Welcome  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

   このブログは、映画 『世界はときどき美しい』 の御法川修監督と、
  女優デビューを飾った片山瞳さんの交換ブログとしてスタートしました。
  映画は、第19回 東京国際映画祭でお披露目されたのち、
  2007年3月31日に渋谷ユーロスペースで封切られました。
  以後、順次全国で公開された他、国内外13の映画祭でも上映。
  現在はDVDが発売&レンタル中です。

  日本映画バブルの渦の中で公開された、小さな小さな一本ですが、
  製作に携わった私たちにとっては、かけがえのない大切な作品です。
  振り返れば、最初は行き先の不安な船出でした。
  ゆっくり一年をかけて、思いがけないほど多くの観客に恵まれた今は、
  映画のタイトルを口にして、その響きに深く頷いてしまいます。

  このブログは、私たちの映画が歩んだ一年間の軌跡です。
  右サイドバーに整理された情報は、メモリアルアルバムのような趣き。
  劇場へ足を運んでくださった方、DVDで新たに映画と出会ってくれた方、
  これからも多くの人たちが、このブログを訪ねてくれることでしょう。
  この映画が、それぞれの暮らしの中で育まれることを祈っています。
  これからもずっとずっと。  (2008年5月21日掲載)



  News Release  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

  ◆御法川修監督の最新作が2作品同時に始動!!
      sankeiwest.gif
   Irodori_Rogo-A.jpg
   出演◎吉行和子/富司純子/中尾ミエ/藤 竜也
        平岡祐太/村川絵梨/戸次重幸
   主題歌◎原 由子 「ヘブン」   配給◎ショウゲート
   脚本◎西口典子  監督◎御法川 修
   2012年秋、シネスイッチ銀座 他 全国公開
   Copyright © 2012 「人生、いろどり」 製作委員会

   Suchan_Main.jpg imagesCAJCMW11.jpg
   映画 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
   主演◎柴咲コウ/真木よう子/寺島しのぶ
   原作◎益田ミリ (幻冬舎刊)
   脚本◎田中幸子  監督◎御法川 修
   配給◎スールキートス  2013年、全国公開

   Copyright © 2012 「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」 製作委員会
   (2012年4月15日掲載)


  ◆片山瞳さんの最新作は、映画 『海燕ホテルブルー』 のヒロイン
   第60回ベルリン国際映画祭で銀熊賞 (最優秀女優賞) を受賞した
   寺島しのぶさん主演作 『キャタピラー』 など話題作を次々発表している
   鬼才若松孝二監督の最新作で、片山瞳さんがヒロインに抜擢
   直木賞作家船戸与一氏による同名小説の映画化。
   下のバナーを Click 予告編をご覧いただけます。
   (2011年10月28日掲載)
   


  ◆御法川修監督が手がけたコーポレート映像が受賞
   美容サロン用ヘア化粧品の総合メーカーとして国内トップを誇る
   (株)ミルボンの創業50周年記念映像を御法川監督が演出しました。
   片山瞳さんも特別出演されています。
   記念式典で一度限り上映される作品として完成したのですが、
   映像文化製作者連盟が主催する映像祭 「映文連アワード2010」 の
   大賞に当たる経済産業大臣賞を受賞しました。
   (2010年9月30日掲載)

   


 ◆『SOUL RED 松田優作』 (監督御法川修)
  生誕60年没後20年のメモリアルとして、
  最初で最後の公式ドキュメンタリー映画が誕生
  今なお人々の心に生き続ける男の軌跡。

  ★DVD発売中 ★ORICON TOP
  第22回 東京国際映画祭 特別招待作品
  Copyright © 2009 SOUL RED Film Partners 


◆御法川修監督が手がけたテレビCM が好評オンエア中
  映画界の豪華スタッフが顔をそろえ、贅沢な仕上がりになっています。
  是非ご覧になってください。
  (2009年3月1日掲載)

 

  スープで食べる、野菜のおいしく新しいカタチ 「ベジさめ」 新発売
  TV-CM 「モノクローム」 篇 Starring 加藤ローサ
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.


  第49回 「消費者のためになった広告コンクール」 金賞受賞
  
  For Earth,For Life 〜 株式会社クボタ
  TV-CM 「過去と未来 (eプロジェクト地球小屋)」 篇
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.


2007年06月13日

ナナゲイのこと

片山瞳さま

 御法川です。
 大阪 「第七藝術劇場」 の初日に立ち会って
 きました。
 当日のレポートを、劇場支配人の松村厚さん
 が熱くまとめてくれています。
 (松村さん、お会いできてよかった。 本当に

 劇場ロビーには、インタビュー記事を掲示
 した映画の特集コーナーまで設えてあって、
 『世界はときどき美しい』 が大事にされている
 のを感じて、とてもうれしかった。
 劇場スタッフの笑顔もすてきで、
 これまた気分よし。 (笑)

「第七藝術劇場」 は、「ナナゲイ」 の愛称で親しまれている映画館。
場所は、大阪は十三(じゅうそう)の栄町商店街にあります。
映画 『ブラックレイン』 の劇中で、マイケル・ダグラスとアンディ・ガルシアが
暴走族に絡まれるシーンで登場した場所がココ。
映画の中では、ひと気のないスモークに霞む幻想的なネオン街だったけど、
実際はケバケバしい原色の街。
人の往来もせわしないしね。
『ブラックレイン』 の撮影時には、いったいどれだけの交通遮断をしたのか
と呆れながら、現実の路上に立ち尽くしてしまったよ。

歓楽街・・・露骨に言えばピンク街の中心になっている商店街だから、
女性がひとりで歩きにくい雰囲気だけど、
じつは女性にはまったく無害で、危険なのは男性の方。
歩いているそばから呼び込みの嵐だからね。
でもぼくは、こんな猥雑な空気が嫌いじゃない。
スケベなことを考えなければ、けっこう笑えるんだよね。
生きてる、そこらじゅうで生きてる。
これもまた、人の営みのひとつなんだし。

そんな界隈にある 「ナナゲイ」 は、
かつて映画館を 「こや」 と呼んだ気分を実感させる、
まさに街の映画館。
山田洋次監督の名著のタイトル 「映画館(こや)がはねて」 (中公文庫) を、
ふと思い出した。
100席に満たないミニシアターだけど、客席はゆったりとした作り。
一時、経営難で閉鎖されたものの、街から映画の火を消してはいけない !!
という切実な想いに支えられて、昨年末に再オープンできた経緯があります。

劇場の運営再開に奔走したのが現支配人の松村さん。
運営委員の一人に、京都府舞鶴市で建設機械メーカーの代表を務めながら、
近年の日本映画界に意欲作を送り込む志摩敏樹プロデューサーが携わって
いることからも、この映画館が日本で創られるインデペンデント映画の最前線
を担っていることは明らか。

渋谷ユーロスペース、吉祥寺バウスシアター、名古屋シネマスコーレと来て、
今回の第七藝術劇場。
ぼくはその全ての劇場を巡り、
直に劇場を運営されている方々とお話することができた。
これは、大きな収穫となっています。

“日本映画バブル” と謳われる中、
国内の製作本数は700本近いなどと伝えられてはいるけど、
その大半はDVDセールスの宣伝を目的としたアリバイ興行の
“ための” 映画でしかない。
ともかく映画館で上映できさえすれば極端な話、
観客がいなくてもいいワケ。
上映されたという事実にかこつけて、
DVDのパッケージに 「劇場公開作品」 と表記されれば、
レンタル店への出荷率が上がる・・・というカラクリね。
ぼくもきれいな身の上ではないから、
このことを頭から否定できない。

でもさ、観客を期待されていない映画と、
それを上映しなければならない映画館の消耗は、
考えるだけでせつないよ。

一本の映画が創られるためには、どんな小さな作品であっても
個人では責任を負えない巨額の資金を必要とする。
当然、再生産のための資金回収と利益を上げることが事前に計画される。
そのためのビジネスの枠組みがあることも重々承知している。
でもね、なにやら縮小再生産の袋小路におちいってやしないか・・・と
歯がゆい気持ちでいるのは確か。

映画を創り、それを映画館で観ていただくこと。
そのためには、まだまだやらなければいけないこと、やれることがある。
(ねっ、松村さん

朝、大阪に着いてからのこと。
十三駅の改札を出ると、すぐ目の前に一杯呑み屋。
暖簾をくぐると、威勢のいい声で迎えてくれる。
プロデューサーの西さんから頂戴した餞別入りの封筒に手刀を切って、
昼間から一杯。 (一杯だけね)
コップ酒¥350也。
グラスに口をつけてすすりながら、ふと思う。
はたして映画は、このたった一杯のコップ酒のありがたみと
しっかり渡り合えているだろうか・・・と。
ぼくも、そしてカウンターの中のおやじも、
この一杯のお酒をバカになんてしない。
ナメテもいない。
求められ、それを提供し、「ありがとう」 と送り出す。
そんな末端の気分から確認したいことがあります。
真っ当な信頼関係を取り戻したいのです。

◆追伸
今日は、市川実日子さんの誕生日。
お祝いの気持ちを。
心から。


posted by seka-toki at 21:07 | 御法川修より
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。