Welcome  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

   このブログは、映画 『世界はときどき美しい』 の御法川修監督と、
  女優デビューを飾った片山瞳さんの交換ブログとしてスタートしました。
  映画は、第19回 東京国際映画祭でお披露目されたのち、
  2007年3月31日に渋谷ユーロスペースで封切られました。
  以後、順次全国で公開された他、国内外13の映画祭でも上映。
  現在はDVDが発売&レンタル中です。

  日本映画バブルの渦の中で公開された、小さな小さな一本ですが、
  製作に携わった私たちにとっては、かけがえのない大切な作品です。
  振り返れば、最初は行き先の不安な船出でした。
  ゆっくり一年をかけて、思いがけないほど多くの観客に恵まれた今は、
  映画のタイトルを口にして、その響きに深く頷いてしまいます。

  このブログは、私たちの映画が歩んだ一年間の軌跡です。
  右サイドバーに整理された情報は、メモリアルアルバムのような趣き。
  劇場へ足を運んでくださった方、DVDで新たに映画と出会ってくれた方、
  これからも多くの人たちが、このブログを訪ねてくれることでしょう。
  この映画が、それぞれの暮らしの中で育まれることを祈っています。
  これからもずっとずっと。  (2008年5月21日掲載)



  News Release  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

  ◆御法川修監督の最新作が2作品同時に始動!!
      sankeiwest.gif
   Irodori_Rogo-A.jpg
   出演◎吉行和子/富司純子/中尾ミエ/藤 竜也
        平岡祐太/村川絵梨/戸次重幸
   主題歌◎原 由子 「ヘブン」   配給◎ショウゲート
   脚本◎西口典子  監督◎御法川 修
   2012年秋、シネスイッチ銀座 他 全国公開
   Copyright © 2012 「人生、いろどり」 製作委員会

   Suchan_Main.jpg imagesCAJCMW11.jpg
   映画 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
   主演◎柴咲コウ/真木よう子/寺島しのぶ
   原作◎益田ミリ (幻冬舎刊)
   脚本◎田中幸子  監督◎御法川 修
   配給◎スールキートス  2013年、全国公開

   Copyright © 2012 「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」 製作委員会
   (2012年4月15日掲載)


  ◆片山瞳さんの最新作は、映画 『海燕ホテルブルー』 のヒロイン
   第60回ベルリン国際映画祭で銀熊賞 (最優秀女優賞) を受賞した
   寺島しのぶさん主演作 『キャタピラー』 など話題作を次々発表している
   鬼才若松孝二監督の最新作で、片山瞳さんがヒロインに抜擢
   直木賞作家船戸与一氏による同名小説の映画化。
   下のバナーを Click 予告編をご覧いただけます。
   (2011年10月28日掲載)
   


  ◆御法川修監督が手がけたコーポレート映像が受賞
   美容サロン用ヘア化粧品の総合メーカーとして国内トップを誇る
   (株)ミルボンの創業50周年記念映像を御法川監督が演出しました。
   片山瞳さんも特別出演されています。
   記念式典で一度限り上映される作品として完成したのですが、
   映像文化製作者連盟が主催する映像祭 「映文連アワード2010」 の
   大賞に当たる経済産業大臣賞を受賞しました。
   (2010年9月30日掲載)

   


 ◆『SOUL RED 松田優作』 (監督御法川修)
  生誕60年没後20年のメモリアルとして、
  最初で最後の公式ドキュメンタリー映画が誕生
  今なお人々の心に生き続ける男の軌跡。

  ★DVD発売中 ★ORICON TOP
  第22回 東京国際映画祭 特別招待作品
  Copyright © 2009 SOUL RED Film Partners 


◆御法川修監督が手がけたテレビCM が好評オンエア中
  映画界の豪華スタッフが顔をそろえ、贅沢な仕上がりになっています。
  是非ご覧になってください。
  (2009年3月1日掲載)

 

  スープで食べる、野菜のおいしく新しいカタチ 「ベジさめ」 新発売
  TV-CM 「モノクローム」 篇 Starring 加藤ローサ
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.


  第49回 「消費者のためになった広告コンクール」 金賞受賞
  
  For Earth,For Life 〜 株式会社クボタ
  TV-CM 「過去と未来 (eプロジェクト地球小屋)」 篇
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.


2007年07月15日

フェンスを越えるイメージ

片山瞳さま

御法川です。
雨の日は嫌いじゃないけど、台風ともなると呑気でいられないね。
被害が最小限に食い止められることを祈ります。

無我夢中で曜日の感覚がなくなっていた日々も少し落ち着いて、
あともう一息。
そんな、せわしない最中、
ぼくは京都と広島と福岡の上映に立ち会ったわけです。
移動の新幹線で爆睡している時間ばかり長くて、
ご当地メニューに箸をつける余裕もなく、トンボ帰り。
帰りの便を気にして酒宴も控えなきゃならないのは辛かったな。

福岡アジア映画祭」 の夜も、本当なら浴びるほど呑みたかった。
呑んで寝てしまいたかった。
でも、ウーロン茶片手のあなたがニコニコ嬉しそうにしてたから、
「まあ、いいか・・・」 と気休めになりました。
上映の翌日は、映画祭の皆さんから代わる代わるモーニングコール。
朝一の飛行機で帰京。
電話の向こうでザワザワ楽しそうにしているのが恨めしくて・・・。
トホホだったよ。
ぼくは羽田に着いたその足でスタジオに直行。
しばらく福岡に後ろ髪を引かれてました。

福岡では、あなたのご両親に挨拶をすることができましたね。
「たいせつな娘さんをお預かりしてムニャムニャ」 と、
なんだか結婚でも申し込むような緊張があったんだよ、本当は。 (笑)
ぼくらの仕事は、肉親が期待する 「子供であること」 から
遠く離れてしまう側面があります。
ある種の裏切りに近いかもしれない。

今回の映画でいえば、
娘が大画面でキスする場面を親が見なければならない理由はないし、
理解してくれというのも酷なこと。
でも、そこには “意味” があることを、きちんとお伝えしたかった。
一応ぼく、監督だしさ。
少しでも安心してもらえたら・・・と思っていたのだけど、
無用の心配だったみたいだね。
上映後に挨拶を返してくれたご両親とも、やさしい笑顔だったから。
お父さんはスマートな物腰だし、お母さんはチャーミング。
あなたが愛情を注がれて育ったことを知れて、ほんのり嬉しかった。
共に映画を創った仲間としての至福でしょう。

その 「福岡アジア映画祭」 は、あなたがブログに書いていた通り。
ぼくが体験してきたマイアミやバルセロナの映画祭と何ら変わらない
映画への愛情に満ちた、素晴らしい映画祭でした。

すべてボランティアで運営されているということは、
無償の奉仕に支えられているということ。 (・・・当たり前だよね)
とかく奉仕がギスギスした結果しか生まないこのご時世に、
映画祭スタッフのきらきらした笑顔は見逃せない。
有志の方々が、それぞれ暮らしを支える基盤を
映画以外に持たれている立派な生活者であること。
そこからくる精神のゆとりを感じました。
もちろん、暮らしと並行して映画祭の運営に尽力することは
並大抵のことではないでしょう。
でも、生活のそばに 「映画」 があることは、本当にすてきです。
自らプログラムを組んだ作品を、上映することへの誇り。
一度限りの上映に際して日本語字幕を付ける丁寧さ。
そのことを当たり前のこととして行えるのは、
“観たい” “見せたい” という原石のエネルギーが
ゆるいでいないから。

映画祭実行委員長の前田秀一郎さん、今村ミヨさん。
映画に身を捧げても、生活において報われることは少ないでしょう。
ぼくも苦しくなるばかりです。
でも、代わりのきかない個人の行動が、
必ず美しいものを生むことを信じています。
ぼくは前田さん達がセレクトした映画を一本でも多く観てみたい。
そう思っています。
強く。

そうそう、「京都みなみ会館」 での上映が終了しました。
大阪と同じように、東京と変わらない好調な動員だったとのこと。
今月28日(土)から公開がスタートする広島 「横川シネマ」 でも
上映回数を増やしたタイムテーブルを組んでくれました
映画館とスクラムを組ませていただいている、確かな実感があります。

福岡ソフトバンクホークスの王貞治監督は、
ホームランを打つならフェンスを越すぐらいのイメージじゃダメだ、
もっと上を狙いなさい、と選手に教えるそうです。
そうじゃないとホームランは打てないんだ、と。
ぼくらの日常も同じじゃないかな。
映画を宣伝し、観てもらうことも、また同じ。
上を上を と目指して、それだけの努力をしても、
現実はかなり下。
それでも諦めない。
足を止めない。

今週末からは、横浜と神戸で公開がスタート
ぼくはフェンスのさらに上へ目を向けてバットを振る構えです。
イベントが盛りだくさんなのは、劇場スタッフのバットスイングが
速いことを物語っていると思う。
ひとりでも多くの観客と映画が出会えることを期待して、励みます。
これより素振り100万回!!
posted by seka-toki at 15:52 | 御法川修より
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。