Welcome  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

   このブログは、映画 『世界はときどき美しい』 の御法川修監督と、
  女優デビューを飾った片山瞳さんの交換ブログとしてスタートしました。
  映画は、第19回 東京国際映画祭でお披露目されたのち、
  2007年3月31日に渋谷ユーロスペースで封切られました。
  以後、順次全国で公開された他、国内外13の映画祭でも上映。
  現在はDVDが発売&レンタル中です。

  日本映画バブルの渦の中で公開された、小さな小さな一本ですが、
  製作に携わった私たちにとっては、かけがえのない大切な作品です。
  振り返れば、最初は行き先の不安な船出でした。
  ゆっくり一年をかけて、思いがけないほど多くの観客に恵まれた今は、
  映画のタイトルを口にして、その響きに深く頷いてしまいます。

  このブログは、私たちの映画が歩んだ一年間の軌跡です。
  右サイドバーに整理された情報は、メモリアルアルバムのような趣き。
  劇場へ足を運んでくださった方、DVDで新たに映画と出会ってくれた方、
  これからも多くの人たちが、このブログを訪ねてくれることでしょう。
  この映画が、それぞれの暮らしの中で育まれることを祈っています。
  これからもずっとずっと。  (2008年5月21日掲載)



  News Release  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

  ◆御法川修監督の最新作が2作品同時に始動!!
      sankeiwest.gif
   Irodori_Rogo-A.jpg
   出演◎吉行和子/富司純子/中尾ミエ/藤 竜也
        平岡祐太/村川絵梨/戸次重幸
   主題歌◎原 由子 「ヘブン」   配給◎ショウゲート
   脚本◎西口典子  監督◎御法川 修
   2012年秋、シネスイッチ銀座 他 全国公開
   Copyright © 2012 「人生、いろどり」 製作委員会

   Suchan_Main.jpg imagesCAJCMW11.jpg
   映画 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
   主演◎柴咲コウ/真木よう子/寺島しのぶ
   原作◎益田ミリ (幻冬舎刊)
   脚本◎田中幸子  監督◎御法川 修
   配給◎スールキートス  2013年、全国公開

   Copyright © 2012 「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」 製作委員会
   (2012年4月15日掲載)


  ◆片山瞳さんの最新作は、映画 『海燕ホテルブルー』 のヒロイン
   第60回ベルリン国際映画祭で銀熊賞 (最優秀女優賞) を受賞した
   寺島しのぶさん主演作 『キャタピラー』 など話題作を次々発表している
   鬼才若松孝二監督の最新作で、片山瞳さんがヒロインに抜擢
   直木賞作家船戸与一氏による同名小説の映画化。
   下のバナーを Click 予告編をご覧いただけます。
   (2011年10月28日掲載)
   


  ◆御法川修監督が手がけたコーポレート映像が受賞
   美容サロン用ヘア化粧品の総合メーカーとして国内トップを誇る
   (株)ミルボンの創業50周年記念映像を御法川監督が演出しました。
   片山瞳さんも特別出演されています。
   記念式典で一度限り上映される作品として完成したのですが、
   映像文化製作者連盟が主催する映像祭 「映文連アワード2010」 の
   大賞に当たる経済産業大臣賞を受賞しました。
   (2010年9月30日掲載)

   


 ◆『SOUL RED 松田優作』 (監督御法川修)
  生誕60年没後20年のメモリアルとして、
  最初で最後の公式ドキュメンタリー映画が誕生
  今なお人々の心に生き続ける男の軌跡。

  ★DVD発売中 ★ORICON TOP
  第22回 東京国際映画祭 特別招待作品
  Copyright © 2009 SOUL RED Film Partners 


◆御法川修監督が手がけたテレビCM が好評オンエア中
  映画界の豪華スタッフが顔をそろえ、贅沢な仕上がりになっています。
  是非ご覧になってください。
  (2009年3月1日掲載)

 

  スープで食べる、野菜のおいしく新しいカタチ 「ベジさめ」 新発売
  TV-CM 「モノクローム」 篇 Starring 加藤ローサ
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.


  第49回 「消費者のためになった広告コンクール」 金賞受賞
  
  For Earth,For Life 〜 株式会社クボタ
  TV-CM 「過去と未来 (eプロジェクト地球小屋)」 篇
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.


2007年07月26日

思い浮かべる顔たち

御法川です。
宣伝担当に代わって公開情報のお報せ。
『世界はときどき美しい』 は、ただ今 「横浜」 と 「神戸」 で公開中。

横浜 「シネマ・ジャック&ベティ」 では、
松田龍平さん&市川実日子さんが本作への想いを語った
インタビュークリップを上映期間中、本編と併せて同時上映
イベント詳細 (PDF)

東京にお住まいの方も是非
渋谷から「東急東横線」の急行に乗れば30分で横浜。
「横浜駅」から「黄金町駅」へは京急に乗り換えて5分。
渋谷を19:30までに出れば、上映開始によゆうで間に合います。
くれぐれも黄金町で迷わないでくださいね。


 連日レイトショー 20:45から 一回上映
 終映22:00 / イベント時は22:30終映


上映期間中の毎週金曜日には、
ぼくの最新作となるドキュメンタリー作品を特別上映

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 7月27日・8月03日(共に金曜日) 特別上映 『色彩の記憶』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  JPPA AWARDS 2007
  ゴールド賞 受賞作品

 Credit
 企画・製作◎ミルボン
 プロデュース◎ケイビープランニングインターナショナル
 制作プロダクション◎ポルケ
 監督◎御法川修 撮影◎池田俊己 照明◎北井哲男
 音響◎高木創 音楽◎深草アキ(オーマガトキ)
 2007年 / 日本 / カラー / ビデオ作品 / 30分


 有田焼の新しい風、陶工馬場九洲夫の創作を通し、
 手仕事の意味を問う本作は、もうひとつの 『世界はときどき美しい』。
 昨年、東京国際映画祭の前日まで有田ロケに取り組んでいました。
 日本の文化遺産を記録する屈強な撮影クルーとの初めての仕事。
 中国古来の弦楽器、秦琴 (しんきん) を奏でる深草アキさんの音楽と、
 高木創 (「ゲド戦記」) の色を塗り重ねるような音響世界。
 そして、なにをおいても被写体である馬場九洲夫さんのお人柄と魂、
 その創造の美しさ。
 すべてが、幸福な記憶として残っています。

 『世界はときどき美しい』 をたいせつに想ってくれた方々には、
 是非ご覧になってほしい自信作
 一般劇場では初公開となる貴重な機会です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 7月28日(土) 監督トークショー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【ゲスト】 御法川修 × 中村高寛さん (映画 「ヨコハマメリー」 監督)

ドキュメンタリー映画としては異例の大ヒット
となった 「ヨコハマメリー」 の中村高寛監督
を招いてのトークショーを開催
中村監督はヨコハマ映画祭・新人監督賞や
文化庁映画賞など受賞ラッシュが続く時の人。
それぞれの映画に取り組む同世代監督、
この異色?な組合せ。
どんな話題が展開するのでしょう



さて、「神戸アートビレッジセンター」 での上映は、明日7月27日まで
一週間と短い上映期間でしたが、関西上映の終点として、
だいじな観客の皆さんと映画をシッカリつないでいただけました。
(樋野さん、そしてシアタースタッフの皆さん、ありがとう)

神戸の次は、広島。
7月28日(土)から 「横川シネマ」 での上映がスタート

七夕の日に開催された広島先行上映の熱がジワジワと浸透中。
すでに中国新聞 (7/22) に取材記事が掲載されました。
その中国新聞・朝刊に明日おり込まれるフリーペーパー 「Cue」。
すでに発売中の地元タウン誌 「Wink 広島」 8月号。
それぞれに、ぼくのインタビュー記事が掲載されています。
誌面には、ライターの表記はありませんが、「Cue」 の宮迫佳代さん、
「Wink」 の吉田藍子さん。
ふたりの “伝えたい” 気持ちがしっかり反映された、すてきな記事です。
この記事を読んで映画館へ足を運んでくれる人たちが生まれることを、
ぼくを信じています。
きっと

映画の後には食事を。あるいは、ゆっくりお茶でも。
ぼくならお酒だな。
「CAFE ネコバコ」 は、広島のたいせつな情報発信&交流基地。
場所をご存じない方は、横川シネマの支配人に尋ねてください。
劇場の受付と映写室を行ったり来たりして汗だくになっている男性が
支配人の溝口徹さんです。
すぐわかります。
支配人室のソファにもたれながら葉巻をくゆらせたりできないところが、
がんばる映画館のことわり。
世の常なのです。
ガンバレ 横川シネマ!!

ぼくは東京にいながら、
さまざまな地で日々励む 「顔」 を思い浮かべることができます。
誰とも代わりのきかない、それぞれの役割をまっとうする人たち。
映画館をめぐる旅で出会えた、ぼくのたいせつな 「顔」 たち。
いまどうしてるんだろう・・・と思うだけで、励みになっています。

◆追伸
片山瞳殿。
お父様からお中元を頂戴してしまいました。
ぼくも偉くなったもんだ。 (・・・恐縮です)
見るからに美味しそうな吟醸酒だったので、
プロデューサーの西さんと飲ませていただくことにしました。
我がプロデューサーは立派な酒飲みですので、
ぼくなんかより味わうことができるでしょう。

ご家族によろしくお伝えください。
こんな場で失礼だけど、
きっとあなたのお母さんも読んでくれているだろうから。


posted by seka-toki at 13:21 | 御法川修より
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。