Welcome  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

   このブログは、映画 『世界はときどき美しい』 の御法川修監督と、
  女優デビューを飾った片山瞳さんの交換ブログとしてスタートしました。
  映画は、第19回 東京国際映画祭でお披露目されたのち、
  2007年3月31日に渋谷ユーロスペースで封切られました。
  以後、順次全国で公開された他、国内外13の映画祭でも上映。
  現在はDVDが発売&レンタル中です。

  日本映画バブルの渦の中で公開された、小さな小さな一本ですが、
  製作に携わった私たちにとっては、かけがえのない大切な作品です。
  振り返れば、最初は行き先の不安な船出でした。
  ゆっくり一年をかけて、思いがけないほど多くの観客に恵まれた今は、
  映画のタイトルを口にして、その響きに深く頷いてしまいます。

  このブログは、私たちの映画が歩んだ一年間の軌跡です。
  右サイドバーに整理された情報は、メモリアルアルバムのような趣き。
  劇場へ足を運んでくださった方、DVDで新たに映画と出会ってくれた方、
  これからも多くの人たちが、このブログを訪ねてくれることでしょう。
  この映画が、それぞれの暮らしの中で育まれることを祈っています。
  これからもずっとずっと。  (2008年5月21日掲載)



  News Release  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

  ◆御法川修監督の最新作が2作品同時に始動!!
      sankeiwest.gif
   Irodori_Rogo-A.jpg
   出演◎吉行和子/富司純子/中尾ミエ/藤 竜也
        平岡祐太/村川絵梨/戸次重幸
   主題歌◎原 由子 「ヘブン」   配給◎ショウゲート
   脚本◎西口典子  監督◎御法川 修
   2012年秋、シネスイッチ銀座 他 全国公開
   Copyright © 2012 「人生、いろどり」 製作委員会

   Suchan_Main.jpg imagesCAJCMW11.jpg
   映画 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
   主演◎柴咲コウ/真木よう子/寺島しのぶ
   原作◎益田ミリ (幻冬舎刊)
   脚本◎田中幸子  監督◎御法川 修
   配給◎スールキートス  2013年、全国公開

   Copyright © 2012 「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」 製作委員会
   (2012年4月15日掲載)


  ◆片山瞳さんの最新作は、映画 『海燕ホテルブルー』 のヒロイン
   第60回ベルリン国際映画祭で銀熊賞 (最優秀女優賞) を受賞した
   寺島しのぶさん主演作 『キャタピラー』 など話題作を次々発表している
   鬼才若松孝二監督の最新作で、片山瞳さんがヒロインに抜擢
   直木賞作家船戸与一氏による同名小説の映画化。
   下のバナーを Click 予告編をご覧いただけます。
   (2011年10月28日掲載)
   


  ◆御法川修監督が手がけたコーポレート映像が受賞
   美容サロン用ヘア化粧品の総合メーカーとして国内トップを誇る
   (株)ミルボンの創業50周年記念映像を御法川監督が演出しました。
   片山瞳さんも特別出演されています。
   記念式典で一度限り上映される作品として完成したのですが、
   映像文化製作者連盟が主催する映像祭 「映文連アワード2010」 の
   大賞に当たる経済産業大臣賞を受賞しました。
   (2010年9月30日掲載)

   


 ◆『SOUL RED 松田優作』 (監督御法川修)
  生誕60年没後20年のメモリアルとして、
  最初で最後の公式ドキュメンタリー映画が誕生
  今なお人々の心に生き続ける男の軌跡。

  ★DVD発売中 ★ORICON TOP
  第22回 東京国際映画祭 特別招待作品
  Copyright © 2009 SOUL RED Film Partners 


◆御法川修監督が手がけたテレビCM が好評オンエア中
  映画界の豪華スタッフが顔をそろえ、贅沢な仕上がりになっています。
  是非ご覧になってください。
  (2009年3月1日掲載)

 

  スープで食べる、野菜のおいしく新しいカタチ 「ベジさめ」 新発売
  TV-CM 「モノクローム」 篇 Starring 加藤ローサ
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.


  第49回 「消費者のためになった広告コンクール」 金賞受賞
  
  For Earth,For Life 〜 株式会社クボタ
  TV-CM 「過去と未来 (eプロジェクト地球小屋)」 篇
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.


2008年03月22日

私の好きな孤独 〜片山瞳

宣伝担当です。
情報解禁になったので、お報せです。

松田美由紀さんが2年の歳月をかけて
片山瞳さんを撮り続けてきた写真が一冊にまとめられ、
このほど写真集として刊行されることになりました!!


  片山瞳 × 松田美由紀 写真集
  私の好きな孤独
  
   発売元 ◎ リトルモア
   定  価 ◎ ¥3,465- (税込)
   Copyright © 2008 Little more + Office saku

 現在最も期待される新人女優片山瞳を2年間にわたり密着撮影。
 不安や寂しさと向き合って生きてゆく女性の強さと美しさに迫った、
 松田美由紀、写真家としてのデビュー作。
 2008年7月1日(月)、青山ブックセンター本店&六本木店にて先行販売
 以後、順次全国書店にて発売!!


すでに美由紀さんはフォトグラファーとして、
カーエンターテインメントマガジン 「GENROQ」 (三栄書房) 誌上で、
セレブリティーカーと旬の男たちを撮り下ろす企画連載に取り組んでいます。
最新号に登場しているのは、永瀬正敏さん。 (・・・スゴイ

その美由紀さんが、 『世界はときどき美しい』 での共演を機にして
瞳さんと出会い、心酔。
プライベートなフォト・セッションからスタートしたものの、
いつしか二人のコラボレーションはグングンと熱をおびてしまい、
ついには美由紀さんの写真家デビュー作ともいえる
渾身のアートブックとして完成したのでした

瞳さんにとっても、これがファースト写真集。
リトルモアから写真集を出した女優さんたちは、
江角マキコさんや伊東美咲さん等々
あらかじめブレイクすることを運命づけられた方々ばかり。
瞳さんの未来に期待してしまいます

 
 「誰にでも見せるものじゃないから裸は繊細」
 松田美由紀 『フレンズ ポールとミシェル』 DVD発売記念
 試写会でヌード写真集を発表

 Copyright © 2008 Read Business Information Japan K.K.


TV LIFE
eiga.com
Cinema Cafe.net
シネマトゥデイ
Frill me, Thrill me!

瞳さんの過去ログは、右サイドバーの 「Category」 から
「片山瞳より」 を選択してお読みください。
インタビュー記事は、「Report & Interview」 をどうぞ
公式プロフィールは、こちら。
posted by seka-toki at 22:37 | お知らせ

2008年03月20日

第22回 高崎映画祭

宣伝担当です。
すでに前のブログで監督がお報せしてくれましたが、
今年で22回目の歴史をほこる 「高崎映画祭」。
3月29日から16日間にわたって開催される会期中、
「若手監督の現在 (いま)」 と題されたプログラムの一本として
『世界はときどき美しい』 が上映されます。

大手メジャーからインディペンデント系の配給会社まで含め、
昨年一年間に公開された日本映画は400本以上ともいわれています。
その約半数が新人監督による作品だと聞きました。
ほとんどが 「映画」 とは名ばかりで、映画館での上映はおざなり。
ビデオレンタル店の棚へ直行していくばかりの作品が量産される今、
「映画監督デビュー」 という出来事はかつての重みを失ってしまいました。
そんな現状だからこそ、若手監督の 「現在」 と 「これから」 を見据えることは、
厳しい批評性をはらんでいるように感じます。

高崎映画祭の審美眼に問われた御法川修監督・・・!!
上映されるフィルムも緊張していることでしょう。 (笑)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎ 第22回 高崎映画祭 「若手監督の現在 (いま)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『世界はときどき美しい』 上映
 【日時】 4月10日(木) 14:50 〜 16:00
      4月11日(金) 20:00 〜 21:10
 【会場】
シネマテークたかさき

数ある作品の中から選んでいただけたことを光栄に思うと共に、
地方の映画ファンの方々と劇場で出会える機会を与えられたことが、
なによりも嬉しいです。
高崎映画祭を運営する実行事務局の皆さま、
本当にありがとうございました。

もうひとつ、お報せです。

東映作品を中心にラインナップが組まれる
エンタテインメント・チャンネル 「東映チャンネル」。
その中で、日本映画の新作&話題作を紹介する 「シネマパラス」。
『世界はときどき美しい』 は、お正月番組としてオンエアされましたが、
好評につき再放送が決定しました


  【Timetable
  4月09日(水) 14:00 〜 15:30
  4月26日(土) 12:00 〜 13:15

posted by seka-toki at 17:19 | お知らせ

2008年03月16日

コーヒーの不思議

御法川です。
監視つきカンヅメ脚本書きも佳境に入って、
ほっと息をつけるのは近所のスターバックスに出かけるときだけ。
タンブラーを持参することを覚えてから、よく通っています。

コーヒーは不思議です。
ほんとうに。

コーヒーは、コーヒーを飲むということだけが全てでなくて、
コーヒーを飲みながら、きっと何かをしている。
というより、コーヒーを飲みながらする何かのために、
コーヒーという飲み物は必要なのかもしれない。
たとえば、話をするために。
うなずいたり、笑ったりするために。
ときには、誰かを待つために。
あるいは、何もしないということをするためにさえ。

今日のようにいい天気の日なら、
歩きながらタンブラーのフタを開けてしまう。
開けてしまったら、ついつい飲み口に唇を運んでしまう。

歩きながら、飲む。

飲みながら歩くぼくの肌に射す陽の光も道を歩む。
日陰から陽だまりへ。

風が吹きぬけて鼻先をすべってゆく。
日陰から陽だまりへ。

猫は陽の光が集まる場所を知りぬいている。
日陰から陽だまりへ。

春なんですね。

◆付記
『アヒルと鴨のコインロッカー』 (中村義洋監督) での演技が評価され、
第22回 高崎映画祭の最優秀助演男優賞を受賞した松田龍平殿!!
おめでとう。
心から。

松田龍平の存在は、
不毛な環境で量産される 「日本映画」 に抗って咲く強い花だ。

同映画祭が 『サッド ヴァケイション』 の石田えりさんに
最優秀主演女優賞を贈られたその見識にも深く共鳴します。
女優細胞を震わせる石田えりさんの凄みと美しさは、
もっともっと讃えられるべき貴重なお仕事だったはず。

ちなみに・・・
『世界はときどき美しい』 も同映画祭で上映されます。
「若手監督の現在 (いま)」 と題されたプログラムに組んでいただけたこと、
これからの励みにしたいと思います。
posted by seka-toki at 05:19 | 御法川修より

2008年03月09日

電子交差点はつづく

宣伝担当です。
大変ご無沙汰をしてしまいました。
昨年の今ごろは、公開初日を目前に控えて大わらわでした。
あれから一年が経つというのに、このブログは今も継続中。
ゆっくりとした更新ではありますが、引き続き見守ってくださいね。

DVDも、レンタル店では旧作の範ちゅうに入る時期にきていながら、
いまだ回転は好調との報せ
現在TSUTAYAでは 「GIRL’S STYLE」 コーナーに並んでいます。
これは鈴木杏さんがレコメンドしてくれたおかげ。
先日ふらりと立ち寄った渋谷のTSUTAYAでは在庫が全て貸出し中。
邦画のレンタル・ランキングでは30位前後をキープしているとのこと。
単館レイトショー作品のDVDとしては異例の健闘ぶり。
嬉しいですね。

あれよあれよとミクシィのDVDレヴューも300件を超えています。
右サイドバーの 「Links」 から飛べますので、興味のある方は是非どうぞ。

ひとつの映画を観たことから新たな感情が生まれ、
考えたり発見したことを、書く。
それをオープンな場に提出できるという、
この 「知的生活」 をポジティブに活かしていくことができたなら、
本当に素晴らしいですね。

・・・そんな希望を込めて、
ネット上で見つけた感想文をご紹介する 「電子交差点」 第6弾!!

電子交差点
続・電子交差点
電子交差点 その3
またまた電子交差点
まだまだ電子交差点

監督に薦められて読んだ梅田望夫さんの著書、
ウェブ進化論」 の影響が大なのですが、
『世界はときどき美しい』 を観てくれた方々の声を、
電子空間の網目をぬって一所に集めてみることで、
そこから浮かび上がる新たな 『世界はときどき美しい』 を
私自身が見てみたいという期待があります。

これまで同様、勝手にリンクさせていただくことをお許しください。
日付順に並べさせてもらいますね。
書いてくださった皆さま、ありがとうございます

 たとえば風に舞う木の葉のように
 Cafe' de teo'
 ダラリ。
 芸術鑑賞のきろく
 Mikakobiyoriニッキ
 MONOLOGUE
 月球儀通信
 KURIのブログ
 日っ歩 〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
 青息吐息は毒混じり
 ゆるい日常。
 sakura+web-entertainment
 アンバランス通信
 ポップコーン
 日記帳
 パレード
 極私的映画のススメ
 排除する骨。
 ひとりっ子でもいいよね♪
 意味も無くなんとなく

以降は、右サイドバーの 「Heartful Review」 に随時アップしていきます。
posted by seka-toki at 16:10 | 電子交差点

2008年03月08日

シネマ夢倶楽部

御法川です。
寒さもゆるんできたように感じて薄着で出かけたら、
ひょう混じりの雨に降られてしまいました。
只今びしょ濡れの服を乾かしているところ。
この不安定な気候を通りぬけると、春なんでしょうね。
近所の遊歩道には梅が咲いています。

そんな中、いちばん嬉しかった報せ。
昨年7月に 『世界はときどき美しい』 を招いてくれた福岡アジア映画祭。
今年で開催22年目を迎える長い歴史と実績、
その運営を有志の力だけで推進してきた地道な取り組みが讃えられ、
(財)日本ファッション協会が主催する 「シネマ夢倶楽部」 において
「シネマ文化賞」 を受賞されました。

映画祭実行委員長の前田秀一郎さん、今村ミヨさん。
おめでとうございます。

映画祭の運営に尽力する有志の方々にとっては、
大きな励みと誇りになったはずです。
そして、この映画祭に招かれた多くの映画人にとっても。

あの日・・・
福岡アジア映画祭には片山瞳と一緒に招かれたのでした。
上映に立ち会ったあとは近くの宴席へ移動し、
『王の男』 のイ・ジュンイク監督らと共に乾杯。
日本語しか駆使できないぼくではありましたが、
福岡にいながらアジアの大きな十字路に立っているイメージを
くっきり強く照らし出されたひと時でした。

大きく普遍的なものと、小さくても具体的なもの。
そのふたつを絶えず共振させられたなら、
ぼくらが今生きる場所は世界の真っただ中だと知覚できるはず。

あんなに降っていた雨はもうやんでいる。
朝は地球の裏側で、
いま見えるのは、ただの当り前の夜空です。

天神経済新聞
過去ログ

◆付記
このブログにコンタクトしてくださった方々のメール、
ぼくから返信を怠ったままになっていますが、
確かに拝読しております。

映画の感想を伝えようとしてくれた皆さんの行動に、
尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。
ぼくのような、かぼそい仕事を続けるものには、
寄せられた声が心の支えになっています。

公開から一年が経とうというのに、
今も多くの人たちが 『世界はときどき美しい』 と
出会ってくれているのですね。
うれしい。
posted by seka-toki at 03:32 | 御法川修より
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。