Welcome  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

   このブログは、映画 『世界はときどき美しい』 の御法川修監督と、
  女優デビューを飾った片山瞳さんの交換ブログとしてスタートしました。
  映画は、第19回 東京国際映画祭でお披露目されたのち、
  2007年3月31日に渋谷ユーロスペースで封切られました。
  以後、順次全国で公開された他、国内外13の映画祭でも上映。
  現在はDVDが発売&レンタル中です。

  日本映画バブルの渦の中で公開された、小さな小さな一本ですが、
  製作に携わった私たちにとっては、かけがえのない大切な作品です。
  振り返れば、最初は行き先の不安な船出でした。
  ゆっくり一年をかけて、思いがけないほど多くの観客に恵まれた今は、
  映画のタイトルを口にして、その響きに深く頷いてしまいます。

  このブログは、私たちの映画が歩んだ一年間の軌跡です。
  右サイドバーに整理された情報は、メモリアルアルバムのような趣き。
  劇場へ足を運んでくださった方、DVDで新たに映画と出会ってくれた方、
  これからも多くの人たちが、このブログを訪ねてくれることでしょう。
  この映画が、それぞれの暮らしの中で育まれることを祈っています。
  これからもずっとずっと。  (2008年5月21日掲載)



  News Release  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

  ◆御法川修監督の最新作が2作品同時に始動!!
      sankeiwest.gif
   Irodori_Rogo-A.jpg
   出演◎吉行和子/富司純子/中尾ミエ/藤 竜也
        平岡祐太/村川絵梨/戸次重幸
   主題歌◎原 由子 「ヘブン」   配給◎ショウゲート
   脚本◎西口典子  監督◎御法川 修
   2012年秋、シネスイッチ銀座 他 全国公開
   Copyright © 2012 「人生、いろどり」 製作委員会

   Suchan_Main.jpg imagesCAJCMW11.jpg
   映画 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
   主演◎柴咲コウ/真木よう子/寺島しのぶ
   原作◎益田ミリ (幻冬舎刊)
   脚本◎田中幸子  監督◎御法川 修
   配給◎スールキートス  2013年、全国公開

   Copyright © 2012 「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」 製作委員会
   (2012年4月15日掲載)


  ◆片山瞳さんの最新作は、映画 『海燕ホテルブルー』 のヒロイン
   第60回ベルリン国際映画祭で銀熊賞 (最優秀女優賞) を受賞した
   寺島しのぶさん主演作 『キャタピラー』 など話題作を次々発表している
   鬼才若松孝二監督の最新作で、片山瞳さんがヒロインに抜擢
   直木賞作家船戸与一氏による同名小説の映画化。
   下のバナーを Click 予告編をご覧いただけます。
   (2011年10月28日掲載)
   


  ◆御法川修監督が手がけたコーポレート映像が受賞
   美容サロン用ヘア化粧品の総合メーカーとして国内トップを誇る
   (株)ミルボンの創業50周年記念映像を御法川監督が演出しました。
   片山瞳さんも特別出演されています。
   記念式典で一度限り上映される作品として完成したのですが、
   映像文化製作者連盟が主催する映像祭 「映文連アワード2010」 の
   大賞に当たる経済産業大臣賞を受賞しました。
   (2010年9月30日掲載)

   


 ◆『SOUL RED 松田優作』 (監督御法川修)
  生誕60年没後20年のメモリアルとして、
  最初で最後の公式ドキュメンタリー映画が誕生
  今なお人々の心に生き続ける男の軌跡。

  ★DVD発売中 ★ORICON TOP
  第22回 東京国際映画祭 特別招待作品
  Copyright © 2009 SOUL RED Film Partners 


◆御法川修監督が手がけたテレビCM が好評オンエア中
  映画界の豪華スタッフが顔をそろえ、贅沢な仕上がりになっています。
  是非ご覧になってください。
  (2009年3月1日掲載)

 

  スープで食べる、野菜のおいしく新しいカタチ 「ベジさめ」 新発売
  TV-CM 「モノクローム」 篇 Starring 加藤ローサ
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.


  第49回 「消費者のためになった広告コンクール」 金賞受賞
  
  For Earth,For Life 〜 株式会社クボタ
  TV-CM 「過去と未来 (eプロジェクト地球小屋)」 篇
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.


2007年06月29日

安堵の夜

御法川修さま

片山瞳です
今日、ようやくひとつの山場を越えたところです。
ほっと安堵のため息を、ポツリとしている今晩の私です。
(まだ公表できませんが、どうぞ楽しみにしていて下さい)

さみしいです。
いつもそうです。ひとつの魂を注ぐものを見つけ出して、
それに向かって邁進する時、あらゆる不安や心配や
勝手に背負うプレッシャーの中で悶えているものの、
そこで出会う感動や喜びは計りしれず、途方もない。
すべての終わりは、寂しいです。

休むことのできぬ人生の歩みの中で、
人は一体何をしようとしているんだろう?
孤独の中で何を見出そうとしているんだろう?

分からないから生きているのかもしれません。
ただ愛したいから、だけかもしれません。
posted by seka-toki at 01:22 | 片山瞳より

2007年06月18日

今から続いていく未来

御法川修さま

漫才相方の片山瞳です (笑)
ブログご無沙汰していて申し訳ない
早く新たなお知らせを伝えたいところをうずうずしていますが、
とにかく私も今、次なる動きに全力投球中で
毎日、瀕死の状態です・・・
以前、御法川さんも書いていましたが、
何かを作るということは、命がけですね
今あるもの全てを、今できることに捧げていかなければ
本物は生み出せない
自分自身というのはタカが知れています
だけど一人の人間の持つ力をただひたすらに信じて、
目の前にいてくれる人の愛情を信じて、
今、ここに共に向かい合う人を愛していきたい
そこから生まれるものを信じたい
何ができるわけでもない自分だから
この存在全てを懸けたいのです
ただひたすらに愛していきたいのです

もうすぐ愛する福岡に愛するセカトキと一緒に帰れるのが
楽しみで幸せでしょうがありません
この日のためにずっと帰省をせずに一年半待ち望んでいました
博多の真髄山笠のエネルギーの高まる時期に なんて幸福なこと
(非常に個人的ですが父親の誕生日でもあるんです。
 そして父はあまりの緊張にまだ見ておりません)
・・・ ほんと感謝
福岡の皆様、どうぞ観に来てください

そして全国へと始まっていますね
この一連の動きから優しさとは強さなのだと身をもって知りました
ありがとうございました
いつも
posted by seka-toki at 01:20 | 片山瞳より

2007年06月04日

命の尊厳

御法川修監督さま

片山瞳です
もう作業が一段落した頃でしょうか?
本当に、お疲れ様でした。

ゆっくり休んで、眠って、栄養を蓄えてください。
お疲れさまでした。

全身全霊を注いで魂込めた 「命」 みたいなもの。
きっと 「世界はときどき美しい」 のように
素敵な愛情のこもった作品なのでしょうね。

拝見できるのを心より楽しみにしています。
今や世界中が楽しみに待っていますから。

私も・・・頑張りますから!!!
posted by seka-toki at 03:26 | 片山瞳より

2007年06月01日

満月の祈り

キムチ大使さま

片山瞳です
「キムチ大使」 就任おめでとうございます
世界の扉が開き出している御法川さんに
またアジアの入り口が開いたようで何やら私も嬉しい気持ちです。
今度美味しいキムチをとくと紹介してもらわねば (笑)

そういえば、初めて東京に出てきた10代の頃、
私は寮で4人の韓国から来たモデルさん達とルームシェアしていました。
その時に驚いたことが、その子達みんながみんな、
トランクの荷物の半分が、なんとキムチでした
壷に入ったあらゆる種類のキムチや食材をいっぱい詰めて持って来て
毎晩、美味しく料理して、誇らしく振舞ってくれたものでした。
韓国の方の自国の食べ物を心底愛する姿に驚嘆したことを思い出します。
「食」 は生きることや文化や人間性の根底にあることですものね。

そういえば、撮影終了後のささやかな打ち上げもキムチバーでしましたね。
(予兆 ・・・?)

今夜は満月ですね。
満月と新月の夜は、月に手紙を書いて祈りを捧げるのが
いつからか習慣になっています。
ふと歩みを止めて、自分自身を見つめる大事な時間。
やはり人は自然と共に生きているから、自分の中にある自然のリズムと
同調することで、本来の生きる力が思い起こされるような気がします。
生きていると知らず知らずに人を傷つけていたり
自分自身受けた傷をいつまでも大事に抱え込んでいたりしているから。
立ち止まり、自分の至らなさをあやまり、
もう役に立たなくなったものを手放すため、
もう一度心の声を静かに聞きなおします。

自らを信じ、祈りを行動へと転化し、
自分自身の生きる道のりがこの世を照らす一隅の光となるように。
posted by seka-toki at 04:00 | 片山瞳より

2007年05月26日

終わりから始まりの間の日に

御法川修さま

片山瞳です
今日で東京最終日、舞台挨拶お疲れ様でした
長きに渡る東京上映はこれで一段落ですね
どれだけたくさんの人に観ていただいたのでしょうか?
この場で心よりの感謝を捧げたいと思います

少し寂しい気持ちもします
心の行き場がいつもあるような安心感がどこかにあったのだけど・・・
でもこれから全国へと静かで確かな歩みが始まりますね
大切に育んできた種を誰かがそっと拾い上げて育ててくれますように

さて、私も新たな歩みが始まっています
どうぞ楽しみに待っていて下さい
ここで学ばせてもらったたくさんの事をいっぱい生かしていきたい
「一瞬入魂」
魂を込めて、形にして、たくさんの人の心へ届けられるように
ひとつひとつを愛していきたい
今、ここにいる私のたっている場所で
今の私に出来ること精一杯を捧げていきたい
(そうできない時もあるけれど)
この前、すごく落ち込んでいた時期がありました
どうしようもなくて、気を紛らわせたくて、
大好きな食べ物をいっぱい買いこんで、散歩に出掛けました
足の行くままに任せて、歩いていると
ユーロスペースへと行きついてしまいました
一本映画を見て、また散歩していたら
撮影現場近くへと着いてしまいました

自分が情けないな。と思いながら、
ここで得たたくさんの喜びやたくさんの出来事の中での決意や覚悟、
未来への希望の種、いつしか心で大きく育っていた夢みたいなもの
もう一度しっかり見つめて、抱きしめたくなった

セカトキは私の中で、ふるさとのように、氏神さまのように
私のもうひとつの原点となっているんだろうと思いました

自分自身に戻るために
明日へと強く進む糧を

今、あらためてこの作品と出会えたことへの感謝と
これからもたくさんの人とこの作品が出会えますことを


◎追伸
先日、素敵なプレゼントいただきました
この場でお礼を

劇中のイラストを書かれている浅見ハナさんから
第3章 「彼女の好きな孤独」 をイメージして書いた絵を

一生宝物にしますね
ありがとうございました

第5章の優しいお兄ちゃんを演じる草野康太さんから
先日の上映前に朗読している写真を ありがとうございました

ご自身のブログでのセカトキに対する愛情と素敵な世界観、是非訪ねてください

このブログを見てくれているとご自身の写真集をプレゼントして下さった
ノモトアヤコさん
とても嬉しかったです

大切に見ています
素敵な写真集をありがとうございました
posted by seka-toki at 02:19 | 片山瞳より

2007年05月20日

御法川修さま

片山瞳です
昨日の爆音上映はとても素敵な時間でしたね
急遽、上映前に監督の書き下ろした詩の朗読を。
とても素敵な詩だったのでコチラで紹介させてください


私の生きる暮らしの営みを

一枚の地図に置きかえるとしたら、

それは、せまくて小さな一枚になるでしょう。

その行動範囲はとても限られている。

いくたびか住まいを変えたり、

旅をして見知らぬ土地を訪ねたこともあるけれど、

必ず私は自分が暮らす場所をひとつ定め、

生活を支える賃金を得るための仕事につき、

その往復に日々は溶け込んでいる。

たまに寄り道をする程度で、

私の地図は変わり映えのしないままだ。

とはいえ、

さまざまな顔とすれ違うことも含めた数多くの出会いがあり、

言葉を交わしながら表情の筋肉を隅々まで動かし、

想像を絶する量の食料を胃袋に収めてきた。

それは生まれた時からはじまって、今なお進行中。

歩いたり 走ったり 息切れしたりする一方で、

生きる時間の半分は睡眠に費やしてきた。

未知の感情が生まれるたびに、

自分の心と体の奥深さに驚き、悲しんでもきた。

そんなのろまな一歩一歩に、

感心してしまうことがある。

感心しながら、ふと笑ってしまう。

どんなにありふれて普通に見えようと、

私の想像を超える世界があることに。



この地球と呼ばれる惑星の大きさを想う時、

私はひとつの音符で、

規則正しい五線譜の上に並んでいる。

きれいに配置された時、私はワタシという存在を超えて、

ただただ美しい音楽に置きかえられる。

それは、生まれ変わる、という感じとは違って、

私自身は何も変わらない。

ちっぽけな自意識にとらわれたりせず、

できることならいつでも美しいものと同化していたい。

そう願う。

ただし、いい音色が正しい音域で絡み合うまで、

リハーサルは続くのだ。

その道のりを思うと、遠い。



昨日、私は夢をみた。

その夢は 「つづく」 と字幕が出て終わり、

今夜 私は、

そのつづきを見る。
posted by seka-toki at 14:41 | 片山瞳より

2007年05月18日

この世を旅する

御法川修さま

片山瞳です
遅ればせながら・・・おかえりなさい
「バルセロナ・アジア映画祭」 いい旅だったようでなによりです
先日のトークショーでは、またより一層に熱い情熱のほとばしる
監督の言葉やオーラに感服・・・

ちょうど監督がバルセロナに行っている時、
私はといえばバーチャルなバルセロナの旅をしていました (?)
偶然にもテレビをつけるとスペイン・バルセロナの芸術を巡る旅紀行を放送していて
すっかり行った気になっていた私でした (笑)
やっぱりそれでも 「私も行きたかった・・・
けれど、今度のバウスシアターでのトークショーでまた色んなお話や
監督の得てきたたくさんの 「幸福」 を
来てくださる皆さんと共に感じれたらな、と思っています

爆音上映もとても楽しみです
セカトキの美しい繊細な音が大きな音となり聞けるこの機会は
日常にあっても聞こえない音の感覚を広げてくれるような
とても大事な機会のような気がします

私達人間は自分の見たいものや聞きたいことしか
普段はキャッチしないのではないかな、と思います
どれだけ自分が閉ざしているのかを常々思い知ります
私がこんなにセカトキの世界を好きになったのは
今まで全然意識していなかった感覚を教え開いてくれたからだと思います

世界は人の数だけの多次元の世界が織り成していて
自分の世界はあまりにもちっぽけです
ちっちゃい中で悩んだり苦しんだり、一生懸命生きようとしているのだけど
そんな中でたくさんの喜びをささやかな出来事から感じ取れることは
とても幸せなことだと思います

そういう大切なことを知れたこと
「生きることを好きになる」
本当に本当に大切な経験です

爆音上映もとても大切な経験になるだろうな・・・と
今から期待をこらえている私です

私と一緒にトークショーをすると心配で老け込むかもしれませんね
(最近はお兄ちゃんを通り越しておじいちゃんな心境だと言ってましたね)
(いつもご心配かけてすみません・・・)
心を開いて伝えるということに怖れを感じてしまうけれど
怖れは勇気を持って乗り越えていかなければなりませんね
ひとつひとつの機会をしっかりと真摯に受けとめて返していきたいと思っています

プチ写真展も開催されるのですね
セレクトBOOKショップ 「百年
本がないと生きていけない私のような人間には
こんな場所は都会のオアシスのように有り難い空間です
早く足を運びたい。楽しみです
posted by seka-toki at 02:13 | 片山瞳より

2007年05月08日

感謝

御法川修さま

片山瞳です
「バルセロナ・アジア映画祭」 いかがでしたか?
トークショーと同じ日にきっと監督も
彼方の地で語っていることだろうとお話していました
素敵な土産話、楽しみにしています


先日、トークショーにご来場の皆様
GWの貴重な時間の中、たくさんの方に足を運んでいただき
本当にありがとうございました

お蔭様で私達も楽しい時間に夢中になり
伝わるようにお話できたかの反省もありながらも
いつもは全く言葉にならない気持ちを少しでも話せることが出来て
この場に、素敵なパートナー福嶋さんにも、
来て下さった方々にも感謝です

福嶋さんがご自身のブログでも書いて下さってます
(ありがとうございますとてもうれしいです
終了後、ささやかな打ち上げを・・・
今度はもっとこうしようああしよう
反省しながら、笑い合いながら、月に祈る晩でした

ユーロスペース最後のトークショーは
御法川監督のティーチインですね

ムーブオーバーで吉祥寺へ移るとはいえ
たくさんの思いの通ったユーロスペース最後のステージは
感慨深い場となるでしょうね

時は刻々と成長を引きつれて、明日へのまた力強い一歩に
posted by seka-toki at 00:24 | 片山瞳より

2007年05月03日

明日トークショー!

御法川修さま

片山瞳です。今日から 「バルセロナ・アジア映画祭」 ですね
もうバルセロナの地へと着いているのでしょうか?
良い旅になることを心よりお祈りしています
きっと監督のパワーでいい旅を作り上げていくことでしょう

監督不在の中、セカトキを愛する一員として
明日のトークショーを素敵な時間にできたら。と思っています
どうぞお立ち寄り下さい

◎5月4日(金) 夜9:10の回 上映後にトークショー
  【ゲスト】 片山瞳 × 福嶋真砂代さん

「ほぼ日刊イトイ新聞」 で福嶋真砂代さんの書いたインタビュー記事 (@ A B) を読んで、
愛情持って深く話しを掘り下げていく切り口とユーモアに魅せられて
大好きになった方なので、今回のトークショーは私自身とても楽しみです
話し下手を克服できるかしら・・・? (頑張ります
福嶋さんとお話していると楽しすぎて、
時間も忘れて心の壁もとっぱらって夢中になってしまう
明日も楽しい時間をお届けしたいと思っています
どうぞお待ちしています

たくさんの人に愛されてムーブオーバー決定です
ありがとうございます
どうぞ 人生にときどきの美しさを感じにいらっしゃってください
posted by seka-toki at 22:49 | 片山瞳より

2007年04月22日

ここのこころ

御法川修さま

片山瞳です
雨がやみ、緑の美しさが目に飛び込んできます
もう夏の気配ですね

今日は夕日がとても綺麗です


この映画の私の演じた 「まゆみ」 という女のコ
年はいくつくらい?
仕事は何を?
どんな人生を?
よくわからないまま心を追っていました

人の心というものは本人すらも手を焼くくらい難解

人の心の拠り所や心の道筋
心深くにあるもの
大切にしているもの

出会うすべてのひとの
今生出会えないけれど繋がり合うすべての人の
私自身の

目には見えないが深く広がる世界

たくさんの心の色とりどりな世界が美しいといつも思える自分でいれたら、と悩む
あらゆるものを受け入れる受け止める心の広さを求めている
頭で考えるこの世のパズルはあまりに難解で寄り道ばかりをしてしまう
あらゆるものを脱ぎ捨ててしまえたら、と願う

今日の日は、今、ここに、あるべき場所へあるべきことに感謝をしたい

夢や理想や願いや祈りを全て心の内にしまって、
私達が私達らしく幸せを微笑み合い優しく生きていける世界は
すべて私達の心の在り方次第だから

今日の日をとても愛しく思いやります


◎ブログをご覧の皆様へ
「世界はときどき美しい」のエンドロールは関わった方々の名前が
織物を織るように作られているのだそうです
私は初めてそれを聞いて、すみずみまで行き渡っている愛情に感動しました
上映が終わってもなかなか席をたてないいくつかの理由のひとつ
美しい鈴木慶江さんの歌声と共に、最後までどうぞお楽しみください

◎追伸
尾崎豊さんの追悼特別番組の司会アシスタントを勤めさせていただくこととなりました

 4月28日(土) 20時〜22時 NHK BS-2
 「15年目のアイラブユー」

没後15年を迎える尾崎豊さんが残した名曲の数々を、
生前に撮影された100時間に及ぶ秘蔵の映像と共に紹介します
尊敬する大先輩、松田美由紀さんと一緒にやらせていただきます
美由紀さんはスペシャルコメンテーターとして、
熱く温かい愛のメッセージを伝えてくれることと思います
初の生放送で緊張しております
頑張ります
どうぞよろしくお願いします
posted by seka-toki at 19:55 | 片山瞳より
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。