Welcome  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

   このブログは、映画 『世界はときどき美しい』 の御法川修監督と、
  女優デビューを飾った片山瞳さんの交換ブログとしてスタートしました。
  映画は、第19回 東京国際映画祭でお披露目されたのち、
  2007年3月31日に渋谷ユーロスペースで封切られました。
  以後、順次全国で公開された他、国内外13の映画祭でも上映。
  現在はDVDが発売&レンタル中です。

  日本映画バブルの渦の中で公開された、小さな小さな一本ですが、
  製作に携わった私たちにとっては、かけがえのない大切な作品です。
  振り返れば、最初は行き先の不安な船出でした。
  ゆっくり一年をかけて、思いがけないほど多くの観客に恵まれた今は、
  映画のタイトルを口にして、その響きに深く頷いてしまいます。

  このブログは、私たちの映画が歩んだ一年間の軌跡です。
  右サイドバーに整理された情報は、メモリアルアルバムのような趣き。
  劇場へ足を運んでくださった方、DVDで新たに映画と出会ってくれた方、
  これからも多くの人たちが、このブログを訪ねてくれることでしょう。
  この映画が、それぞれの暮らしの中で育まれることを祈っています。
  これからもずっとずっと。  (2008年5月21日掲載)



  News Release  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

  ◆御法川修監督の最新作が2作品同時に始動!!
      sankeiwest.gif
   Irodori_Rogo-A.jpg
   出演◎吉行和子/富司純子/中尾ミエ/藤 竜也
        平岡祐太/村川絵梨/戸次重幸
   主題歌◎原 由子 「ヘブン」   配給◎ショウゲート
   脚本◎西口典子  監督◎御法川 修
   2012年秋、シネスイッチ銀座 他 全国公開
   Copyright © 2012 「人生、いろどり」 製作委員会

   Suchan_Main.jpg imagesCAJCMW11.jpg
   映画 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
   主演◎柴咲コウ/真木よう子/寺島しのぶ
   原作◎益田ミリ (幻冬舎刊)
   脚本◎田中幸子  監督◎御法川 修
   配給◎スールキートス  2013年、全国公開

   Copyright © 2012 「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」 製作委員会
   (2012年4月15日掲載)


  ◆片山瞳さんの最新作は、映画 『海燕ホテルブルー』 のヒロイン
   第60回ベルリン国際映画祭で銀熊賞 (最優秀女優賞) を受賞した
   寺島しのぶさん主演作 『キャタピラー』 など話題作を次々発表している
   鬼才若松孝二監督の最新作で、片山瞳さんがヒロインに抜擢
   直木賞作家船戸与一氏による同名小説の映画化。
   下のバナーを Click 予告編をご覧いただけます。
   (2011年10月28日掲載)
   


  ◆御法川修監督が手がけたコーポレート映像が受賞
   美容サロン用ヘア化粧品の総合メーカーとして国内トップを誇る
   (株)ミルボンの創業50周年記念映像を御法川監督が演出しました。
   片山瞳さんも特別出演されています。
   記念式典で一度限り上映される作品として完成したのですが、
   映像文化製作者連盟が主催する映像祭 「映文連アワード2010」 の
   大賞に当たる経済産業大臣賞を受賞しました。
   (2010年9月30日掲載)

   


 ◆『SOUL RED 松田優作』 (監督御法川修)
  生誕60年没後20年のメモリアルとして、
  最初で最後の公式ドキュメンタリー映画が誕生
  今なお人々の心に生き続ける男の軌跡。

  ★DVD発売中 ★ORICON TOP
  第22回 東京国際映画祭 特別招待作品
  Copyright © 2009 SOUL RED Film Partners 


◆御法川修監督が手がけたテレビCM が好評オンエア中
  映画界の豪華スタッフが顔をそろえ、贅沢な仕上がりになっています。
  是非ご覧になってください。
  (2009年3月1日掲載)

 

  スープで食べる、野菜のおいしく新しいカタチ 「ベジさめ」 新発売
  TV-CM 「モノクローム」 篇 Starring 加藤ローサ
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.


  第49回 「消費者のためになった広告コンクール」 金賞受賞
  
  For Earth,For Life 〜 株式会社クボタ
  TV-CM 「過去と未来 (eプロジェクト地球小屋)」 篇
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.


2007年12月10日

滋賀会館シネマホール

御法川から劇場情報を。

今週12月14日(金)から、
「滋賀会館シネマホール」 での上映がはじまります。
クリスマス・イブの12月24日(月・祝)まで、一日1回上映。
(12月17日は休映です)

この映画館はそもそも、
滋賀県の文化事業として設立された公設映画館でしたが、
県の財政難から劇場運営を停止する話が持ち上がり、
これに対して立ち上がった県民有志の手で存続しているという
全国でもまれな 「公設民営」 映画館なのです。
NPOシネファンク (滋賀会館シネマホールファンクラブ)

春からはじまった 『世界はときどき美しい』 の劇場公開も、
今年はこれで締めくくり。
でも、ぼくの 「映画館をめぐる冒険」 は終わっていません。
いま取り組んでいる作業を切り上げて、
12月22日(土)に劇場へうかがいますので!!

この機会に、DVDで出会ってくれた京都近郊の方々も是非
京都駅からJRで一本、所要時間10分。
スクリーンで再会していただけたら嬉しいです。
心から。

 ◎滋賀会館シネマホール
   TEL 077-522-6232

  【アクセス】
   JR 「大津駅」 から徒歩5分
   京阪 「島ノ関駅」 より徒歩3分


【タイムテーブル】
◎12月14日(金) 〜 16日(日) / 17:00〜
★12月17日(月) 休映
◎12月18日(火) 〜 20日(木) / 14:55〜
◎12月21日(金) 〜 24日(月) / 19:30〜

【入場料】
◎当日一般¥1,300- / 学生¥1,000-
◎12月14日(金)はウィークデー初日サービス¥1,000-
◎12月21日(金)は 「朝夕割」で一般¥1,200-

posted by seka-toki at 04:35 | 劇場情報

2007年08月31日

沖縄・桜坂劇場

宣伝担当です。
先日28日に行われたDVD発売記念試写会は、
こちらの予想を大幅に上回る入場希望者で会場が溢れかえってしまい、
開場早々に入場を制限しなければならない事態となってしまいました。
はるばる会場まで足を運んでいただきながら、
入場できなかった方々へ心からお詫びを申し上げます。
ごめんなさい、本当に。

このブログでご招待した中にも入場できなかった方がいらしたことを知り、
私も責任を感じております。
昨日、顔を合わせた監督もかなり意気消沈ぎみ。
監督と共に、重ねてお詫びいたします。
(言葉ばかりのお詫びで心苦しいです)

いろいろ取りこぼしながら前へ進むのはツライですが、
監督には沖縄へ飛んでもらいます。
明日9月1日(土)からは、沖縄 「桜坂劇場」 での上映がスタート。
監督、気を取り直して沖縄でリフレッシュを
・・・と言いたいところですが、朝から夜遅くまで取材が目白押し。
沖縄は元気満点ですので、監督も負けないで頑張ってください

公開初日には、なんと 松田美由紀さんも沖縄入り。
『世界はときどき美しい』 全国巡回上映の最終地となる 「桜坂劇場」 へ
華を添えていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎ 9月01日(土) 19:10の回 終了後、初日トークショー開催!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【ゲスト】 松田美由紀さん & 御法川修 監督
 

 ◎桜坂劇場
   沖縄県那覇市牧志3-6-10
   TEL 098-860-9555

   9月1日(土)〜 9月14日(金)



今後の予定をお報せしますね。
9月16日(日・祝)には、「水戸短編映像祭」 へ招かれての特別上映。
前売りチケットのご購入はコチラ

DVDの方のセールスも好調です
プロモーションも続きますよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎ 『世界はときどき美しい』DVD発売記念イベント開催!!
   スペシャルトーク@TOWER RECORDS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【ゲスト】 浅見れいなさん & 御法川修 監督

 【日時】 9月29日(土) 18:00〜
 【場所】 タワーレコード 渋谷店B1F 「STAGE ONE」
 【入場方法】
 タワーレコード 渋谷店にて、 DVD 『世界はときどき美しい』 を
 ご購入の方に先着で、1枚につき2名様がご入場いただける
 ペア入場券を配布いたしております。
 入場券の配布は定員に達し次第、終了いたします。
 商品を2枚以上ご購入の場合も、入場券はおひとり様2枚まで
 とさせていただきます。
posted by seka-toki at 11:31 | 劇場情報

2007年07月20日

神戸アートビレッジセンター

宣伝担当です。
明日7月21日(土)からは 「横浜」 と 「神戸」 での上映が同時スタート
今日は神戸のご案内。

かつて 「西の浅草」 と呼ばれるほどの賑わいを誇った神戸・新開地。
大衆文化の拠点であったということは、大規模な興行街だったということ。
歌舞伎、寄席、芝居小屋、映画館が街を埋め、
人が溢れかえっていた光景も今は昔。
映画評論家の故・淀川長治さんをはぐくんだ地でもありますね。

 そんな神戸・新開地から再び全国へ、
 そして世界へ
 文化とアートを発信する新たな拠点。
 それが 「神戸アートビレッジセンター」。
 『世界はときどき美しい』 は一週間限定公開です。
 是非お見逃しなく

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 7月21日(土) 初日舞台挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【ゲスト】 御法川修 (みのりかわ おさむ) 監督

 神戸公開初日の15:00 / 20:20の回 共に御法川監督から
 皆さまへ、ご挨拶をさせていただきます。
 監督だけでは不満だという皆さま、ご安心を。
 松田龍平さん&市川実日子さんが本作への想いを語った
 インタビュー映像を本篇と併せて同時上映
 初日限りの特別公開です。
 お見逃しなく
posted by seka-toki at 20:41 | 劇場情報

2007年07月18日

シネマ・ジャック&ベティ

宣伝担当です。
いよいよ今週末21日(土)より 「横浜」 と 「神戸」 の公開がスタート
まずは、首都圏凱旋となる横浜の公開情報から。

今春、惜しまれながら取り壊しが決まってしまった 「横浜日劇」 の目の前で、
ハマに映画の灯りをともし続けるガンバル 映画館。
その名も 「シネマ・ジャック&ベティ」。

「映画への想い」 と 「自らが生きる街への想い」 が密接につながるこの劇場で、
『世界はときどき美しい』 が上映されるということは、とても意義深いこと。
これもまた現在進行形の 「映画館をめぐる冒険」 のひとつ。

私たちも 「黄金町」 へエールを贈る気持ちから、
いろいろイベントを企画しましたよ。

その第一弾
松田龍平さん&市川実日子さんが本作への想いを語ったインタビュークリップを、
上映期間中、本編と併せて同時上映
イベント詳細 (PDF版)

 7月21日(土) 〜 8月03日(金)
 連日レイトショー 20:45から 一回上映
 終映22:00 / イベント時は22:30終映

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 7月21日(土) 初日舞台挨拶&プレゼント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【ゲスト】 片山瞳さん & 草野康太さん
   

 公開初日の上映前、
 本作で映画デビューを飾った女優・片山瞳さんと、
 劇中で市川実日子さんの兄役として脇を固める若手実力派・草野康太さん
 による舞台挨拶を行います。
 さらに 初日プレゼント企画として、
 松田龍平さんと市川実日子さんのサイン入りパンフレット(各1部ずつ)を
 当日抽選で2名様へ


映画 『世界はときどき美しい』 を楽しんでいただくと共に、
ひとつの映画館に込められた物語も一緒に体感してください。
映画をめぐる様々な状況に関心をもっていただけたら、
“映画を観る” ただそれだけのことが奥深い体験をもたらすことでしょう。
映画館で、お待ちしております。

◆追伸
現在、発売中の雑誌 「ART iT」 (P.142) と 「東京人」 (P.155) に、
アートライターの住吉智恵さんが映画のことを寄稿してくれています。
最寄の書店で是非お手にとってみてください。
posted by seka-toki at 21:49 | 劇場情報

2007年06月23日

広島先行上映の夕べ

宣伝担当です。
大阪 「第七藝術劇場」 での上映が終了しました。
『世界はときどき美しい』 は、大阪の方々にも愛されたようで、
好調な動員記録を残すことが出来ました。
観客の皆さまと、劇場スタッフの方々へ心から感謝を。

本日からは 「四日市中映シネマックス」 での上映がスタートしました。
一週間だけの限定公開です。

来週30日(土)からは 「京都みなみ会館」 での上映がはじまります。
秋まで順次全国を回る手筈は着々と整っていますが、
上映用プリントの数が限られているため、
一所で長く上映することが叶わないのは本当に残念です。
そんな貴重なプリントであるはずの一本が、
近々パリへと旅立つことに
フランス語字幕を入れてもらい、長い旅となりそうなのです。

これまでに出品された海外の映画祭で
『世界はときどき美しい』 をご覧になった世界の観客数は3,000人。
国際映画祭の会場はどこも大劇場なので、
少ない上映回数でも多くの観客と出会えるわけです。
思い起こせば・・・
ユーロスペースの上映最終日にお越しになられていたご婦人が、
「フィラデルフィアにいる娘に薦められて来たんです」 と、
監督に声をかけていました。
娘さんは 「フィラデルフィア映画祭」 でご覧になり、
日本に住むお母さまへ母の日に電話し、
映画を観るよう薦めてくださった、という次第。
(・・・ 感涙)

この小さな映画が、さらに世界へと羽ばたいていくのは嬉しいですけど、
残された国内上映用プリントの数といったら ・・・ あ〜無情。
嬉しい悲鳴ではありますけどね。

日本各地の皆さま、お近くの劇場で公開がはじまった折には、
どうかお見逃しなく!!

さて、お報せです。

広島での上映は 「横川シネマ」 にて、7月28日(土)から。
それに先立つ7月7日(土)の七夕の夜、先行上映会が決定しました
もちろん監督は当ブログでの宣言通り “全国ミニシアター行脚” で
はせ参じる段取り。
広島の皆さま、温かく迎えてあげてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ 『世界はときどき美しい』 先行上映 & 監督舞台挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日時】 7月7日(土) 18:30開映
【会場】 横川シネマ
【料金】 当日一般・大学生 ¥1300 / シニア・高校生以下 ¥1000
     前売り ¥1000>
posted by seka-toki at 18:39 | 劇場情報

2007年06月02日

大阪・第七藝術劇場

宣伝担当です。

第60回カンヌ国際映画祭での日本人監督の活躍、
連日の報道をワクワクしながら眺めておりました。
とりわけ、河瀬直美監督の 『殯の森』 が
審査員特別大賞 (グランプリ) を受賞されたことは、
本当に素晴らしいことです。

カンヌは世界最高権威の映画祭である一方、
世界最大の映画見本市でもあります。

フジテレビ製作の映画 『HERO』 や 『西遊記』 が
世界市場に向けて華々しくPRする影で、
『世界はときどき美しい』 も2回のプレス試写が行われていたんです。
こちらは、ひっそりと、ですけど。

試写の評判は上々。
さっそくパリでの上映が検討されているとの報せ。
監督は年内に渡仏することになりそうです。

さて、東京でのロングラン上映の勢いを全国へ広げるべく、
まずは大阪からスタートです


   第七藝術劇場
   大阪市淀川区十三本町1-7-27・6F
   TEL 06-6302-2073
   阪急十三駅・西口より徒歩3分

   6月9日(土) 〜 6月22日(金)
   レイトショー 連日21:05より一回上映



公開初日の6月9日(土)には、
御法川監督の舞台挨拶を行います。

全国キャンペーンをはれる規模の映画でないかぎり、
監督や出演者を地方へ送る諸経費を捻出するのは厳しい現状です。
・・・ とはいえ、シネコンの攻勢に負けず、
幅広い映画を公開し続ける地方のミニシアターは大事な存在です。
今回は監督ひとりのささやかな舞台挨拶ではありますが、
足を運んでくださる観客の皆さんと映画館へ
少しでも花を添えることになれば ・・・ という想いを込めて、
監督も自腹を切っての大阪行きです。
しかも、キムチと共に

公開初日、先着50名様に 「韓国産キムチ」 をプレゼント。
なぜ?キムチなのか という秘密は、
コチラをお読みになればわかりますよ。

◎このプレゼントをご提供いただいた 「韓国農水産物流通公社」 の皆さま、
  本当にありがとうございます
posted by seka-toki at 22:55 | 劇場情報

2007年05月12日

吉祥寺バウスシアター

宣伝担当です。
昨夜、渋谷ユーロスペースでの6週間に及んだ上映が幕を閉じました。
上映後には御法川監督と西健二郎プロデューサー、二人によるティーチイン。
・・・のはずが、
上映最終日とあって劇場に駆けつけてくれた片山瞳さんも舞台に呼び込まれ、
三人そろってご挨拶。

上映期間中、たびたび客席の様子を眺めてきた私には、
二度三度と劇場に足を運んでくださっていた観客の方が多いのが、
すぐにわかりました。
数ある映画の中の小さな小さな一本に深い愛情が注がれ、
はぐくまれたことを心からうれしく思います。

さて、本日からは 「吉祥寺バウスシアター」 に劇場を移してムーブオーバー。
2週間限定のレイトショーがスタートします。
これにて東京では8週間のロングランが成立したことになります。
ささやかな記録ではありますが、
映画と観客の皆さまを長きに渡って繋ぐことができた事実を、
宣伝チームの誇りにしたいと思います。
引き続き応援してください

6月からは順次全国へ。
地方の皆さま、お待たせしました。

【大阪】 第七藝術劇場
【三重】 四日市中映シネマックス
【京都】 京都みなみ会館
【兵庫】 神戸アートビレッジセンター
【広島】 横川シネマ
【宮城】 仙台フォーラム


まだまだ公開劇場は増える予定です。
決定次第、随時お報せします。

ところで、このブログ。
CoRichブログウォッチ」 のランキング1位に選ばれています。
いつのまにやら知らぬまに
「バベル」 や 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 といった
大ヒット作と並んでのランキング1位というのは、
いったいどういうことなのでしょう?
宛先のはっきりしないウェブ上で、
多くの方が気にとめてくださったんですね。
驚くと共に喜んでいます。

映画の中で市川実日子さんの兄役を演じる草野康太さんも、
ご自身のブログで変わらぬ愛情を注いでくれています。
(写真もすてきですよ)
草の便り

トークショーに出演してくださった漫画家の山崎さやかさんも
気にかけてくれています。
(ありがとうございます)
山崎さやか スキマのひとり言
posted by seka-toki at 11:43 | 劇場情報

2007年04月12日

公開劇場のご案内

宣伝担当です。
映画 『世界はときどき美しい』 は現在、東京と名古屋にて公開中

【東京】 3月31日(土) 〜
ユーロスペース
レイトショー 連日21:10〜
土日祝のみモーニングショーあり 9:50〜
★毎週金曜日には舞台挨拶&トークショーを開催

【名古屋】 4月7日(土) 〜 4月20日(金)
シネマスコーレ
連日14:20〜 / 17:15〜


ミニシアター2館によるささやかなスタートでしたが、
観客の皆さまの熱い口コミに支えられ、
公開劇場が拡大されます
スケジュールは決まり次第お知らせしますね。

海外ではマイアミ国際映画祭に続いて、
フィラデルフィア映画祭の 「World Focus」 部門に出品され、
昨日ソルドアウトの盛況ぶりで公式上映を終えたとのこと。
現地では 「A beautiful little gem (宝石のように美しい) 」 と讃えられたようです。
英語字幕版のフィルムは日本へ帰国せず、そのままスペインへ旅します。

 次なる目的地は、バルセロナ・アジア映画祭。
 コンペティション部門に公式出品されます。
 ・・・監督、タキシードはどうするんでしょう?
 (持ってるわけないですよねぇ)



posted by seka-toki at 00:08 | 劇場情報

2007年04月05日

名古屋シネマスコーレ

宣伝担当です。
公開初日から6日が経ちました。
昨日までに渋谷ユーロスペースを訪れた観客数は
600人を超えようとしています
雨が降ったり寒かったりする中、
レイトショーに足を運んでくださった皆さまに
感謝の気持ちでいっぱいです。
引き続き応援してくださいね。

金曜日には、感謝を込めて舞台挨拶を行います。
大勢の方々がいらしてくれることを期待しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎4月6日(金) 夜9:10の回 上映前に舞台挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ゲスト】 木野 花さん / 草野康太さん / 御法川修監督


そして、いよいよ全国へと広がっていきます
まずは名古屋から。

名古屋シネマスコーレ
  4月7日(土) 〜 4月20日(金)
  14:20 / 17:15


公開初日4月7日(土)には、監督の舞台挨拶を行います。
一回目の舞台挨拶は、14:20の回の上映終了後15:30より。
二回目は、17:15の回の上映前17:05より。

この舞台挨拶、監督から 「なにをおいても初日に立ち会いたい
と強く希望されまして、急きょ調整した次第。
(・・・本当にしつこかったんですよ)
名古屋の皆さま、監督の想いを受けとめてやってください。

★掲載情報
「ほぼ日刊イトイ新聞」 の連載ニ回目。
ライターの福嶋真砂代さんの熱い応援が心強いです。
ご近所のOLさんは、先端に腰掛けていた。 by 福嶋真砂代

そして、ファン急増中の片山瞳さん。
Yahoo! エンタゲット!
MOVIENET INTERNATIONAL
日本映画専門情報サイト fjmovie.com

最後に、松田龍平さん。
主演作が続々待機する中、『世界はときどき美しい』 への想い入れが
胸に沁みます。
シネマトゥデイ

そうそう、「MTV TRAILER PARK」 (毎月第4木曜日23:30〜放送) を
ご存知ですか。
『世界はときどき美しい』 が 「期待度ランキング」 の第1位に
選ばれました
posted by seka-toki at 01:39 | 劇場情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。