Welcome  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

   このブログは、映画 『世界はときどき美しい』 の御法川修監督と、
  女優デビューを飾った片山瞳さんの交換ブログとしてスタートしました。
  映画は、第19回 東京国際映画祭でお披露目されたのち、
  2007年3月31日に渋谷ユーロスペースで封切られました。
  以後、順次全国で公開された他、国内外13の映画祭でも上映。
  現在はDVDが発売&レンタル中です。

  日本映画バブルの渦の中で公開された、小さな小さな一本ですが、
  製作に携わった私たちにとっては、かけがえのない大切な作品です。
  振り返れば、最初は行き先の不安な船出でした。
  ゆっくり一年をかけて、思いがけないほど多くの観客に恵まれた今は、
  映画のタイトルを口にして、その響きに深く頷いてしまいます。

  このブログは、私たちの映画が歩んだ一年間の軌跡です。
  右サイドバーに整理された情報は、メモリアルアルバムのような趣き。
  劇場へ足を運んでくださった方、DVDで新たに映画と出会ってくれた方、
  これからも多くの人たちが、このブログを訪ねてくれることでしょう。
  この映画が、それぞれの暮らしの中で育まれることを祈っています。
  これからもずっとずっと。  (2008年5月21日掲載)



  News Release  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

  ◆御法川修監督の最新作が2作品同時に始動!!
      sankeiwest.gif
   Irodori_Rogo-A.jpg
   出演◎吉行和子/富司純子/中尾ミエ/藤 竜也
        平岡祐太/村川絵梨/戸次重幸
   主題歌◎原 由子 「ヘブン」   配給◎ショウゲート
   脚本◎西口典子  監督◎御法川 修
   2012年秋、シネスイッチ銀座 他 全国公開
   Copyright © 2012 「人生、いろどり」 製作委員会

   Suchan_Main.jpg imagesCAJCMW11.jpg
   映画 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
   主演◎柴咲コウ/真木よう子/寺島しのぶ
   原作◎益田ミリ (幻冬舎刊)
   脚本◎田中幸子  監督◎御法川 修
   配給◎スールキートス  2013年、全国公開

   Copyright © 2012 「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」 製作委員会
   (2012年4月15日掲載)


  ◆片山瞳さんの最新作は、映画 『海燕ホテルブルー』 のヒロイン
   第60回ベルリン国際映画祭で銀熊賞 (最優秀女優賞) を受賞した
   寺島しのぶさん主演作 『キャタピラー』 など話題作を次々発表している
   鬼才若松孝二監督の最新作で、片山瞳さんがヒロインに抜擢
   直木賞作家船戸与一氏による同名小説の映画化。
   下のバナーを Click 予告編をご覧いただけます。
   (2011年10月28日掲載)
   


  ◆御法川修監督が手がけたコーポレート映像が受賞
   美容サロン用ヘア化粧品の総合メーカーとして国内トップを誇る
   (株)ミルボンの創業50周年記念映像を御法川監督が演出しました。
   片山瞳さんも特別出演されています。
   記念式典で一度限り上映される作品として完成したのですが、
   映像文化製作者連盟が主催する映像祭 「映文連アワード2010」 の
   大賞に当たる経済産業大臣賞を受賞しました。
   (2010年9月30日掲載)

   


 ◆『SOUL RED 松田優作』 (監督御法川修)
  生誕60年没後20年のメモリアルとして、
  最初で最後の公式ドキュメンタリー映画が誕生
  今なお人々の心に生き続ける男の軌跡。

  ★DVD発売中 ★ORICON TOP
  第22回 東京国際映画祭 特別招待作品
  Copyright © 2009 SOUL RED Film Partners 


◆御法川修監督が手がけたテレビCM が好評オンエア中
  映画界の豪華スタッフが顔をそろえ、贅沢な仕上がりになっています。
  是非ご覧になってください。
  (2009年3月1日掲載)

 

  スープで食べる、野菜のおいしく新しいカタチ 「ベジさめ」 新発売
  TV-CM 「モノクローム」 篇 Starring 加藤ローサ
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.


  第49回 「消費者のためになった広告コンクール」 金賞受賞
  
  For Earth,For Life 〜 株式会社クボタ
  TV-CM 「過去と未来 (eプロジェクト地球小屋)」 篇
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.


2007年04月16日

この映画と出会うまで

御法川修さま

『世界はときどき美しい』 第3週目を迎えましたね
私の回りでもたくさんの評判が飛び交っています
たくさんのメッセージが返って来る事に幸せを感じています
何度も足を運んでくれる方もとても多く、ありがとうございます

それぞれの人生へと続いていく・・・
それぞれの幸福がいっぱいに広がっていくことを祈っています

私自身この映画と出会えたことを心から感謝します

  

この映画と出会った時のこと
私はその頃、17歳から6年続けたモデルをやめて、
恋人と暮らしていた生活を引き払い、東京での生活を捨てて、
実家、福岡へと戻り、巫女さんになっていました
なおさらに、この映画との出会いを運命的に感じたのを覚えています

モデルを続けながら、何が何だか自分がよくわからなくなっていた
もがけばもがくほどに心が渇いて苦しかった
何をやりたいのか?何ができるのか?
私が私として生きる意味を知りたかった
(今、思うと若さの暴走のただの自分勝手でした、ご迷惑かけてごめんなさい)

憑かれたように全国各地のあらゆる神社に足を運ぶようになりました
でも表面ばかりをなぞっていても何も生まれない
いっそのこと氏神様の懐に、私の生まれた原点にもう一度戻りたいと思っ立った
見失っていたから
原点の氏神様に仕えながら、もう一度 「本当の私」 と出会いたかったから
巫女さんになった

毎日毎日、朝、山を登り、参拝から始まり、祝詞を聞き、お守りを手渡し、社を眺め、
季節の過ぎる音を聞き、祈る人々を見つめ、祈り続けていた

 「どうぞ私をお導きください」
 「愛する道を教えて下さい」

祈りながら、今まで自分がどんなにわがままで傲慢で、
与えられるものを拒否し続け、逃げ続けた愚か者であったか
人の気持ちを気付かずに傷つけてきたのかを氏神様は痛みをもって教えてくれた

捨てたものをひとつひとつ拾い集めながら、祈り続けていた
「ごめんなさい」「ごめんなさい」
すべての出来事は返ってくるから、必要な刈り取りと反省をしていたのだと思います

山が秋に染まり、寝れない神社のお正月を乗り越えて、寒さに耐え、
桜が咲き誇り出す頃に、この映画の出演依頼と脚本が届いた

5年前の雑誌を見て、イメージに合うので出演してほしい?!

びっくりした
神様からの返信だと思いました

脚本ではヌードがメイン
覚悟が必要だった
けれどもう一度やり直すことができるなら
私のすべてを、体も心もすべて裸にして、全身全霊全てを捧げようと思った
それが与えられた道ならば

それからたくさんの出会いを経て、たくさんの経験をさせていただき、
「女優」 として生きる道、歩んでいける幸せを見つけた
今まで生きてきた道を愛情持って見つめることができるようになった

感謝でいっぱいです
これからお返しをいっぱいしたいです
花咲くことがお返しになるなら
一生を投じてこの道を進みます

醜くても、未熟でも、完璧じゃなくても、馬鹿でもいいから
目の前のこと、目の前の人を精一杯愛していきたい

今は必死に掴んでいる精一杯の小さな手が
大きく深く包み込む優しい腕になるように

勇気と努力と忍耐を持って
愛する道を歩んでいきたい


◎追伸
今、映画のポスターやプレスに私がサインをしたものが
オークション出品されています
自分のことばかりの心情を、この場で綴るのは如何なものかと躊躇していましたが、
原点の決意として心を裸にすることも大事と思いました
サインしたものを持ってくれる方やエネルギーを投じて下さる方々への敬意を込めて、
私を知ってもらいたく、未熟ながらに長々と書かせてもらってすみません
posted by seka-toki at 15:08 | 片山瞳より

2007年04月12日

春の目覚め

御法川修さま

片山瞳です
桜がもう散ってしまいます
桜の開花とともに始まった 「世界はときどき美しい」展、
4月10日をもって終了しました
たくさんの方々に足を運んでいただき、
ここで交わしたたくさんの思いや時間は大切なものでした
ありがとうございました
  

またここから、明日へと向かう大きな糧です
春の優しさは夏へと向かう熱いエネルギーへと変えて・・・

遅ればせながら
先日8日のトークショーにご来場の皆様、
本当にありがとうございました
愛情を体全体でひしひしと感じる一日でした
この場で自分の心の内をしっかり伝える と決意表明を
させてもらった私ですが
理想と現実の振り幅は大きくて、課題は山積み

一歩一歩・・・がんばろう!!!
それが完璧じゃなくても、それが愛する理由になるなら

舞台挨拶に来ていただいた皆様にも
心より感謝申し上げます
受けとってくださる方々がいて、はじめて輪が成立します
与えることと受け取ることは同じことだと実感しています
舞台裏での幸せを押さえきれない面々です ▼



昨日、私は夢をみました
地中深く、暗い暗い闇の中をぐるぐると廻り落ちていく夢
「闇」 というのは安堵、やすらぎ、静寂。
誰にも邪魔されることのない、大きな腕に抱かれているような安心。孤独。
深い深い孤独の一番奥まで落ちていくと
そしたら、そこは光輝く、光の世界が目の前いっぱいに広がっていた
たくさんの命が一つひとつが光になって揺らめいていた
永遠につづく幸せが嬉しくて揺れていた

そこで新しい命がひとつ、ふたつ、産声をあげていた
オギャーと生まれた新しい命
新しい生命
あたたかく見守るまなざし

いつも側にある温かい眼差し
命という幸せ
それはいつも側にあるけれど、気付けない、忘れてしまうから

大事、なこと。

いつも幸せはここにあるのに、小さな手では受け取りきれないから、
小さな幸せを互いに微笑み合う

願わくば、ささやかな幸せが寄り集まり、大きな幸せへと育ってほしい
誰の心にも幸せの光の種があるから
たくさんの幸せが目覚めますように
そういうささやかさの種が
この映画を観て下さった方々の心から育っていきますように、と
勝手なる祈りです
posted by seka-toki at 14:52 | 片山瞳より

2007年04月07日

気持ち

御法川修さま

片山瞳です
今日から 「名古屋シネマスコーレ」 での上映が始まりましたね
日本の前にマイアミ国際映画祭という嬉しい出来事がありましたが
これからいよいよ日本各地へと・・・
春と訪れとともに、たくさんの幸せが舞い降りますように
監督はいつものように喜び勇んで帰ってくることを期待して

東京では今日で1週間目の上映となりました
たくさんのご来場、本当にありがとうございます
皆、舞台裏では感無量の思いでいっぱいでした
 

昨日は、木野花さん、草野康太さんの舞台挨拶
たくさんのお客様に一同感謝しています
この映画に参加したことで出会う人々の背中を見ながら
私はあらためて映画という世界に生きる人々、お芝居の世界に生きる人々の
純粋な思いや情熱や生きる姿勢、伝えようとする愛の深さ、
人生に意義を持って生きる美しさに度々感動します
きっとどんな仕事に就いていても一緒なのでしょうが
真摯に果敢に挑戦していくこと
どんな出来事の前にも、愛情を持って接し、行動していくこと
私はこの映画で尊敬する先輩方に、大切な大切なことを
言葉でなく、その姿から教えてもらっています
何にも変え難い大切な記憶の宝物が日々増えていくようで
足繁く劇場へと通ってしまう私ですが・・・
日々が輝く宝物のようで
感謝でいっぱいであらゆるものを愛したい気持ちになります

そんな思いや気持ちばかりが先行して、書くのはいいのですが、
それを自分の言葉として話すことに臆病になりがちな私です
言葉というものはいつも曖昧で頼りなく、恥ずかしく
いつも本当の気持ちを言葉にして話すのは難しくて、ほとほと困ってしまいます
大切な気持ちほど手をつけられなくて、思いばかりに圧倒されてしまって、
ひっそりと心の奥に沈めて伝えられないまま
後で後悔してしまう
けれど大切な気持ちほど伝えなくてはいけないですよね
伝えること、が一番目じゃなくて、伝えようとする意思が
思いを言葉にしてそれを差し出そうとする事が尊いことなのかなぁ、と
今更ながらに思いました
だから明日トークショーを監督とやらせていただきますが
今までの舞台挨拶、後悔尽くしだった私の1つの決意として
大切な心は、大切に、丁寧に伝えようと思います
信頼する兄貴、御法川さんもいるので安心して
私にできる限りのことをしたいと思っています
どうぞよろしくお願いします

そんなわけで明日 「ソーン・ツリーギャラリー
14時からのトークショー
ぜひお待ちしています
posted by seka-toki at 06:56 | 片山瞳より

2007年04月02日

祝宴の続き

御法川修様

お誕生日おめでとうございます



今夜は満月です
posted by seka-toki at 23:34 | 片山瞳より

2007年04月01日

心からのお祝いを

御法川監督さま

片山瞳です
初日無事終了、お疲れさまでした
そして、公開初日のこのたくさんの喜びと幸せに参加させて頂けたことを
心から
ありがとうございます

今日、劇場に足を運んで下さった皆様
本当にありがとうございます
たくさんの出会いや思いに感動しました
たくさんのご来場に心より感謝致します
ありがとうございました

監督、プロデューサーの西さんはじめスタッフ、キャストの皆さん
「世界はときどき美しい」製作委員会の皆さん、
この映画に関わって下さったたくさんの方々
この良き日までの長き道のりやたくさんの思いを想像すると、
言葉が見つかりません
気持ちが込み上げてきて涙をこらえるのに必死でした

きっと監督はこの何百万倍くらいもの気持ちでいっぱいでしょうね

監督、おめでとうございます!!!!!!

初日、
モーニングショーは監督と松田美由紀さんと鈴木慶江さんとの舞台挨拶
レイトショーは監督と柄本明さんの舞台挨拶が行われました

たくさんのご来場、本当にありがとうございました

月並みな言葉しか見当たらない自分が情けないのですが
感謝と喜びでいっぱいです


4月1日の朝は、
監督と瀬川亮さんと私とでモーニングショーの舞台挨拶をさせていただきます
ぜひ、心より、お待ちしています
たくさんの笑顔と出会えますことを

お昼は「世界はときどき美しい」 展
ソーンツリー・ギャラリーにて酒井景都さんのトークショー

夜は監督と松田龍平さんと浅見れいなさんとの舞台挨拶

明日はセカトキ日和です
春、満開ですね
雨がふりませんように
posted by seka-toki at 01:37 | 片山瞳より

2007年03月31日

祝!!!

これから初上映
行ってきます



posted by seka-toki at 08:20 | 片山瞳より

本日・・・公開!!!

御法川修様

片山瞳です
いよいよ 『世界はときどき美しい』 公開初日となりましたね
心からのお祝いとお喜び、申し上げます



昨日は 「世界はときどき美しい」製作委員会のみなさんと一緒に
縁ある神社に正式参拝へと行ってきました
この一ヶ月というもの、あまりの高揚に夜眠れない日々が続いていましたが、
参拝できたことでひとつの区切りとして、ようやく息をつけた気持ちでいます
終わりと始まりですね

人事を尽くして天命を待つ と昔から言いますが
後は見てくださるひとりひとりの心が
ひとりひとりが劇場に足を運んでくださるエネルギーが
この映画を動かしていく
監督のおっしゃるように見て下さる皆様がこの映画の最後のスタッフ
たくさんの人々の経験や思いが重なり、心が動いたり、響き合ったりしながら、
大きなひとつの美しさが完成します
ひとりひとりの心深くに届きますように・・・と、ただ、今は祈るばかりの心境です

今日が素晴らしい一日であるように
足を運んでくださる皆様、心より感謝しながらお待ちしています
(監督の心を受け継いできっと尊敬と感謝を込めてニコニコしているはずです。
 どうぞ受け取ってください)
雨がふりませんよう

詳しい時間等インフォメーションをご覧ください
心よりお待ちしています
posted by seka-toki at 01:42 | 片山瞳より

2007年03月28日

公開3日前!

御法川修さま

片山瞳です
映画の天才」、拝見しました
「週末映画プレゼンバトル」 も。
こうやって、どんどん一人歩きを始めたこの映画。
もうすぐたくさんの人の目に触れ、いろんな場所でいろんな気持ちが行き交うのでしょうか
映画情報サイト 「シネマスクランブル」 の編集長、中井圭さんは、
なにをおいてもまず自分がやらなけりゃって走り出す熱い人。とのご紹介。
まるで御法川監督のようだと思ったのは私だけ?
なにかを伝えたいと心からの情熱は必ず届くと信じます

先日、面白いことがありました
映画の取材での1コマ。
この映画のキャッチコピー
「生きることを好きになる。あなたが教えてくれました。」

このあなたとは誰か?という話になり、
インタビュアーの女性は
情けなくどうしようもない自分を見守ってくれていた自分のまわりのすべての人だと。
(素直な気持ちを教えてくれてありがとうございました)

宣伝担当、白川さんは
この映画の主人公達が教えてくれる、と。

私は、この映画に携わったみなさんが教えてくれた、と。

今まで自分の生きてきた道によって、いろんな答えがありますね
御法川監督はどうお考えですか?

この映画は答えがなく、自分の人生に答えを見出していく、というような気が私はします。
それぞれの人生から感じた素直な感想を早く聞いてみたいな、と
期待半分、不安半分の今の心境です
いよいよ公開3日前となりましたね
posted by seka-toki at 00:28 | 片山瞳より

2007年03月27日

ムーミンベーカリー&カフェ

片山瞳です。
ムーミンベーカリー&カフェ」 に行ってきました
松田龍平さん主演の一篇 「スナフキンリバティ」 から
イメージされたオリジナルメニューが登場してます

 

店内の至る所に映画のポスターやいろんな風景を切り取った写真、
松田龍平さんの写真 (とても素敵でした) などいっぱい飾ってあって
まるでもうひとつの写真展のようでした

ごはんもとっても美味しくて
パンは食べ放題
いっぱい種類があって幸せいっぱいお腹もいっぱい

 

スナフキンフェアは3月29日まで
ムーミンと一緒にご飯を食べられるメルヘンの入り口までどうぞ

 

スタッフさんも優しい方達で・・・ありがとうございました
ご馳走さまでした
とっても美味しかったです


 3月29日までです
 お早めに〜
 今度は食べてセカトキの世界を感じてください


posted by seka-toki at 00:00 | 片山瞳より

2007年03月22日

世界はときどき美しい展

昨日オープニングを迎えましたセカトキ展
ご来場の皆様、ありがとうございました
とっても美しくてみずみずしい空間です
ぜひ足をお運びください

 

初日は監督、写真家・大橋愛さん、イラストレーター・浅見ハナさんのトークショー
私も知らなかったたくさんのエピソードが語られ、とても楽しい時間でした
  

 写真家の大橋愛さんと。
 その名の通りにとても愛らしい女性
 美しい目線から美しい瞬間を切り取っててすてき




 こちらは浅見ハナさんと。
 穏やかなパワーを持った素敵な方
 この絵は私の出演した第3章をイメージして描かれたもの
 このギャラリーに入ってすぐに心惹かれ、後から聞いて納得


5つの物語の絵が飾られています
独自の世界観に惹きつけられます
 


 第5章の大輔兄ちゃん、草野康太さんと。
 作品に懸ける情熱・・・かっこいいです


満員御礼のオープニング、本当にありがとうございました
パーティーも賑やかで楽しいものとなり、たくさんの出会いに感謝します


 プロデューサー西さんと。
 とってもファニーで優しい我らの父です





 セカトキチーム



これからもトークショーやイベントも続いていきます
またもうひとつの美しい世界を感じにいらして下さい
お待ちしてます
posted by seka-toki at 13:56 | 片山瞳より
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。