Welcome  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

   このブログは、映画 『世界はときどき美しい』 の御法川修監督と、
  女優デビューを飾った片山瞳さんの交換ブログとしてスタートしました。
  映画は、第19回 東京国際映画祭でお披露目されたのち、
  2007年3月31日に渋谷ユーロスペースで封切られました。
  以後、順次全国で公開された他、国内外13の映画祭でも上映。
  現在はDVDが発売&レンタル中です。

  日本映画バブルの渦の中で公開された、小さな小さな一本ですが、
  製作に携わった私たちにとっては、かけがえのない大切な作品です。
  振り返れば、最初は行き先の不安な船出でした。
  ゆっくり一年をかけて、思いがけないほど多くの観客に恵まれた今は、
  映画のタイトルを口にして、その響きに深く頷いてしまいます。

  このブログは、私たちの映画が歩んだ一年間の軌跡です。
  右サイドバーに整理された情報は、メモリアルアルバムのような趣き。
  劇場へ足を運んでくださった方、DVDで新たに映画と出会ってくれた方、
  これからも多くの人たちが、このブログを訪ねてくれることでしょう。
  この映画が、それぞれの暮らしの中で育まれることを祈っています。
  これからもずっとずっと。  (2008年5月21日掲載)



  News Release  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

  ◆御法川修監督の最新作が2作品同時に始動!!
      sankeiwest.gif
   Irodori_Rogo-A.jpg
   出演◎吉行和子/富司純子/中尾ミエ/藤 竜也
        平岡祐太/村川絵梨/戸次重幸
   主題歌◎原 由子 「ヘブン」   配給◎ショウゲート
   脚本◎西口典子  監督◎御法川 修
   2012年秋、シネスイッチ銀座 他 全国公開
   Copyright © 2012 「人生、いろどり」 製作委員会

   Suchan_Main.jpg imagesCAJCMW11.jpg
   映画 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
   主演◎柴咲コウ/真木よう子/寺島しのぶ
   原作◎益田ミリ (幻冬舎刊)
   脚本◎田中幸子  監督◎御法川 修
   配給◎スールキートス  2013年、全国公開

   Copyright © 2012 「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」 製作委員会
   (2012年4月15日掲載)


  ◆片山瞳さんの最新作は、映画 『海燕ホテルブルー』 のヒロイン
   第60回ベルリン国際映画祭で銀熊賞 (最優秀女優賞) を受賞した
   寺島しのぶさん主演作 『キャタピラー』 など話題作を次々発表している
   鬼才若松孝二監督の最新作で、片山瞳さんがヒロインに抜擢
   直木賞作家船戸与一氏による同名小説の映画化。
   下のバナーを Click 予告編をご覧いただけます。
   (2011年10月28日掲載)
   


  ◆御法川修監督が手がけたコーポレート映像が受賞
   美容サロン用ヘア化粧品の総合メーカーとして国内トップを誇る
   (株)ミルボンの創業50周年記念映像を御法川監督が演出しました。
   片山瞳さんも特別出演されています。
   記念式典で一度限り上映される作品として完成したのですが、
   映像文化製作者連盟が主催する映像祭 「映文連アワード2010」 の
   大賞に当たる経済産業大臣賞を受賞しました。
   (2010年9月30日掲載)

   


 ◆『SOUL RED 松田優作』 (監督御法川修)
  生誕60年没後20年のメモリアルとして、
  最初で最後の公式ドキュメンタリー映画が誕生
  今なお人々の心に生き続ける男の軌跡。

  ★DVD発売中 ★ORICON TOP
  第22回 東京国際映画祭 特別招待作品
  Copyright © 2009 SOUL RED Film Partners 


◆御法川修監督が手がけたテレビCM が好評オンエア中
  映画界の豪華スタッフが顔をそろえ、贅沢な仕上がりになっています。
  是非ご覧になってください。
  (2009年3月1日掲載)

 

  スープで食べる、野菜のおいしく新しいカタチ 「ベジさめ」 新発売
  TV-CM 「モノクローム」 篇 Starring 加藤ローサ
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.


  第49回 「消費者のためになった広告コンクール」 金賞受賞
  
  For Earth,For Life 〜 株式会社クボタ
  TV-CM 「過去と未来 (eプロジェクト地球小屋)」 篇
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.


2007年06月06日

続・電子交差点

宣伝担当です。
「渋谷ユーロスペース」 での上映真っ盛りだった4月に、
ネット上で見つけた感想をご紹介したのを憶えていらっしゃいますか。
電子交差点

『世界はときどき美しい』 を劇場でご覧になり、
たいせつに思ってくださった方々の声を、
電子空間の網目をぬって一所に集めてみたい。
このブログもそうですが、誰かが読んでくれている、
誰かに声が届いている、その想いを相互に交換できたら・・・
と考えての試みでした。

今回は、その第二弾
前回同様、勝手にリンクさせていただくことをお許しください。
日付順に並べさせてもらいますね。

 気ままに映画日記 ☆
 PukaPuka...
 たまけり日記
 色とりどりの日々
 カナダ人は傘をささない
 佐志田島のMovie Diary
 bettin record
 あめのあと〜日常のキラキラした優しい風景
 my way, My Way アカルイミライ
 にんじんきらい
 silent child
 K*DIARY
 雅人の部屋

みなさん、ありがとうございます。
褒めてもらえることは、もちろん素直にうれしいです。
励みにもなります。
でも、それだけではありません。

みなさんの感想には、
まだ映画をご覧になっていない方々を劇場へと駆り立てる力があります。

映画のことでなくても、一冊の本、一枚のCD。
あるいは、生活の中の発見。
どんなことであっても、すてきなものを見つけ、それを伝えること。
伝えられること。
これがインターネットの力ではないでしょうか。
とかく匿名の悪意で埋まりがちな電子空間を、
エネルギーに満ちた情報交換の場にしてゆくことが、
まだまだできるんですね。

優れた批評は、常に人を 「行動」 へと駆り立てるものです。
未知の映画を観てみようと思わせるキッカケ、
一冊の本を探しに書店へ走る動機、
生活を豊かにする新しいアイディア。
そんなふうにブログが活かされたら、うれしいですよね。

HMVのフリーペーパー 「the music&movie master」 で、
松田龍平さんがオススメの10タイトルを紹介しています。
しっかり 『世界はときどき美しい』 のサントラ盤をピックアップ。
龍平さんのコメントは・・・
 とにかく映像美が見所の映画のサントラです。
 本編には僕も出てるんですけど、完成した映画
 を観たとき、音楽と映像がすごくマッチしてて
 とても良かった。サントラだけでも聴いてみると
 良いかもしれません


サントラ盤は好評発売中。
ジャケットから封入ブックレットまで、
映画の宣伝ヴィジュアルを手がけた奥村香奈さんがデザイン。
監督とレコード会社のスタッフが隅々までこだわり、
想いを込めた一枚です。
posted by seka-toki at 13:12 | 電子交差点
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。