Welcome  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

   このブログは、映画 『世界はときどき美しい』 の御法川修監督と、
  女優デビューを飾った片山瞳さんの交換ブログとしてスタートしました。
  映画は、第19回 東京国際映画祭でお披露目されたのち、
  2007年3月31日に渋谷ユーロスペースで封切られました。
  以後、順次全国で公開された他、国内外13の映画祭でも上映。
  現在はDVDが発売&レンタル中です。

  日本映画バブルの渦の中で公開された、小さな小さな一本ですが、
  製作に携わった私たちにとっては、かけがえのない大切な作品です。
  振り返れば、最初は行き先の不安な船出でした。
  ゆっくり一年をかけて、思いがけないほど多くの観客に恵まれた今は、
  映画のタイトルを口にして、その響きに深く頷いてしまいます。

  このブログは、私たちの映画が歩んだ一年間の軌跡です。
  右サイドバーに整理された情報は、メモリアルアルバムのような趣き。
  劇場へ足を運んでくださった方、DVDで新たに映画と出会ってくれた方、
  これからも多くの人たちが、このブログを訪ねてくれることでしょう。
  この映画が、それぞれの暮らしの中で育まれることを祈っています。
  これからもずっとずっと。  (2008年5月21日掲載)



  News Release  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

  ◆御法川修監督の最新作が2作品同時に始動!!
      sankeiwest.gif
   Irodori_Rogo-A.jpg
   出演◎吉行和子/富司純子/中尾ミエ/藤 竜也
        平岡祐太/村川絵梨/戸次重幸
   主題歌◎原 由子 「ヘブン」   配給◎ショウゲート
   脚本◎西口典子  監督◎御法川 修
   2012年秋、シネスイッチ銀座 他 全国公開
   Copyright © 2012 「人生、いろどり」 製作委員会

   Suchan_Main.jpg imagesCAJCMW11.jpg
   映画 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
   主演◎柴咲コウ/真木よう子/寺島しのぶ
   原作◎益田ミリ (幻冬舎刊)
   脚本◎田中幸子  監督◎御法川 修
   配給◎スールキートス  2013年、全国公開

   Copyright © 2012 「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」 製作委員会
   (2012年4月15日掲載)


  ◆片山瞳さんの最新作は、映画 『海燕ホテルブルー』 のヒロイン
   第60回ベルリン国際映画祭で銀熊賞 (最優秀女優賞) を受賞した
   寺島しのぶさん主演作 『キャタピラー』 など話題作を次々発表している
   鬼才若松孝二監督の最新作で、片山瞳さんがヒロインに抜擢
   直木賞作家船戸与一氏による同名小説の映画化。
   下のバナーを Click 予告編をご覧いただけます。
   (2011年10月28日掲載)
   


  ◆御法川修監督が手がけたコーポレート映像が受賞
   美容サロン用ヘア化粧品の総合メーカーとして国内トップを誇る
   (株)ミルボンの創業50周年記念映像を御法川監督が演出しました。
   片山瞳さんも特別出演されています。
   記念式典で一度限り上映される作品として完成したのですが、
   映像文化製作者連盟が主催する映像祭 「映文連アワード2010」 の
   大賞に当たる経済産業大臣賞を受賞しました。
   (2010年9月30日掲載)

   


 ◆『SOUL RED 松田優作』 (監督御法川修)
  生誕60年没後20年のメモリアルとして、
  最初で最後の公式ドキュメンタリー映画が誕生
  今なお人々の心に生き続ける男の軌跡。

  ★DVD発売中 ★ORICON TOP
  第22回 東京国際映画祭 特別招待作品
  Copyright © 2009 SOUL RED Film Partners 


◆御法川修監督が手がけたテレビCM が好評オンエア中
  映画界の豪華スタッフが顔をそろえ、贅沢な仕上がりになっています。
  是非ご覧になってください。
  (2009年3月1日掲載)

 

  スープで食べる、野菜のおいしく新しいカタチ 「ベジさめ」 新発売
  TV-CM 「モノクローム」 篇 Starring 加藤ローサ
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.


  第49回 「消費者のためになった広告コンクール」 金賞受賞
  
  For Earth,For Life 〜 株式会社クボタ
  TV-CM 「過去と未来 (eプロジェクト地球小屋)」 篇
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.


2007年09月22日

最後に

お誕生日のお祝い、ありがとうございます
片山瞳です
(本日、27歳になりました)

このブログのラストメッセージ・・・ということで
今日の日を選びました

御法川さんからのお祝いは三度目
たくさんの感動に出会えた中で
3度目のお祝いは
「私の背中を強く押し出してくれること」


行ってきます


この足掛け3年の私の課題は 「裸になること」 だったと思います
御法川さんは 「NUDE」 を 「NAKED」 と表現してくれましたね
「裸」 になること
体だけでなく、心露わにすることはなんて難しいこと
このブログは私にそうなることを教えてくれたような気がします

私はどこまで恐れを脱ぎ去ることができたか
私は私で、ありのままの自分でいれただろうか
どこまで裸でいられることができたのか
愛することができただろうか

これから果てしなく深い道が大きな口を開けて
待っているようです
決して美しい道でなくとも、
チーターさんも歌っていた
足跡に綺麗な花の咲く生き方を

私の魂はいつでも、私が心深い領域に踏み入ってくるのを
待っていたような気がします

道は果てしない
信じて進むのみ
きっと喜びも果てしないはずだ

いつかの この日 に立ち止まった時は
裸の自分を取り戻すために
『世界はときどき美しい』 とこれからも出会い続けるでしょう

大事な記憶の財産を作ることができて、
関わるすべての皆様に心からの感謝を・・・
本当にありがとうございました

そして、このブログを見て支えて下さっている皆様
ありがとうございます

そして御法川さん、
心からの愛と感謝を込めて

すべての人々の人生に幸せがありますように
posted by seka-toki at 16:56 | 片山瞳より

2007年09月10日

夏の終わりに

御法川修さま

片山瞳です
暑かった夏も通りすぎようとしています
この間、下北沢を偶然通りかかったところ、
映画の製作と公開前にご祈願しにいった神社で
お祭りをやっていました
歩いているとお神輿に偶然遭遇
熱気に導かれるように、お祭りに参加してきました
これからのDVDのことをお祈りしてきました
昨年も偶然に、このお祭りに参加して、興奮して
監督に連絡したことを思い出します
2年続いた偶然のお導きに、この映画が守られているような
幸せな気持ちをいただきました

この映画に参加することで数々の出会いが増えました
これは本当に幸福なこと
そして取りこぼしてしまっていた縁がまた繋がってくれたり・・・
本当に嬉しいこと
8年前にケンカ別れしたっきりになっていた友達が
この映画のことを見つけてくれて
祝福の連絡をしてきてくれました
「女優デビューした事を知ったときは
感激のあまり大号泣してしまいました」 とのメール
・・・泣きながら何度も読み返しました

自分の未熟さゆえに、たくさんのことを失い、傷つけて生きてきてると思う
出来るなら、そうではない生き方を選んでいきたいと思うけれど
気付かずに通りすぎて、後で自分の愚かさを省みる
本当に申し訳ない・・・
それでも幸せを祈ってくれる人々に、心から 「ありがとう」 って言いたい
posted by seka-toki at 21:16 | 片山瞳より

2007年08月25日

熱い祝日!

御法川修さま

片山瞳です。
本日記念すべき記念日
DVD発売、心よりお祝いを!!!

お疲れ様でした。
(などと言ったら 「まだまだだよ。瞳も頑張れよ」 と言われるでしょうが)
記念日なので、手放しでお祝いを!!!
思い起こせば、色んなことがありましたね
(私が参加したのは二年前ですが、映画の種はもっと以前からでしょう
どれだけの思いを乗り越え、そして、たくさんの人々の熱情が加わり、
心のピュアな核心が結晶となりましたね

見れば見るほどに、隅々まで愛情の行き渡ったセカトキの世界
映画との初めての出会いが、こんなに愛情溢れる作品であったことを
本当に感謝しています
参加した一員として、その愛情を何度も確信して伝えようと
未熟ながらにも努めてきた一人として、
この宝箱は、何度でも観て感じてもらいたい。

何度でもいろんな角度から感じ入って下さる方
通りすぎるようにすれ違う方、
いろんな感じ方があることと思います。
日々一生懸命に生きる様々な人生の中で
私たちの費やした時間やエネルギーが、美しく心動かすエネルギーとなりますように

大袈裟な事を言える身分ではありませんが、この作品を通して、
自分の体を超えて、スクリーンを超えて、暮らす日常の日々の中で
何かのきっかけとなれたら、と願っています

出会う人々の幸せの種が育つこと、本当に心から祈ります


◎追伸
御法川監督、心の5枚、セカトキを生み出した心の土壌
必見ですね
さっそく

◎追伸
先日、セカトキブログの卒業証書をいただきました
一番の本音は 「さみしい いやだ
けれど、胸張って、次なる場所へと歩いていく、
そういう時期がきたみたいです。。。
これも寂しくとも喜ばしい節目ですね。。。
私がここで学んだことは、これからの人生にとって、本当に大切なことばかり
(だからこそ、ひとりでも多くの方に観てもらいたいのです)
(そして、愛すべきファミリー 「オフィス作」 とのご縁もこの映画が繋いでくれました)
片山瞳、ここで頂いたたくさんのことを実にするべく頑張ります
御法川監督とまたあらたに幸福な出会いをするためにも
「ここ」 から成長していく所存ですので
どうぞ、これからもよろしくお願い致します。

◎追伸
今、我が家の窓からビルの隙間を縫って、
どこかの花火大会の打ち上げ花火が見えました
うーん・・・めでたいっ!!
posted by seka-toki at 21:17 | 片山瞳より

2007年08月15日

暑中お見舞い申し上げます

御法川修さま

暑中お見舞い申し上げます
お盆、いかがお過ごしですか?
暑いですね
この異常気象は狂気のように感じてしまいます。
今日、私は 「不都合な真実」 を観ていました。
(東京国際映画祭で出品されていましたね)
このまま走り続ける狂気の暴走劇の果てを思いやらずにいられません。

私になにができるのだろうか?と考えます
今日はお盆ですね
大切に育まれてきた、先祖から受け継がれてきた命のバトン、
このまま繋いでいけるのか、
繋いでいく為にそのような行動を選んでいくのか。

すべては愛する欲求からきていると思うのです。
「何」を大切に思うのか。
ネイティブの人々は、全ての行動の前に
「すべてのものによしとされるのならば」 と問うそうです。

今日は終戦記念日ですね
すべての魂が本当の意味で成就されるように祈ります。
posted by seka-toki at 23:47 | 片山瞳より

2007年08月10日

大切なもの

御法川修さま

片山瞳です。
いよいよDVDリリース (詳しくはコチラ
いよいよ我が子の第二の旅立ちの時のようですが、
どんな思いでいるのでしょうか?

『世界はときどき美しい』 DVDを我が家に迎えるために
DVDデッキを新調しようかと企んでいる私です。

『世界はときどき美しい』 は見るたびに違うものが見えてくる不思議な作品ですね
たくさんの人の手元に届き、何度でも観てもらいたいと願います

私の本当に大好きなもの達、
心に深く響き、その後の人生に影響を与えてくれた素晴らしい作品、
大切な本、写真、言葉、映画、詩、物語、人、出会い、場所、
心を占める大切なもの
その共通項は
何度出会っても飽きることなく
何度出会っても新しさを見つけるもの
出会うたびに私の背丈に応じたメッセージを与えてくれるもの
以前とは違う視点に自分の成長も教えてくれるもの
一緒に成長していくもの
そういうもの達でした
取り出すたびに愛しさが掘り下げられていく
そうやって共に世界と成長していける
目を開くとこの世界にはそういうものが溢れていた。

『世界はときどき美しい』 もまだ見ぬ誰かの大切なものとなるように。
少なくとも私には心の奥に根付いた大切なものとなったから。
そして自分自身もそういうものを残していける人間となるように。
その為に何を選び、何を選ばないのか。
自分の魂に問いかけ、何を望み、何をなし得たいのか、
日々の葛藤と選択の中で、真摯に自分の役割をまっとうしきる生き方を。
偉大な作品を残していった先人達に心からの敬意と感謝を。
この身をこの道に捧げることでこの世への感謝を表したいと願います。
posted by seka-toki at 02:45 | 片山瞳より

2007年07月24日

黄金町より

御法川修さま

片山瞳です。
横浜 「シネマ・ジャック&ベティ」 での上映始まりましたね
初日舞台挨拶に掛けつけて下さった皆様
本当にありがとうございました

とても温かい映画館と人と人とがとても近い街。
この街の懐の奥行きを感じた一日でした。

ご一緒させていただいた草野康太さんに
上映前に黄金町の裏街道にたくさん連れていってもらいました。
(ありがとうございました
過去のたくさんの思いや生きるエネルギーで耕された有機的な土壌に
今、種が蒔かんとされている、そんな印象を受けました。
これからどんな人々が集い、芽吹き、この土地はどんな花が
咲き乱れる場所へとなるのだろう・・・?
その可能性を応援したい。
なんかワクワクするような秘密の花園みたい。

草野康太さんのブログでもきっとその風を感じていただけるはず
そしてどうぞ映画館へと足をお運びください
「セカトキ」 に集う方々は皆、熱の在る方達ばかり
(きっと監督の情熱が呼び寄せるのでしょう)
是非感じに来てください
その熱情と共にたくさんの人と繋がり合う今を生きていきたい
映画館で待っています
posted by seka-toki at 03:06 | 片山瞳より

2007年07月21日

「横浜」 と 「神戸」

御法川修さま

片山瞳です。
本日、横浜 「シネマ・ジャック&ベティ」 にて
初日舞台挨拶、どうぞよろしくお願いします。
ご挨拶させていただけることを光栄に思っています。

劇場にて心よりお待ちしています。
熱きハマッ子草野さんとご一緒させていただけることも
これまた楽しみに眠りにつかんとしている今晩の私です。

そして監督、神戸へといってらっしゃい!!
posted by seka-toki at 02:31 | 片山瞳より

2007年07月11日

福岡アジア映画祭

御法川修さま

片山瞳です。
福岡アジア映画祭」 も無事終わりましたね。

 クロージング上映の舞台挨拶には
 私の家族や親戚、友人達がいっぱい
 駆けつけてくれました。
 (みんな、来てくれてありがとう
 この映画との出会いも、私にとっては
 福岡から始まったようなものであり、
 無事に帰ってこれたこと、
この大好きな故郷の大切な人たちに
ようやく観てもらえたことが本当に嬉しくて、
監督にこうして福岡に来てもらえたことも嬉しくて、
そして、福岡アジア映画祭のみなさんも本当に熱のある
骨太の魂の方々ばかりで、
(前田さん、今村さんはじめ皆さん本当にありがとうございました
こういった形で故郷に帰れる機会をいただけたことに
父も母も私も幸せいっぱいで涙、涙、涙、、、でした

本当にありがとうございました
あまりに幸せだったので、次の日、目覚めた時に、
長い夢をみていたのではないかとさえ思いました

今回、韓国の作品の授賞式もあり、
韓国映画と接し、監督の方々とも話す機会が多く、
お隣の韓国のことに思いを馳せるきっかけをいただきました。
世界地図を見ると福岡のすぐお隣が韓の国。
知らぬ存ぜぬでいられようかと
これからハングル語を勉強して韓国へ と少しばかりの熱情を持って
東京へと帰ろうと思います。

福岡アジア映画祭は21年間ボランティアの手によって作られている文化イベントであり、
そして人々の心が温かに通っている素晴らしい映画祭でした。
そこに参加させていただけたこと、
福岡でこんなに素敵な映画祭がずっと続けられているということに
心からの敬意と感謝をこの場をお借りして博多流に
祝いめでたの歌を贈ります

♪ いわいめでたの わかまつさまよぉ〜 ♪

◎追伸
この歌は前田さんに捧げます
前田さん、ありがとうございました!!!!
posted by seka-toki at 22:27 | 片山瞳より

2007年07月07日

七夕に願いを込めて

御法川修さま

片山瞳です。
私は今、「福岡アジア映画祭」 に備え、一足早く福岡にいます。
久しぶりの故郷の空気をいっぱいに吸い込んで、
温かい幸せに包まれているようです。

今回、「福岡アジア映画祭」 にこのような形で参加できることを
心より感謝しています。
この映画祭は映画や地元を愛する市民のボランティアの皆さんで
運営しているとのこと。
その努力は並大抵のことではないでしょう。
福岡を愛する一人として、本当に誇らしく、
そして 『世界はときどき美しい』 と監督と一緒に帰福できることが
本当に本当に幸せです。
監督にも、是非、山笠の士気高まる福岡の良さを
いっぱい満喫して帰ってもらいたい
「山笠ンあるけん、博多たい」 ですよ

二年前のことを御法川さんが回想していましたが、
私も福岡に戻ってきて、二年前福岡で暮らしていたことを思い出していました。
以前、福岡の神社で巫女をしながら、映画と出会うまでのことを
書かせていただきました 
先ほど、その神社にお礼参りに行っていましたが、
あの頃から、この二年間で撮影を経て、公開するまでも
いろんなことがあり、たくさんの映画祭に出品もされ、
思えばたくさんの喜びに出会えました。
私のリアルな生活は地に這い蹲るような地味な生活ではありますが、
その中で自分なりの自分自身の壁と出会い、
ひとつひとつの痛みに耐えながらも、自分ひとりでは何もならず、
今、この場にいられることは
たくさんの方々の助けのお陰に他ならない。

今、一巡りしたこういう節目の中にいて、感謝と幸せをかみ締めます。

早く大切な人々に返せるような自分に、

◎追伸
山口伊太郎翁のご冥福を心よりお祈り致します。
素晴らしいものを残していかれる先人の意思を受け継いで、
脈々と受け継がれてきた先祖の魂を継承し、
後世に恥じぬ、魂を残せる生き方を心を込めてしようと
今年の七夕の願いに乗せて祈ります。
今年も皆様のたくさんの幸せが叶いますように

◎監督へ
福岡にてお待ちしています
これから一足早く映画祭の皆さんに会いにいってきます

◎草野康太さま
『八州廻り 桑山十兵衛』 拝見させていただきました
次回、最終回なのですね
着物姿のチョイワル草野さん、とってもカッコ良かった
今、残されている日本の魂を伝えるお仕事、素晴らしいと思います。
携わるたくさんのスタッフの方々に心からの敬意を。
posted by seka-toki at 01:47 | 片山瞳より

2007年06月29日

草の便りへの便り

草野康太さま

先日、草野さんのブログ 「草の便り」 と御法川監督のやり取りを
見ながら心温めていましたが、
なんと 今度は私にお手紙をいただきました

とってもびっくりしました
ありがとうございます。

もうすぐ時代劇の放送が始まり、終わっていくのですね
ぜひ楽しみに見ますね!
7月3日(火) 「八州廻り 桑山十兵衛」(ANB)

昨日、私の方も大事な仕事が一段落したところで、
厳しくも、その中にたっぷりと流れている優しさの中で
本当に鍛えてもらいました。
一人で、孤独で、魂で。
そう在る人々とのぶつかり合いは本当に心を満たしてくれるもの。
まだまだ俳優としての道のりを始めたばかりの私は
この道に広がる深遠をただ覗きこむばかりの状態ですが
俳優とはただただ無心に、そこにいてくれるたくさんの方々の心に、
プロとして覚悟を据えてまっとうしようとしている大きな
器に飛び込んでいく、すべて捧げて、預けていくような
そういう役割なのでしょうか?
まだまだ模索中なのですが、人生をかける問いになりそうです。

もう京都からは戻られましたか?
我がチームの父、御法川監督もこれから京都の上映へと旅立ちますね
お二人の間に流れる信頼と愛情に、本当にうらやましく思うこと、
多いです。
もの作りの仲間として、歳月をかけて、育んでいった同胞の絆は
いつまでたっても決して消えることはないのでしょうね
私も頑張らなきゃ
なので今度酒場で飲み明かす時は私も仲間はずれにしないで下さいよ〜
私だって・・・お酒の一滴や二滴・・・くらいは
あ。すみません、ウーロン茶で(笑) 朝までお供しますからっ

御法川監督が二年前の京都での撮影を回想していましたが、
その頃にいただいたメールに 「桜の舞に気が狂いそうになっています」 と、
あったのを思い出しました。
そういう感性が映画の中に狂いそうなほど繊細に流れている。
この映像詩を見て、やっとその感性が手に取り、目に見えて、わかりました
どうかどうか優しい人の優しい感性にたくさん届きますようにと
願ってばかりですが・・・

そうそう、大祓から京都での上映が始まるのですね
監督、いってらっしゃい!!!
この半年の思いを天に手渡し、また新たな道を歩む準備をしましょう
水無月の輪をくぐったら、どんな景色と出会えるんだろう

今日から福岡アジア映画祭が始まっていますね
とにかく私は福岡の大切な人々に見てもらえる日が
楽しみでなりません

やっぱり個人的な思いばかりになってしまいましたが
また会える日を楽しみにしています
では、また
posted by seka-toki at 12:14 | 片山瞳より
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。