを読ませてください。
お互い 『世界はときどき美しい』 を乗り越えて、
その先の未来へつながる希望を示してよ。
posted by seka-toki at 11:20 | 御法川修より

2007年09月12日

DVD発売キャンペーン

宣伝担当です。
沖縄 「桜坂劇場」 の上映は、9月14日(金)まで。
松田美由紀さんと監督の取材記事も出そろって、
現地で目にとめてくださった方も多いのではないでしょうか。
沖縄の皆さま、是非お見逃しなく!!

監督が沖縄でゲスト出演したラジオ番組が、ポッドキャストで楽しめます。
たっぷり、1時間のトーク。
いつもながらギャグ無し。
ひたすらマジメに語っています。
帰りの便に飛び乗る直前に収録したそうで、監督の声が枯れています。 (笑)
よろしければ是非お聴きくださいませ。
(沖縄の方々に届いたら監督も本望でしょう)




沖縄の上映が終わってしまうと、映画館での興行はひと段落。
これからは、DVDが新たな出会いを紡いでくれるでしょう。
そのDVD。
セル&レンタル共に好調です

先日のDVD発売記念試写会でご覧になってくださった
ノンフィクション作家の藤井誠二さんが、
TBSラジオ 「アクセス」 で映画のことを取り上げてくださいました。
思いがけない応援に励まされます。

今月29日(土)には、 タワーレコードにてインストア・イベントを開催。
浅見れいなさんと監督によるトークショー&プレゼント抽選会。

  『世界はときどき美しい』 DVD発売記念イベント
  スペシャルトーク@TOWER RECORDS
  【日時】 9月29日(土) 18:00〜
  【場所】 タワーレコード 渋谷店B1F
  【ゲスト】 浅見れいなさん & 御法川修 監督
  ◎画像をクリックするとPDFファイルで開きます。



紀伊國屋書店が運営するDVD専門ショッピングサイト 「Forest Plus」 では、
『世界はときどき美しい』 をピックアップ。
DVD発売記念キャンペーンを開催中
それに併せて、松田美由紀さんのメッセージと、片山瞳さんのインタビュー
がアップされました。


 ◎ 松田美由紀さん メッセージ

   photo by eye

 ◎ 片山瞳さん インタビュー
   interview by 飯塚克味
   photo by あさみ あやこ



DVDで 『世界はときどき美しい』 と出会ってくださった皆さま。
もしも作品のことを気に入っていただけたなら、
是非スクリーンでも見直してみてください。
9月16日(日・祝)には、「水戸短編映像祭」 で上映されます。
posted by seka-toki at 05:45 | お知らせ

2007年09月10日

夏の終わりに

御法川修さま

片山瞳です
暑かった夏も通りすぎようとしています
この間、下北沢を偶然通りかかったところ、
映画の製作と公開前にご祈願しにいった神社で
お祭りをやっていました
歩いているとお神輿に偶然遭遇
熱気に導かれるように、お祭りに参加してきました
これからのDVDのことをお祈りしてきました
昨年も偶然に、このお祭りに参加して、興奮して
監督に連絡したことを思い出します
2年続いた偶然のお導きに、この映画が守られているような
幸せな気持ちをいただきました

この映画に参加することで数々の出会いが増えました
これは本当に幸福なこと
そして取りこぼしてしまっていた縁がまた繋がってくれたり・・・
本当に嬉しいこと
8年前にケンカ別れしたっきりになっていた友達が
この映画のことを見つけてくれて
祝福の連絡をしてきてくれました
「女優デビューした事を知ったときは
感激のあまり大号泣してしまいました」 とのメール
・・・泣きながら何度も読み返しました

自分の未熟さゆえに、たくさんのことを失い、傷つけて生きてきてると思う
出来るなら、そうではない生き方を選んでいきたいと思うけれど
気付かずに通りすぎて、後で自分の愚かさを省みる
本当に申し訳ない・・・
それでも幸せを祈ってくれる人々に、心から 「ありがとう」 って言いたい
posted by seka-toki at 21:16 | 片山瞳より
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。