Welcome  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

   このブログは、映画 『世界はときどき美しい』 の御法川修監督と、
  女優デビューを飾った片山瞳さんの交換ブログとしてスタートしました。
  映画は、第19回 東京国際映画祭でお披露目されたのち、
  2007年3月31日に渋谷ユーロスペースで封切られました。
  以後、順次全国で公開された他、国内外13の映画祭でも上映。
  現在はDVDが発売&レンタル中です。

  日本映画バブルの渦の中で公開された、小さな小さな一本ですが、
  製作に携わった私たちにとっては、かけがえのない大切な作品です。
  振り返れば、最初は行き先の不安な船出でした。
  ゆっくり一年をかけて、思いがけないほど多くの観客に恵まれた今は、
  映画のタイトルを口にして、その響きに深く頷いてしまいます。

  このブログは、私たちの映画が歩んだ一年間の軌跡です。
  右サイドバーに整理された情報は、メモリアルアルバムのような趣き。
  劇場へ足を運んでくださった方、DVDで新たに映画と出会ってくれた方、
  これからも多くの人たちが、このブログを訪ねてくれることでしょう。
  この映画が、それぞれの暮らしの中で育まれることを祈っています。
  これからもずっとずっと。  (2008年5月21日掲載)



  News Release  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

  ◆御法川修監督の最新作が2作品同時に始動!!
      sankeiwest.gif
   Irodori_Rogo-A.jpg
   出演◎吉行和子/富司純子/中尾ミエ/藤 竜也
        平岡祐太/村川絵梨/戸次重幸
   主題歌◎原 由子 「ヘブン」   配給◎ショウゲート
   脚本◎西口典子  監督◎御法川 修
   2012年秋、シネスイッチ銀座 他 全国公開
   Copyright © 2012 「人生、いろどり」 製作委員会

   Suchan_Main.jpg imagesCAJCMW11.jpg
   映画 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
   主演◎柴咲コウ/真木よう子/寺島しのぶ
   原作◎益田ミリ (幻冬舎刊)
   脚本◎田中幸子  監督◎御法川 修
   配給◎スールキートス  2013年、全国公開

   Copyright © 2012 「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」 製作委員会
   (2012年4月15日掲載)


  ◆片山瞳さんの最新作は、映画 『海燕ホテルブルー』 のヒロイン
   第60回ベルリン国際映画祭で銀熊賞 (最優秀女優賞) を受賞した
   寺島しのぶさん主演作 『キャタピラー』 など話題作を次々発表している
   鬼才若松孝二監督の最新作で、片山瞳さんがヒロインに抜擢
   直木賞作家船戸与一氏による同名小説の映画化。
   下のバナーを Click 予告編をご覧いただけます。
   (2011年10月28日掲載)
   


  ◆御法川修監督が手がけたコーポレート映像が受賞
   美容サロン用ヘア化粧品の総合メーカーとして国内トップを誇る
   (株)ミルボンの創業50周年記念映像を御法川監督が演出しました。
   片山瞳さんも特別出演されています。
   記念式典で一度限り上映される作品として完成したのですが、
   映像文化製作者連盟が主催する映像祭 「映文連アワード2010」 の
   大賞に当たる経済産業大臣賞を受賞しました。
   (2010年9月30日掲載)

   


 ◆『SOUL RED 松田優作』 (監督御法川修)
  生誕60年没後20年のメモリアルとして、
  最初で最後の公式ドキュメンタリー映画が誕生
  今なお人々の心に生き続ける男の軌跡。

  ★DVD発売中 ★ORICON TOP
  第22回 東京国際映画祭 特別招待作品
  Copyright © 2009 SOUL RED Film Partners 


◆御法川修監督が手がけたテレビCM が好評オンエア中
  映画界の豪華スタッフが顔をそろえ、贅沢な仕上がりになっています。
  是非ご覧になってください。
  (2009年3月1日掲載)

 

  スープで食べる、野菜のおいしく新しいカタチ 「ベジさめ」 新発売
  TV-CM 「モノクローム」 篇 Starring 加藤ローサ
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.


  第49回 「消費者のためになった広告コンクール」 金賞受賞
  
  For Earth,For Life 〜 株式会社クボタ
  TV-CM 「過去と未来 (eプロジェクト地球小屋)」 篇
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.


2007年07月25日

女たち!

片山瞳さま

御法川です。
横浜 「シネマ・ジャック&ベティ」 の初日舞台挨拶。
当日のようすはコウちゃん (草野康太) から聞きました。
映画のために、ありがとう。

あなたには、これまで何度も時間を割いてもらってきました。
それもこれも 『世界はときどき美しい』 のせい。
たった一本の映画から、なかなか手が離れませんね。
解放されない。
ぼくもちょっと気をぬくと、
回復されるあてのない疲労がかさんできます。

ネガティブな思考は、集団の中ですぐに伝染する。
これは、ぼくが助監督時代に体験したこと。
その逆に、前向きのエネルギーを行き渡らせるのは難しいんだ。
・・・本当に。
ぼくなんかひとり勝手な前のめりで、コロンで、すりむいて・・・。
あ〜あって感じだな。
でも、ずっと 「それでも」 と言い続けてきたように思います。
それを邪魔するのは 「しかたないよ」 という言葉。
自分の近くにいる人からそう言われるのは、
なんだか裏切られたみたいで、かなりのダメージをくらう。
そうなると自分も 「じゃあ、もういいよ」 と、
いつの間にか 「しかたない」 に引きずられていたりする。
「しかたない・・・」 と 「それでも」 の繰り返し。

では、どうするか?
いたるところから沸きあがる 「しかたない・・・」 のひとつと、
腰をすえて挑む意味から、
映画館を見て回りたいと行動しているわけです。
・・・で、神戸。

神戸では少しゆっくりできれば、と思っていたんだけど、
東京を発つ前のドタバタで気分は後ろ向き。
おまけに軍資金の調達にもてこずって、大阪経由のバンスキング。
我ながらたくましいというか、・・・つなわたり。
みんな映画のため。

そんなこんなで、たどり着いた神戸・新開地。
「神戸」 といえば 「ハイカラ」 という言葉と
イコールで結ばれるイメージだったんだけど、
新開地は大阪・新世界のノリ。
地下鉄から地上に出ると、ボートレースの場外券売り場。
競艇&競輪の近くにオッサンあり・・・というわけで、
昼間から立ち呑みのカウンターに背中が並んでいる。
そんなディープな界隈に
神戸アートビレッジセンター(KAVC)」 はあるのでした

KAVCは、震災後の復興住宅と併設された文化会館の地下にある
シアタースペースなので、純粋な映画館とは違う。
とはいえ、これまで 『世界はときどき美しい』 が巡回してきた
関西ミニシアター・シンジケート の重要な一館。
プログラム・ディレクターの樋野香織さんをはじめ、
スタッフは女性ばかり。

事前の映写チェックが入念に行われていたのはすぐわかり、
スクリーン・サイズも完璧。
音量設定には上映する側の意志が感じられ、
場内BGMも作品に合わせた独自のチョイス。
そんな女性らしい心配りだけでなく、
みんな見た目は可憐でも力こぶはシッカリ
フィルムのリールを映写機にかけるコトひとつとっても、
劇場は肉体労働の場だからね。

そんな彼女たちの健全なエネルギーが、
劇場の確かな磁場を育んでいる。
街で若い人の姿を見つけるのが難しい場所だから、
観客の数も決して多くはないけど、
大阪や京都・岡山から足を伸ばしてくれた方々ばかり。
その観客たちも、また女性。

岡山から観に来てくれた女の子は、
地元で上映される機会を待っていられなくて
「しかたなく」 来ちゃいました、と。
しかも仕事を終えた、その足で。
彼女の中では 「しかたない」 が前向きな意味で存在している。
こんな “勝ち方” もあるんだね。

男の 「しかたない」 は後ろめたく、
女の 「しかたない」 は力強い。
(・・・女たちも大変だろうけどさ)
あ〜男たちよ。
もう少し、がんばろうぜ!!

・・・と、自戒を込めて。


posted by seka-toki at 09:27 | 御法川修より
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。