Welcome  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

   このブログは、映画 『世界はときどき美しい』 の御法川修監督と、
  女優デビューを飾った片山瞳さんの交換ブログとしてスタートしました。
  映画は、第19回 東京国際映画祭でお披露目されたのち、
  2007年3月31日に渋谷ユーロスペースで封切られました。
  以後、順次全国で公開された他、国内外13の映画祭でも上映。
  現在はDVDが発売&レンタル中です。

  日本映画バブルの渦の中で公開された、小さな小さな一本ですが、
  製作に携わった私たちにとっては、かけがえのない大切な作品です。
  振り返れば、最初は行き先の不安な船出でした。
  ゆっくり一年をかけて、思いがけないほど多くの観客に恵まれた今は、
  映画のタイトルを口にして、その響きに深く頷いてしまいます。

  このブログは、私たちの映画が歩んだ一年間の軌跡です。
  右サイドバーに整理された情報は、メモリアルアルバムのような趣き。
  劇場へ足を運んでくださった方、DVDで新たに映画と出会ってくれた方、
  これからも多くの人たちが、このブログを訪ねてくれることでしょう。
  この映画が、それぞれの暮らしの中で育まれることを祈っています。
  これからもずっとずっと。  (2008年5月21日掲載)



  News Release  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

  ◆御法川修監督の最新作が2作品同時に始動!!
      sankeiwest.gif
   Irodori_Rogo-A.jpg
   出演◎吉行和子/富司純子/中尾ミエ/藤 竜也
        平岡祐太/村川絵梨/戸次重幸
   主題歌◎原 由子 「ヘブン」   配給◎ショウゲート
   脚本◎西口典子  監督◎御法川 修
   2012年秋、シネスイッチ銀座 他 全国公開
   Copyright © 2012 「人生、いろどり」 製作委員会

   Suchan_Main.jpg imagesCAJCMW11.jpg
   映画 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
   主演◎柴咲コウ/真木よう子/寺島しのぶ
   原作◎益田ミリ (幻冬舎刊)
   脚本◎田中幸子  監督◎御法川 修
   配給◎スールキートス  2013年、全国公開

   Copyright © 2012 「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」 製作委員会
   (2012年4月15日掲載)


  ◆片山瞳さんの最新作は、映画 『海燕ホテルブルー』 のヒロイン
   第60回ベルリン国際映画祭で銀熊賞 (最優秀女優賞) を受賞した
   寺島しのぶさん主演作 『キャタピラー』 など話題作を次々発表している
   鬼才若松孝二監督の最新作で、片山瞳さんがヒロインに抜擢
   直木賞作家船戸与一氏による同名小説の映画化。
   下のバナーを Click 予告編をご覧いただけます。
   (2011年10月28日掲載)
   


  ◆御法川修監督が手がけたコーポレート映像が受賞
   美容サロン用ヘア化粧品の総合メーカーとして国内トップを誇る
   (株)ミルボンの創業50周年記念映像を御法川監督が演出しました。
   片山瞳さんも特別出演されています。
   記念式典で一度限り上映される作品として完成したのですが、
   映像文化製作者連盟が主催する映像祭 「映文連アワード2010」 の
   大賞に当たる経済産業大臣賞を受賞しました。
   (2010年9月30日掲載)

   


 ◆『SOUL RED 松田優作』 (監督御法川修)
  生誕60年没後20年のメモリアルとして、
  最初で最後の公式ドキュメンタリー映画が誕生
  今なお人々の心に生き続ける男の軌跡。

  ★DVD発売中 ★ORICON TOP
  第22回 東京国際映画祭 特別招待作品
  Copyright © 2009 SOUL RED Film Partners 


◆御法川修監督が手がけたテレビCM が好評オンエア中
  映画界の豪華スタッフが顔をそろえ、贅沢な仕上がりになっています。
  是非ご覧になってください。
  (2009年3月1日掲載)

 

  スープで食べる、野菜のおいしく新しいカタチ 「ベジさめ」 新発売
  TV-CM 「モノクローム」 篇 Starring 加藤ローサ
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.


  第49回 「消費者のためになった広告コンクール」 金賞受賞
  
  For Earth,For Life 〜 株式会社クボタ
  TV-CM 「過去と未来 (eプロジェクト地球小屋)」 篇
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.


2007年08月25日

心の5枚

片山瞳さま

御法川です。
本日ついに 『世界はときどき美しい』 のDVDが発売。
レンタルも同時スタート。
まだいろいろ後処理が片付いていないし、
プロモーションも来月まで続くので、
今日のところは宣伝を控えます。
静かに祈るだけ。
多くの人の手に渡ってほしい。

・・・などと書いていたら、山崎さやか先生 (「はるか17」) から
メールが届いた!!


  From:Sayaka Yamazaki
  吉祥寺のTSUTAYAです。
  日付が変わったばかりなのに、
  8本全部貸し出し中だよ。
  感動。


・・・だって!!
さやかさん、気にかけてくれてありがとう。
うれしい。

一本の映画を、個人が所有できるという点で、
DVDは愛すべきメディアです。
価格もずいぶん手ごろになってきた。
・・・とはいえ、実際に買うとなると、
「この一枚」 という強い思い入れのある作品でないと、
ぼくのフトコロ具合ではそうそう手をつけられない。
だから、ぼくが購入したDVDは、自分のだいじな作品だけ。
その映画と出会った時に、どんな気持ちで過ごしていたか、
なにを考えていたか、観返す度によみがえってくる。
そんな記憶装置となってくれるのが、ぼくのDVDコレクション。
『世界はときどき美しい』 を支えた、心の5枚を紹介します。
・・・個人的な思い出の方は内緒ね。



 エレファントソング (1994)

 ◎監督利重 剛
 ◎出演松田美由紀 / 寺島 進

 助監督として携わった中でも特に思い出深い映画。
 ・・・あのころ、ぼくはまだ21歳。
 4年前にDVD化された時に、ほぼ10年ぶりに観て不覚にも泣きました。
 『世界はときどき美しい』 を撮影していた自分と、
 この映画を撮った時の利重監督が同じ年齢。
 馬の骨カントクのぼくも、当時の利重監督の心と身体のバランスが
 少しは想像できる。
 自分の現場に立ちながら、ふいに利重監督の佇まいや言葉が
 よぎったものです。
 松田美由紀さん、寺島進さんとの出会いは、ぼくの大切な財産。


 友よ、静かに瞑れ (1985)

 ◎監督崔 洋一
 ◎出演藤 竜也 / 原田芳雄 / 倍賞美津子

 崔監督が手がけた角川映画。
 当時、薬師丸ひろ子・原田知世に続く角川三人娘のひとりだった
 渡辺典子・主演作と二本立でした。
 伊豆の田舎に生まれたぼくが思春期に観ることのできた映画は、
 どれも全国公開のメジャー作品。
 東京のミニシアターは遠かった。
 決して高級な映画体験では無かったかもしれないけど、
 この作品のように職人仕事に込められた映画作家の熱い魂をかいま見て、
 興奮したものです。


 ア・ホーマンス (1986)

 ◎監督松田優作
 ◎出演松田優作 / 石橋 凌

 松田優作が残した唯一の監督作。
 こんな異形の映画が東映の全国チェーンで封切られていたことの驚き。
 作品に見合ったマーケットが用意されていなかった状況の中で、
 こんな映画を送り出し得た当時の映画人の強靭さに感服。
 公開時にキネマ旬報に掲載された山根貞男さんによる
 優作氏のロングインタビューは、いまも繰り返し反芻している心のバイブル。


 インディアン・ランナー (1991)

 ◎監督ショーン・ペン
 ◎出演デビッド・モース / ヴィゴ・モーテンセン

 俳優ショーン・ペンの監督デビュー作。
 心の中に巣くう消せない悪魔についての辛らつな映画。
 感動に打ち震えて席を立てないってことが本当にあるんだ と初体験。
 以後、半年にいっぺんはビデオで見返している。
 心が励まされたい時は、この映画の辛らつさが逆にキクんだよね。
 本物の不良は、いつも静けさの中にいる。


 ラスト・ワルツ (1978)

 ◎監督マーティン・スコセッシ
 ◎出演ザ・バンド / ボブ・ディラン

 ザ・バンドの解散コンサートを記録したドキュメンタリー。
 初見は上京したての年に、吉祥寺バウスシアターにて。
 監督のスコセッシによって完璧に振りつけられていたというカメラが、
 劇中で一瞬とまどうところがある。
 キャメラマンが歌の切れ目を間違ったのだと思うけど、
 そのショットを作品に残した監督を、ぼくは心の底から信用する。
 フレームがどうであれ、カメラが映し取っているものへの
 尊敬と愛情がそこにあった。

◆追伸
「好きな映画は?」 なんて質問に答えると、
たいがい 「ふ〜ん」 って感じで、
相手の期待に応えられていないみたいだけど・・・。
どうだったかな?
posted by seka-toki at 02:03 | 御法川修より
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。