Welcome  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

   このブログは、映画 『世界はときどき美しい』 の御法川修監督と、
  女優デビューを飾った片山瞳さんの交換ブログとしてスタートしました。
  映画は、第19回 東京国際映画祭でお披露目されたのち、
  2007年3月31日に渋谷ユーロスペースで封切られました。
  以後、順次全国で公開された他、国内外13の映画祭でも上映。
  現在はDVDが発売&レンタル中です。

  日本映画バブルの渦の中で公開された、小さな小さな一本ですが、
  製作に携わった私たちにとっては、かけがえのない大切な作品です。
  振り返れば、最初は行き先の不安な船出でした。
  ゆっくり一年をかけて、思いがけないほど多くの観客に恵まれた今は、
  映画のタイトルを口にして、その響きに深く頷いてしまいます。

  このブログは、私たちの映画が歩んだ一年間の軌跡です。
  右サイドバーに整理された情報は、メモリアルアルバムのような趣き。
  劇場へ足を運んでくださった方、DVDで新たに映画と出会ってくれた方、
  これからも多くの人たちが、このブログを訪ねてくれることでしょう。
  この映画が、それぞれの暮らしの中で育まれることを祈っています。
  これからもずっとずっと。  (2008年5月21日掲載)



  News Release  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

  ◆御法川修監督の最新作が2作品同時に始動!!
      sankeiwest.gif
   Irodori_Rogo-A.jpg
   出演◎吉行和子/富司純子/中尾ミエ/藤 竜也
        平岡祐太/村川絵梨/戸次重幸
   主題歌◎原 由子 「ヘブン」   配給◎ショウゲート
   脚本◎西口典子  監督◎御法川 修
   2012年秋、シネスイッチ銀座 他 全国公開
   Copyright © 2012 「人生、いろどり」 製作委員会

   Suchan_Main.jpg imagesCAJCMW11.jpg
   映画 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
   主演◎柴咲コウ/真木よう子/寺島しのぶ
   原作◎益田ミリ (幻冬舎刊)
   脚本◎田中幸子  監督◎御法川 修
   配給◎スールキートス  2013年、全国公開

   Copyright © 2012 「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」 製作委員会
   (2012年4月15日掲載)


  ◆片山瞳さんの最新作は、映画 『海燕ホテルブルー』 のヒロイン
   第60回ベルリン国際映画祭で銀熊賞 (最優秀女優賞) を受賞した
   寺島しのぶさん主演作 『キャタピラー』 など話題作を次々発表している
   鬼才若松孝二監督の最新作で、片山瞳さんがヒロインに抜擢
   直木賞作家船戸与一氏による同名小説の映画化。
   下のバナーを Click 予告編をご覧いただけます。
   (2011年10月28日掲載)
   


  ◆御法川修監督が手がけたコーポレート映像が受賞
   美容サロン用ヘア化粧品の総合メーカーとして国内トップを誇る
   (株)ミルボンの創業50周年記念映像を御法川監督が演出しました。
   片山瞳さんも特別出演されています。
   記念式典で一度限り上映される作品として完成したのですが、
   映像文化製作者連盟が主催する映像祭 「映文連アワード2010」 の
   大賞に当たる経済産業大臣賞を受賞しました。
   (2010年9月30日掲載)

   


 ◆『SOUL RED 松田優作』 (監督御法川修)
  生誕60年没後20年のメモリアルとして、
  最初で最後の公式ドキュメンタリー映画が誕生
  今なお人々の心に生き続ける男の軌跡。

  ★DVD発売中 ★ORICON TOP
  第22回 東京国際映画祭 特別招待作品
  Copyright © 2009 SOUL RED Film Partners 


◆御法川修監督が手がけたテレビCM が好評オンエア中
  映画界の豪華スタッフが顔をそろえ、贅沢な仕上がりになっています。
  是非ご覧になってください。
  (2009年3月1日掲載)

 

  スープで食べる、野菜のおいしく新しいカタチ 「ベジさめ」 新発売
  TV-CM 「モノクローム」 篇 Starring 加藤ローサ
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.


  第49回 「消費者のためになった広告コンクール」 金賞受賞
  
  For Earth,For Life 〜 株式会社クボタ
  TV-CM 「過去と未来 (eプロジェクト地球小屋)」 篇
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.


2007年06月22日

たまには酒場で

草野康太さま

御法川です。
片山瞳とは電話で元気な声を聞く機会があったので。
今日は宛先を変えてみることに。

ブログ、読みました。 ◎草の便り
声を返してくれてありがとう。
・・・ でも、なんだか照れくさいな。
自分で書いたものを改めて読んでみても、気負い過ぎてて赤面。
諸先輩方からは 「御法川も青いな」 などと忠告を頂戴したりしましたよ。
おっしゃる通り と、笑って返事しといたけどね。
青くて結構。
まだまだ魂の部分で勝負するつもりだし。

ぼくは決して “いい子ぶる” つもりなんてない。
こうして 「映画」 に携わっていて、なにがしかの結果が出ても、
なにかが足りない。 満たされない。
なにが足りないのか、その答えを探している。
なにが足りないか?

うさんくさい物言いなのは百も承知で言えば、愛ですよ。
愛がないことが一番大きな罪なんだ。

パブロ・カザルスは、
演奏曲を安易に批評したり悪口を言いながらステージに立とうとした人を
怒鳴ってやめさせたそうです。
「おまえはこの曲を演奏する資格がない」 と。

いまぼくらのいる場所って、みんな内心よくないと思いながら、
感情を偽造しているようなこと、多くないですか。
あとでこっそり悪口を言う。
いつか自然に良くなればいい、自分には責任はないと見捨てている。
自分たちのちっちゃな土俵で、相撲も取らずに土俵入りばかりしている。

自分の仕事なんだもん。
喜びを持ってまっとうしたいよね。
そのためなら、どんなことだってするつもり。

ああダメだ。
また気負ってしまった。 (笑)
なにしろ今、ファイティングモードに入っているからね。

こんな時は酒場で、ちょっと一杯。
久しぶりに会いたいですな。

大阪 「第七藝術劇場」 での上映は今日 (22日) まで。
劇場のスタッフが連日、ようすを報せてくれます。
なかなか健闘しているようで、リピーターの方も多いとのこと。
読売新聞でも、その反響を記事にしてくれました。

大阪で落ち合う機会があったら、お薦めの酒場があります。
劇中のエピソード 『バーフライ』 で撮影したところ。


   ◎BAR 川名
   大阪市中央区難波1丁目1-8
   TEL 06-6213-5245
   営業時間 18時 〜 翌1時 (日曜定休)




織田作之助の 「夫婦善哉」 で知られる法善寺境内にある酒場。
初めて大阪を訪れた10年前に、
画家黒田征太郎さんに連れて行って頂いて以来、
ぼくにとっては大阪の玄関口となっている、たいせつな酒場。
ここでの記憶が、ぼくを “酒場好き” にした原因。
オーナーの川名正博さんは、えびす様をハードボイルドにしたような威風。
この界隈でニ度の火災があったことは知っているかもしれないけど、
その被害に遭いながらも、酒場の磁場は変わらず健在。
今回の大阪ロケでは大変お世話になりました。

東京で呑むなら、お薦めはイロイロあるけど、
六本木っていうのはどう?
ほぼ日」 でインタビューをしてくれた福嶋真砂代さんに教えてもらった酒場、
「TRAUMARIS (トラウマリス)」。
オーナーの住吉智恵さんは、
アートライターとして雑誌 「ART iT」 や 「東京人」 などに寄稿している方。
智恵さんも福嶋さんとそろって美女だよ。
・・・って、そんなことはどうでもいいんだけど、
お店のメルマガで映画のことを書いてくれています。
以下、転載。
(智恵さん、ありがとう

 号外 イチオシ映画情報
 東京上映は終わってしまいましたが、全国巡回中の映画、
 『世界はときどき美しい』 をご紹介します。
 5つの詩編からなるこの映画は、
 映像のドローイング集とよびたい端正なアンソロジー。
 グラスにふれる氷の音や、名も知れない植物の葉を透過する光をも
 丹念にすくいあげ、主人公の内面のゆらぎを投影させた視線は
 みずみずしく、日常の体温に限りなく近い。
 劇画タッチで愛を叫ぶ、日本映画バブルとは一線を画しています。
 8ミリフィルムをデジタル変換した映像の質感も絶妙。
 人間の肉眼にも似た、曖昧さとしたたかさをもっています。
 ぜひともDVDになる前に映画館で観てほしい作品。
 昨年の東京国際映画祭ほか、各国の映画祭に正式出品され、
 深く、静かに街のウワサ潜行中。


さて、23日(土)からは
「四日市中映シネマックス」 での上映がスタート。
一週間限定公開です。

6月30日(土)からは
京都みなみ会館」 にて。
公開初日には、不肖ワタクシの舞台挨拶を行わせていただきます。

7月07日(土)には
広島 「横川シネマ」 にて先行上映が決定しました。
7月28日からの本公開に先駆けて、一夜限りの特別上映です。

7月07日(土) 08日(日)は
第21回 福岡アジア映画祭」 に招かれての特別上映。
こちらは片山瞳が故郷に錦を飾ります (喩えが古いかな?)

そんなわけで、近々呑みましょう。
片山瞳はお酒が全然ダメだから、男ふたりで。
(仲間ハズレにするわけじゃないからね)

・・・ しかし、いつ呑めるだろうか。
ぼくは7月半ばまでは身動きが取れそうにない。
京都もトンボ帰りになりそうなんだ。
そちらのようすを教えてください。
では、また。


posted by seka-toki at 06:43 | 御法川修より
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。