Welcome  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

   このブログは、映画 『世界はときどき美しい』 の御法川修監督と、
  女優デビューを飾った片山瞳さんの交換ブログとしてスタートしました。
  映画は、第19回 東京国際映画祭でお披露目されたのち、
  2007年3月31日に渋谷ユーロスペースで封切られました。
  以後、順次全国で公開された他、国内外13の映画祭でも上映。
  現在はDVDが発売&レンタル中です。

  日本映画バブルの渦の中で公開された、小さな小さな一本ですが、
  製作に携わった私たちにとっては、かけがえのない大切な作品です。
  振り返れば、最初は行き先の不安な船出でした。
  ゆっくり一年をかけて、思いがけないほど多くの観客に恵まれた今は、
  映画のタイトルを口にして、その響きに深く頷いてしまいます。

  このブログは、私たちの映画が歩んだ一年間の軌跡です。
  右サイドバーに整理された情報は、メモリアルアルバムのような趣き。
  劇場へ足を運んでくださった方、DVDで新たに映画と出会ってくれた方、
  これからも多くの人たちが、このブログを訪ねてくれることでしょう。
  この映画が、それぞれの暮らしの中で育まれることを祈っています。
  これからもずっとずっと。  (2008年5月21日掲載)



  News Release  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

  ◆御法川修監督の最新作が2作品同時に始動!!
      sankeiwest.gif
   Irodori_Rogo-A.jpg
   出演◎吉行和子/富司純子/中尾ミエ/藤 竜也
        平岡祐太/村川絵梨/戸次重幸
   主題歌◎原 由子 「ヘブン」   配給◎ショウゲート
   脚本◎西口典子  監督◎御法川 修
   2012年秋、シネスイッチ銀座 他 全国公開
   Copyright © 2012 「人生、いろどり」 製作委員会

   Suchan_Main.jpg imagesCAJCMW11.jpg
   映画 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
   主演◎柴咲コウ/真木よう子/寺島しのぶ
   原作◎益田ミリ (幻冬舎刊)
   脚本◎田中幸子  監督◎御法川 修
   配給◎スールキートス  2013年、全国公開

   Copyright © 2012 「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」 製作委員会
   (2012年4月15日掲載)


  ◆片山瞳さんの最新作は、映画 『海燕ホテルブルー』 のヒロイン
   第60回ベルリン国際映画祭で銀熊賞 (最優秀女優賞) を受賞した
   寺島しのぶさん主演作 『キャタピラー』 など話題作を次々発表している
   鬼才若松孝二監督の最新作で、片山瞳さんがヒロインに抜擢
   直木賞作家船戸与一氏による同名小説の映画化。
   下のバナーを Click 予告編をご覧いただけます。
   (2011年10月28日掲載)
   


  ◆御法川修監督が手がけたコーポレート映像が受賞
   美容サロン用ヘア化粧品の総合メーカーとして国内トップを誇る
   (株)ミルボンの創業50周年記念映像を御法川監督が演出しました。
   片山瞳さんも特別出演されています。
   記念式典で一度限り上映される作品として完成したのですが、
   映像文化製作者連盟が主催する映像祭 「映文連アワード2010」 の
   大賞に当たる経済産業大臣賞を受賞しました。
   (2010年9月30日掲載)

   


 ◆『SOUL RED 松田優作』 (監督御法川修)
  生誕60年没後20年のメモリアルとして、
  最初で最後の公式ドキュメンタリー映画が誕生
  今なお人々の心に生き続ける男の軌跡。

  ★DVD発売中 ★ORICON TOP
  第22回 東京国際映画祭 特別招待作品
  Copyright © 2009 SOUL RED Film Partners 


◆御法川修監督が手がけたテレビCM が好評オンエア中
  映画界の豪華スタッフが顔をそろえ、贅沢な仕上がりになっています。
  是非ご覧になってください。
  (2009年3月1日掲載)

 

  スープで食べる、野菜のおいしく新しいカタチ 「ベジさめ」 新発売
  TV-CM 「モノクローム」 篇 Starring 加藤ローサ
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.


  第49回 「消費者のためになった広告コンクール」 金賞受賞
  
  For Earth,For Life 〜 株式会社クボタ
  TV-CM 「過去と未来 (eプロジェクト地球小屋)」 篇
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.


2007年05月22日

爆音の余韻

片山瞳さま

御法川です。
爆音上映にたくさんの方々が来てくれて本当によかった。 ね
ぼく自身が観たい 見せたい という上映形態を再現できたことが、
なによりうれしい。
まだ爆音の余韻に浸っています。

ぼくが伝えたかったことは、
“ささやか” なものを ささやかなまま差し出すのではなくて、
ささやかであるものに秘められた 「宇宙」 です。
世界の奥ゆき。
その奥ゆきを再現するためには、
そもそもあれだけの音量が必要だった。
もちろん映画の作り手として劇場の音量基準は承知していたから、
映画の仕上げ時に音圧を高めに整えていたんです。
小さな音の再現には特に細かく気を配った。
それなのに、思うように再生されない。
しかたないのかな・・・と、納得しようと思った時もあったけど、
まだまだやれることがある。
今回の爆音上映で、それを確信できました。

このブログでも度々書いてきたことだけど、
人の感受性というのは、
その人が “なにを” 知っていて、“なにを” 知らないかに深く影響されます。
人は 「知る」 ことで感受の幅を広げていけるんです。
味覚だって鍛えられるでしょ。
いくら高級食材だと言われても、
味わう経験をもてなければ “おいしい” と感じられないように。
高級料理と吉野家の牛丼を比べて、オレは牛丼の方が好きだ と言うのは自由。
だからといって、好き嫌い、という生理的な反応を吐き出すばかりじゃ、
世界の奥ゆきはつかめない。
おいしいものがあるなら食べてみたいし、
より美しい世界があるなら見てみたい、触れてみたい。
でしょ。

映画館の音量を上げる、たったそれだけのことが最初の一歩です。
ここからはじめられることがたくさんある。
映画を作る側と観る側。両者をつなぐ映画館。
共に真摯なエネルギーを交換していきたいです。

上映前には、あなたに詩を朗読してもらいました。
舞台挨拶のたびに引っぱり回して、
その上いきなり詩を読んでくれ、だなんて、かなり恐縮だったけど。
(ゴメンね。でも、引き受けてくれてありがとう)
でもね、ぼくらが舞台で挨拶することが劇場に集まってくださった方々にとって、
どれだけ価値を付加できているんだろう?
「舞台挨拶」 ということも、安易なお約束ごとになってやしないか。
そんなことを考えて、
あなたに詩を読んでもらおうと思いついたわけです。

「そんなもんだよ」 とか、「しかたない」 という言葉に邪魔されたくない。
今できるかぎりを尽くしたいと思っています。

さあ、とうとう 「吉祥寺バウスシアター」 での上映も25日(金)が最終日。
プロデューサーの西さんと一緒に最後の舞台挨拶です。

◆私的追伸
8週間の上映のうちに、観客の皆さんと知り合える機会にも恵まれ、
うれしく思っています。
声をかけてくださった皆さんに感謝。
心から。
  
三度も見てくれたという みつきとも さん。
いつもご夫婦で仲むつまじい。
プレゼントしていただいたプリザーブドフラワーのアレンジメント。
仕事場に飾っていますよ。

希望の仕事に就くことができたと報告してくれた坂本恵理さん。
それぞれの場所で共にがんばろうよね

手紙をくれた城間直美さん。
30歳の誕生日を迎えたころでしょうか。
おめでとう。
元気でいてくれたらうれしい。


posted by seka-toki at 14:10 | 御法川修より
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。